八馬淳也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八馬 淳也(はちうま じゅんや、1973年5月22日 - )は、フジテレビジョンの社員で元・アナウンサー東宝常務取締役・東宝不動産取締役社長の八馬直佳は叔父に当たる。

来歴・人物[編集]

兵庫県西脇市の出身で、身長は183cm、血液型はA型兵庫県立小野高等学校から関西学院大学社会学部を経て、大学卒業後の1998年4月1日付で、アナウンサーとしてフジテレビに入社した。同期入社のアナウンサーは西岡孝洋島田彩夏(いずれも現職)、荒瀬詩織2001年の退職直後に石井琢朗と結婚)。

入社1年目から2年間にわたって、『めざましテレビ』の「ワールドキャラバン」(海外で暮らす日本人に故郷からの手紙を届ける企画)で39カ国へ渡航。通算で97通を配達したほか、2001年3月1日には、渡航中の日記をまとめた書籍『日本からお手紙です!―新人アナが足で届けた97通世界39カ国』がフジテレビ出版から刊行された(#関連書籍を参照)。

日本への帰国後は、スポーツアナウンサーとしてプロ野球中継・関連番組に出演したほか、局名告知映像のナレーションを担当していた。2003年6月1日付で、営業局営業部へ異動。情報制作局への異動(2007年6月1日)を機に放送の現場へ復帰してからは、『めざましテレビ』でニュースコーナーや「ココ調」(調査ロケ企画)のディレクターを務めた。

ディレクター担当番組[編集]

過去の出演番組[編集]

関連書籍[編集]

  • 日本から、お手紙です(フジテレビ出版刊、2001年3月、ISBN 9784594030889

関連項目[編集]

外部リンク[編集]