ドンキーカルテット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドンキーカルテット
出身地 日本の旗 日本
ジャンル コミックソング
活動期間 1964年 - 1970年
メンバー 小野ヤスシ
ジャイアント吉田
猪熊虎五郎
祝勝
旧メンバー 飯塚文雄

ドンキーカルテットは、1964年 - 1970年にかけて活躍したコミックバンド1964年ザ・ドリフターズから独立する形で誕生した(この経緯はザ・ドリフターズの項を参照)。小野ヤスシをリーダーとして、テレビなどでも活躍していたが、1970年に解散[1]。以降はそれぞれ単独でタレント司会者として活躍していた。

コミックソングの代表的なヒット曲として、約20万枚を売り上げた「宮本武蔵」がある(歌詞の適当ぶりに、同名の著名小説でを知られる吉川英治の遺族がクレームを入れたという[2])。

メンバー[編集]

祝以外は初期ドリフターズのメンバーで、演奏経験は長い。

小野ヤスシ(1940年2月11日 - 2012年6月28日)
  • 鳥取県出身。リーダーでボーカル兼ギター兼ベース担当。「鳥取県が産んだ最大の芸術家」がキャッチフレーズ。他にネタに入る際の決め科白として「一発ぶちかましてご覧に入れます。」がある。なお、リーダーは名目上のことで、実際はメンバーの立場は対等だったという。解散後も、バラエティ番組の司会者やタレントとして活躍した(代表作にはフジテレビ系「スターどっきり(秘)報告」などがある)。近年では、アサヒ緑健のPR番組の司会や旧知の仲である加藤茶仲本工事コミックバンド『加トちゃんバンド』を組んで公演を行うなど、話題を提供していた。2012年6月28日死去。知名度は低いがグレッチ・ギター演奏の達人[3]
  • 生い立ちと解散後
飯塚文雄(1940年11月23日 - 2003年3月27日)
  • 東京都出身、立教大学経済学部卒。フィドル(バイオリン)担当。元々はジミー時田らと活動し[12]ザ・ドリフターズに加入したのち独立に同行、最初期のメンバーで全盛期時には既に脱退している。カジュアルス[4]というバンドでカントリー・ウェスタンミュージックをやっていたことから、この分野の造詣が深いことで知られていた。後年は日本テレビ系深夜番組「11PM」水曜日(愛川欽也司会)のレポーターとして有名であった(この番組には小野も出演しており、毎回飯塚とのカラミがあった)。カントリーミュージックを中心に音楽活動を行い晩年は飯塚文雄&キープレンジャースを率いていた[13]、2003年3月に死去。62歳没
  • 1974年新宿歌舞伎町にカントリー音楽のライブハウスLiberty Bell(リバティベル)を開業しオーナーを務め、その後店は渋谷区笹塚に移転、飯塚没後も営業は継承され盛業中(2017年3月現在)、縁の楽器や飯塚本人を模した看板人形などを見ることが出来る[14]
ジャイアント吉田(1936年1月25日 - )
  • 東京都出身。本名・吉田一男。ボーカル兼ギター兼ベース担当。1958年に日本大学経済学部を卒業、ジミー時田とマウンテンプレイボーイズに参加。いかりや長介とはその時からの間柄。ドンキーカルテット唯一のヒット作「宮本武蔵」では作詞・作曲、ならびにパーカッションとリードボーカルを担当した。ギャグの「受け(ボケ)」と間合い科白には「ひどいなぁ」。解散後は猪熊・祝とともにシンフォニックマッドを結成。1970年代末頃西ヒトシ、ジョニー高田ら4人のジャイアント吉田とブラックジャック[5]を経て、1980年代末期に5人組のジャイアント吉田とドンキーズ(または「ドンキーズ」)を猪熊、やまだマサらと結成、メンバーは流動的で活動を休止した期間もあるが猪熊に代わってばんきんや、ニック下平[6]らを加え活動中(2014年現在)。2010年頃からばんきんやのバンドバンバンGとの共演活動も行い[15]、カントリーミュージックの客演や発明家を自称(冗談グッズ開発)に一時ハワイアンのライブハウスも経営したが現在は千葉県鴨川市でラハイナという名前でハワイアンスタイルのレストランを経営している。自身の特技でもある催眠術に活路を求め、現在は芸能界の他、催眠術師として、執筆活動や催眠法のクリニックなどで活躍するほか、2010年に設立された一般財団法人日本催眠術協会の理事を務める(公式HPの「代表理事」との記載は誤記)。ミスター・マリックの裏方としても活躍していた。芸名は「ジャイアント」だが小柄な体格である[7](大柄だったのは猪熊虎五郎)。若いころ、武術にいそしみ、禅・瞑想・氣そして催眠へと関心を持つことになったが、元々は太気拳澤井健一の初期(3番目)の門下生であった。
猪熊虎五郎(いのくま とらごろう。1932年 - 2001年11月4日
  • 熊本県出身。本名・吉岡弘。バイオリン兼キーボード兼ベース担当。熊本工業高校卒業。長身にポマードで固めた七三分け、黒ぶち眼鏡がトレードマークで、外見と不釣り合いな甲高い叫び声が売り物だった。シンフォニックマッド解散後は、ドンキーズにも参加し、特徴的な声を活かして声優などをこなしていたが(代表的なのは『プリンプリン物語』のモドロ)、次第に芸能界からは遠のいていった。2001年に死去。69歳没
祝勝(いわい まさる、1944年5月 - )
  • 神奈川県出身。本名・岩井勝(読み同じ)。ベース兼ドラム担当。日本大学在学中に学生バンドマンをしていた。「シュクショー」と呼ばれた。演奏中、影でこっそり幕の内弁当やインスタントの焼きそばでやきそば弁当を食べて突っ込まれるというギャグがあった。シンフォニックマッド解散後[8]引退し、会社を経営[9]

出演番組[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

 ドンキーカルテット
  1. 男のまごころ(詞 沢ノ井龍二、曲 三好正純、編曲 川口真)/さいはての渚(詞 沢ノ井龍二、曲 三好正純、編曲 川口真)東芝TP-1581 1968年発売
  2. 宮本武蔵(企画構成・作詞・作編曲 ジャイアント吉田)/夕べ酒場で聞いたうた (詞 滝田順、曲 小杉太一郎、編曲山田祥二)RCA(日本ビクター)JRT-1060 1970年発売
  3. ドンキーの歌げんか(詞 、曲 )/トン馬節(詞 京万里、曲 野々卓也)RCA(日本ビクター)JRT-1105 年発売
 ジャイアント吉田とシンフォニック・マッド
  1. おじいさんと遺書(詞・曲・編曲 ジャイアント吉田)/デゴイチ(D-51)(詞・曲 平出賢文、編曲 ジャイアント吉田)ビクター(RCA)JRT-1299 1973年月発売
  2. 愛の告白(詞 桂高丸、曲 鈴木直治、編曲 竹村次郎)/恋人たち(詞 桂高丸、曲 鈴木直治、編曲 竹村次郎)CBSソニー SOLB196 年発売
  3. 洋子の港 (詞 古沢かずき、曲 鈴木直治、編曲 竹村次郎) / なみだ(詞・曲 ジャイアント吉田、編曲 竜崎孝路)フィリップス(日本ビクター) FS-1858 1976年発売

ソノシート[編集]

 ドンキーカルテット
  1. 音のハレンチ 耳で聞くマンガ Dryan Hallench Company(レーベル不明)HP-12 非売品 整髪料ピアス・ドライアン販促用景品 8cmディスク
  2. 牧伸二だよ!(共演盤)やんなちゃった節/ボヨヨヨヨーンだよ!!/ボクシング小唄/ウクレレ教室/ヤーダ/癪にさわるよ/やんなちゃった節(続)日本ビクターSD301 7インチディスク

「帰ってきたドンキーカルテット」とコミックバンドについて [編集]

ドンキーカルテット解散後の1984年10月7日から1985年9月29日まで日本テレビ制作でレオナルド熊が看板のバラエティ番組「WAッ!熊が出た!!」の約10分コーナー枠「帰ってきたドンキーカルテット」で小野ヤスシとジャイアント吉田の二人がレギュラーとして往年の音楽コントや書き下ろしの演芸を披露している。

現在(2016年)ジャイアント吉田はYouTubeに自身の公式チャンネルを設け[10]、この収録で家庭用ビデオ・テープに記録保存していたもの一部を公開している[11]。祝勝が芸能活動引退で猪熊虎五郎はスケジュール都合から不定期出演だったがカントリー・アンド・ウエスタン時代の飯塚文雄、岩倉忠[12]ら関係深いミュージシャンにアコーディオン奏者・横森良造らゲストが参加している。
小野・吉田ほかは猪熊、岩倉、横森にレオナルド熊、シゲ堂本(キーボード)、ジョニー高田(ドラムス)、出雲ミノル、西ヒトシ[13]、やまだマサ[14]バラクーダ、ローサリー・アンサンブルなど。

コント・演芸の素材は収録された1985年頃人気だったフリオ・イグレシアス、活動後半期のエルヴィス・プレスリーなどを取り上げ楽器経験乏しいレオナルド熊は早々コーナーから降板、この約10分間は番組と分離して小野と吉田が様々な楽器を扱い往年の十八番芸である「一発ぶちかましてご覧に入れます。」、「ひどいなぁ」に身長コンプレックスの自虐、猪熊の奇声、祝勝が担当していた「舞台を無視して勝手に食べるお弁当」に「仲間割れ言い争いコント」とその定番一斗缶金だらい芸などを再現、ゲストミュージシャン参加からドンキーカルテットを展開させた音楽コントを披露し、かつてはナイトクラブジャズ喫茶でこの演芸ショーとエレキ・インストロメンタルバンドとしてダンス伴奏を努めていた片鱗が伺える[15]。 映画出演などを除いてドンキーカルテット全盛期の演芸映像は1982年ポニーキャニオン「東京ギャグ列伝〔下〕」以外ほとんど残されておらず、この音楽を交えた会話など様子を再現した「帰ってきたドンキーカルテット」はコミックバンドの様子を伝える資料、また戦後日本の芸能と1950年代洋楽ポップスを再現する貴重な記録である。

カントリーやロカビリー音楽のバンドから派生したドンキーカルテットはいかりや長介のドリフターズから分裂する以前からコミック・ミュージックでは新進気鋭のスタン・フリーバーグ(英語版)や映画で底抜けコンビジャック・レモンルイ・ド・フュネスなどを研究したと云い、前身カントリー、ロカビリーバンド時代には進駐軍関連で演奏技術を磨いた。米軍キャンプ、ナイトクラブディスコで客のダンスを遮らないノンストップ演奏に楽器担当が小用などよんどころのない事情から離れる場合にはその楽器を代理で演奏する技量も求められて、マルチミュージシャン感覚を鍛えたと云う[16]
戦前アメリカの影響からボードビル・ミュージックで日本ではあきれたぼういずなど通称「ボーイズ」達が浅草六区で持て囃され活躍し戦後そのメンバーの一人だった坊屋三郎灘康次とモダンカンカンの助けで継続していた。ジャズや原典にあたるジャグミュージックスパイク・ジョーンズが「冗談音楽」へ発展させ、音楽をまじめに演奏して茶化して聴衆を笑わせるジョーンズの画期的試みは戦後日本では三木鶏郎が作家としてコミックソング、CM曲の参考にし、ジャズバンドからフランキー堺とシティ・スリッカーズに、萩原哲晶青島幸男らとハナ肇とクレージーキャッツなどが影響を受けその後コメディ映画、劇場舞台、ラジオ出演やテレビにを出演した際に経験知識を生かしている。コミックソングをレコード盤などでその名曲を残した。レコード盤では流行歌、歌謡曲の扱いに、映画、テレビといった目で愉しみ増幅する楽器の擬音や調子はずれな音調(音痴)など音楽コントでは特徴的な演奏で表現する愉快さ殆どは割愛された[17][18]
1960年代には演奏を交えてコントを行うコミック・バンドの様式が確立しイギリスではこの流れを汲み曲芸師を伴うこともあった1962年ニール・イネスらのボンゾ・ドッグ・バンドBonzo Dog Band英語版)が結成[19]、2年後マイク・マクギア[20]らが結成したコミック・ソング中心のバンドスキャホード(The Scaffold英語版)など新しい顔ぶれも登場したが、ビートルズ、ロック音楽台頭にエンターテイメントの多様化も顕著で映像のTVが中心の時代に入り日本では寄席舞台やラジオで活躍していた三味線など楽器を持った漫才師たちと演歌浪曲講談といったものを取り入れた歌謡漫談の玉川カルテット横山ホットブラザーズなどがTV映像を意識した演術を模索すると欧米の流行を取り入れ洋楽とその演芸を得意としたドンキーカルテットのようなコミックバンドが出演する機会を狭め、都市部のナイトクラブや大型キャバレーなどときには外国人を相手にした夜の舞台も時代変化によるプログラム変更や閉店で演奏場所も減少していった。
追って登場したビジーフォーメンバーのモト冬樹は自身の近況を踏まえて2012年インタビューで「(日本では音楽コントをする正統な)コミックバンドは絶滅した。」と発言、TVのバラエティ番組増加とその内容充実からこの傾向は全世界的で専門のコミックバンドは衰退傾向にある。
[21]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合意円満な解散だったが事情として小野単独出演が増えたことが大きくほか3名はシンフォニックマッドを結成し事実上の分裂となった。解散後もメンバー関係は良好で、のち表舞台から去った祝以外、後述の再結成や小野飯塚吉田猪熊それぞれの企画には互いにゲスト参加している。猪熊は晩年病気から隠遁疎遠になっていたが友情交友関係は保たれていた。
  2. ^ 小説に登場する架空人物名を引用した為とも云われる。
  3. ^ メインの愛器はグレッチ・カントリー・ジェントルマン6122の1962年型オリジナル。2007年このギターを持って出演したTV番組出演では、以前に修繕を依頼した楽器店で「当時の記録では5本だけ輸入されたモデル、実物を見て触るのは初めて。」と云われたことを述懐している。このカントリー・ジェントルマン6122・1962年型の再生産品も所有使い分けしていたが、解散後も盟友ジャイアント吉田にこのギターを託す演奏パート交換があるコントではオリジナルモデルを持参、二人の信頼関係が伺える。
  4. ^ メンバーはフィドル(バイオリン)・飯塚文雄、ボーカル・坂本孝昭、ギター・金平 隆、ベース・豊田和夫、ドラムス・渡辺淳一オルガン・木坂(神田)美沙子。時期によって変遷あり
  5. ^ ザ・ジンギスカン・トリオ解散後(1970年代中頃)西ヒトシは泉ピン子らのバックバンドを務めるブラックジャックに加入その後再編でジャイアント吉田とブラックジャックになった。1976年「風のいたずら」を発表したムード歌謡デュオ、ブラックジャックがバンド編成に転じ1978年牧伸二のバックを務めシングルを発売している。短期間ブラックジャックを名乗る異なるバンドが二つ存在していた。
  6. ^ もとザ・ヴィーナスメンバー。ニック下平公式HP[1]
  7. ^ 「(会話中、身長差から)見上げる姿勢で首が疲れる。」、その後ドンキーズ時代には同じく低身長のやまだマサにシークレットシューズを履き自虐的な「身長(「ちび」)で笑いとっていいのは俺が限界だ!」を披露している。
  8. ^ 漫才コンビ木田鶴夫・亀夫の内弟子 だった木田Q太と数ヶ月活動している。木田Q太は木田P太・Q太として活動経験が有り[2][3]。その後トニー茂木と漫才コンビポパイを結成(木田Q太のプロフィールでは1975年結成としている[4]。)1979年にコンビ解消後は司会業を中心に脚本執筆などの活動を行っている。木田Q太の所属する事務所(2017年4月現在)(株)キャッツ企画ホームページ[5]、人物紹介[6][7]
  9. ^ 北方将大 オフィシャルサイト ノーブルグループ家族感謝祭開催
  10. ^ ジャイアント吉田 official channel[8]
  11. ^ 2016年6月5日までに11回分を公開済。
  12. ^ いかりや長介らが脱退後のジミー時田とマウンテン・プレイボーイズのメンバー。短期間飯塚、ジャイアント吉田らと共演している。フジテレビの子供番組『みんなあつまれキーパッパ』にレギュラー出演。
  13. ^ グループ・サウンズ期のザ・ヤンガーズメンバー。フォークトリオのザ・ジンギスカン・トリオを経てジャイアント吉田とブラックジャックに参加し平行で1982年頃漫才コンビVANVANを仲一也と組み活動していたが引退[9]出展「『お笑いスター誕生!!』の世界を漂う[10]」仲一也はその後一也に改名を経て相撲呼出し漫談家として活躍中。(2017年4月現在、落語芸術協会公式サイトから[11])。
  14. ^ または山田昌、もとアイドル・フォー
  15. ^ 地上波TVで再放送される機会が多い「アラモのテーマ」をもとにしたコントなどで聴ける小野のギターなど。
  16. ^ ジャイアント吉田談
  17. ^ スタン・フリーバーグらも苦心し台詞から構成歌唱演奏が無ければラジオドラマ寸劇と大差ないものもあった。
  18. ^ ソノシート「音のハレンチ 耳で聞くマンガ 」・ドンキーカルテット1969年、小野ヤスシによるライナーから引用「昭和30年代、フランキー堺とシティ・スリッカーズというコミックバンドがあったの知ってるかい。あちらのスパイク・ジョーンズばりに効果音プラスJAZZの面白いグループだったョ。しかも、サイドメンが全員一流のジャズメンとして通用する一流の腕があり堂々たるフルバンドだったのサ。このあたりからコミック音楽が盛んになり、ラテンをやっていた「ハナ肇とキューバン・キャッツ」がクレージーと名をかえてからのことはキミも知りすぎてるヨな。その後「ドリフターズ」しかり、世志凡太のグループしかり、そしてこの鳥取県が生んだ芸術家?ドンキー・カルテットあたりがウケに入ってるわけさ。ドンキーのギャグは、ジャズ喫茶やクラブなどでお客さんを笑いでブッ倒すアングラ的なセンス!そのムードを電波にのせたのがアタッたわけだが、この盤でも独特の笑いをふりまいている。モノを食べながら聞いちゃいけないヨ、吹き出すと困るから。」(原文ママ、引用図書に代わり資料(証言)として実物から転記しました。)
  19. ^ モンティ・パイソンチームとの交友からビートルズのパロディラトルズが派生した。
  20. ^ ポール・マッカートニーの実弟。
  21. ^ 「Team DATE名誉顧問」は太気拳創始・澤井健一の弟子だった!! 吉田かずおインタビュー - Dropkick (2017.2.1)

参考資料[編集]

  • 東京ギャグ列伝〔下〕フォーマット・VHSテープ ASIN: B000064N3I  販売ポニーキャニオン 発売1992年10月21日
  • 昭和達人芸大全~笑芸・喜芸・すっとこ芸 フォーマット・DVDボックス ASIN: B00008BDJ 発行NHKソフトウェア0販売ポニーキャニオン 発売2003年3月19日 NHK番組1991年放送「爆笑!コント大集合」出演ドンキーズ(ジャイアント吉田、猪熊虎五郎、ばんきんや参加)※解説文、メンバー紹介、データ表記無し