ボンゾ・ドッグ・ドー・ダー・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボンゾ・ドッグ・ドゥー・ダー・バンド (1968)

ボンゾ・ドッグ・ドゥー・ダー・バンドBonzo Dog Doo-Dah Band)は1960年代イギリスで結成されたバンド。「ボンゾ・ドッグ・ダダ・バンド」(The Bonzo Dog Dada Band)、「ボンゾ・ドッグ・バンド」(The Bonzo Dog Band)または「ボンゾズ」(The Bonzos)と表記及び呼称されることもある。

来歴[編集]

1962年9月25日、ヴィヴィアン・スタンシャルとロドニー・スレイターによって結成。バンド名の「ボンゾ・ドッグ」とは1920年代にジョージ・スタディによってつくられた英国で人気のあった漫画キャラクターで、「ダダ」は20世紀前半に起こった芸術運動のこと。ジャズ・バンドとしてスタートした彼らは、ヴァーノン・ダドリー・ボヘイ・ノウェル、ニール・イネスといった異才が加入することでコミカルな演奏スタイルで演劇舞台、パブを中心とした演奏活動で名を挙げていった[1]

1966年4月、シングル「My Brother Makes The Noises For The Talkies」を、翌年にはアルバム『ゴリラ』を発表。既存の楽曲のパロディや替え歌、インチキくさい歌詞なども盛り込みつつ、華やかで楽しげなメロディと堅実な演奏で迫る内容は大きな注目を集めた。1968年、ロック色を強めたアルバム『おばあちゃんの温室のドーナツ』を発売。1969年には『タッドポール』『ケインシャム』と2枚のアルバムを発表したが、ザ・フーキンクスとのアメリカ・ツアーを機にメンバー間の様々な問題が表面化し、イギリスへの帰路にて解散を決定した。

1972年になって再結成アルバム『レッツ・メイク・アップ・アンド・ビー・フレンドリー』を発表するもボンゾズとしての活動は続かなかった。なお、ヴィヴィアン・スタンシャルは1995年に住居の火災により亡くなっている[2]

2006年になり、レコードデビューから40周年記念の再結成が実現し、残存する元メンバーを中心にロンドン・アストリアでコンサートが行われた。その後も断続的にバンドは活動を続け、2007年には35年ぶりとなる新作アルバム『Pour l'Amour des Chiens』(フランス語で「犬の愛のために」。日本盤未発売)を発表している。

メンバー[編集]

ボードビルメンバーなど、楽器をやっていなかったり、何をやっていたのか不明なメンバーも多かったといわれるが、核となるメンバーは以下の通り。ロンドンにあるセントラル・スクール・オブ・アートの校友を中心に構成された。

  • ヴィヴィアン・スタンシャル(リードボーカル、サックス)
  • ニール・イネス(ピアノ、ギター、ボーカル)
  • ロドニー・スレイター(サックス)
  • ロジャー・ラスキン・スピアー(サックス他。ロボットのコスチュームをいつもしている)
  • 「レッグス」ラリー・スミス(ドラムス)

他のメンバーには、デニス・コーワン、ジョエル・ドラックマン、デイブ・クレイグ、サム・スプーンズ、ヴァーノン・ダドリー・ボヘイ・ノウェル、ボブ・カーらが在籍している。

主な活動[編集]

ビートルズメンバーとの縁が非常に強い。

ニール・イネス作曲の代表曲「I'm The Urban Spaceman(邦題「おいらは町の宇宙飛行士」)」はポール・マッカートニーが変名でプロデュースした。1967年にビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」に出演。

「レッグス」ラリー・スミスはジョージ・ハリスンの大親友として有名であり、アルバム「ジョージ・ハリスン帝国」の「主人公レッグス」と言う曲は彼のことを歌ったものである。後にイネスはビートルズのパロディラトルズ(ラットルズ)をやる事になり、ここにもジョージが参加している。

彼らと活動を共にすることも多かったコメディ・ミュージックグループ「スキャッフォルド」のメンバーの一人、マイク・マクギアはポール・マッカートニーの実弟である。なお、リバプール・シーンスキャッフォルドのメンバーで詩人、ロジャー・マッゴーもラトルズに出演している。

主なシングルと代表曲[編集]

  • "My Brother Makes the Noises for the Talkies"
/ "I'm Going to Bring a Watermelon to My Girl Tonight" (1966年、Parlophone R5430)
  • "Alley Oop"
/ "Button Up Your Overcoat" (1966年、Parlophone R5499)
  • "Equestrian Statue"(馬上の勇姿像)
/ "The Intro and The Outro" : (1967年、Liberty LBF 15040)
  • "I'm the Urban Spaceman"(おいらは町の宇宙飛行士)
/ "The Canyons Of Your Mind"(君の心の峡谷) (1968年全英5位、Liberty LBF 15144)
  • "Mr. Apollo"
/ "Ready-Mades" (1969年、Liberty LBF 15201)
  • "I Want to Be with You"
/ "We Were Wrong" (1969年、Liberty LBF 15273)
  • "You Done My Brain In"
/ "Mr Slater's Parrot" (1970年、Liberty LBF 15314)
  • "Slush"
/ "Music From Rawlinson End" (1972年、United Artists UP 35358、Neil Innes名義)
  • "Slush"
/ "Slush" (1972年アメリカ版プロモーション・バージョン、United Artists UP 50943)
  • "Slush"
/ "King of Scurf" (1972年アメリカ版、United Artists UP 50943)
  • "No Matter Who You Vote For, The Government Always Gets In (Heigh Ho)"
- CDフォーマットのEPシングル Single (1992年、China Records WOK 2021)
  • "Death Cab for Cutie"(かわいこちゃんに死の車を)
- 1967年、ビートルズマジカル・ミステリー・ツアー』に収録

脚注[編集]

  1. ^ TOKYO FM 『空想音楽図鑑』岩本晃市郎1995年 p.24 Bonzo Dog Band項目から
  2. ^ ヴィヴィアン・スタンシャルのen参照

関連項目[編集]

参考文献[編集]