雨のしのび逢い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨のしのび逢い
Moderato cantabile
監督 ピーター・ブルック
脚本 マルグリット・デュラス
ジェラール・ジャルロ
原作 マルグリット・デュラス
製作 ラウール・J・レヴィ
出演者 ジャンヌ・モロー
ジャン=ポール・ベルモンド
音楽 アントニオ・ディアベリ
撮影 アルマン・ティラール
編集 アルベール・ジュルジャンソン
製作会社 Documento Film
Iéna Productions
配給 フランスの旗 パラマウント
日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1960年5月25日
イタリアの旗 1960年9月28日
日本の旗 1961年10月15日
上映時間 95分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

雨のしのび逢い』(あめのしのびあい、原題: Moderato cantabile)は、1960年フランスイタリア合作の恋愛映画マルグリット・デュラスの小説『モデラートカンタービレ』(原題:Moderato Cantabile, 1958年)を原作とし、デュラス本人が脚本を担当している(ジェラール・ジャルロと共同脚本)。また、本作の演技でジャンヌ・モロー第13回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞している。

ストーリー[編集]

海辺の田舎町。アンヌ・デバレードは、裕福な夫と幼い息子と共に檻のような鉄柵で囲われた豪邸で暮らしていた。しかし、夫との仲は冷め切っており、退屈で刺激のない日常に飽き飽きしていた。そんなある日、町で痴情のもつれと思われる殺人事件が起きる。事件現場を覗いたアンヌは、死んだ女を愛おしく抱きしめる殺人犯の男の姿に衝撃を受ける。事件が気になるアンヌは翌日、事件の起きたバーに行く。そこで夫の工場で働いているという青年ショーヴァンに声をかけられる。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]