進め!ドリフターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
進め!ドリフターズ
ジャンル バラエティ番組
出演者 ザ・ドリフターズ
ほか
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1968年1月9日 - 1968年7月9日
放送時間 火曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
回数 27

進め!ドリフターズ』(すすめ ドリフターズ)は、1968年1月9日から同年7月9日までTBS系列局(一部を除く)で放送されていたTBS製作のバラエティ番組である。トクホン本舗(鈴木日本堂=現・トクホン)の一社提供。全27回。放送時間は毎週火曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

土曜12:15枠で放送の『ドリフターズドン!』に続いて企画されたザ・ドリフターズの冠番組で、彼らのゴールデンタイム初の主演番組となった。内容は、ドリフが演じる失業中の5人組が毎回さまざまな仕事に就くも、失敗を繰り返して失業するという、笑いとペーソスを織り込んだコントが主体。[1]他にゲストによる歌のコーナーもあった。収録は東京都内にある公会堂で行われていた。

コント中、いかりや長介が下げている笛が自身の肋骨に突き刺さるという事故が起き、いかりやは高熱を出して入院してしまったため、番組は一旦同タイトルでの放送を終了。同時間帯でしばらく水前寺清子コント55号をメインにした『チータ55号』を放送した後、同年12月に『突撃!ドリフターズ』と題して再開した。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

放送リスト[編集]

放送日
(1968年)
サブタイトル
1 1月9日 その家をブッこわせ!
2 1月16日 五匹のガンマン
3 1月23日 オリンピック作戦
4 1月30日 旅役者五人衆
5 2月6日 分教場は大騒ぎ
6 2月13日 艶姿五人男
7 2月20日 温泉旅館の火事さわぎ
8 2月27日 006は二度笑う
9 3月5日 おいらのヒットパレード
10 3月12日 外人部隊砂漠を行く
11 3月19日 シンデレラは生きてれラァ
12 3月26日 イカリヤ式料理法
13 4月2日 お見事!武芸十八番
14 4月9日 (不明)
15 4月16日 ぼくらのコンサートホール
16 4月23日 私道をゆく砂金取り
17 4月30日 嵐を呼ぶよ海賊船
18 5月7日 腹ペコ健康法
19 5月14日 ちびっこタレント募集中!
20 5月21日 日劇で大あばれ!
21 5月28日 日劇でまたまた大あばれ!
22 6月4日 古城の秘宝
23 6月11日 南海のガードマン
24 6月18日 ハッケヨイヨイ強化合宿
25 6月25日 花嫁さん募集中
26 7月2日 ハレンチゲーム大会
27 7月9日 ハレンチもこれでおしまい

備考[編集]

ネット局の朝日放送は当時TBS系列に属していたが、土曜18:00枠での遅れネットを行っていた。当時同局は土曜19:30枠を自社製作ドラマ『部長刑事』の放送に使用しており、代わりに土曜19:30枠の『新春グランド歌合戦』→『お笑い頭の体操』をこの火曜19:30枠を使ってネットしていたためである。

参考資料[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]

TBS 火曜19:30枠
トクホン本舗一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
歌まね読本
(1962年10月2日 - 1967年12月26日)
進め!ドリフターズ
(1968年1月9日 - 1968年7月9日)
チータ55号
(1968年7月16日 - 1968年12月3日)