底抜けコンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

底抜けコンビMartin and Lewis)は、アメリカ合衆国のコメディ・チームである。歌手ディーン・マーティンツッコミ)とコメディアンジェリー・ルイスボケ)の二人組で構成される。映画「底抜けシリーズ」で知られる。

概要[編集]

ふたりは1944年に初めて出会った。コンビとしてのデビューは、1946年7月24日アトランティックシティの「ファイブ・ハンドレッド・クラブ」である。

ナイトクラブやラジオ(1949年以降)、テレビや映画にコンビで出演した。英語表記で、特定のコンビ名は存在せず、「Dean Martin and Jerry Lewis」とフルネームで表記された。ふたりの際立った個性のアイデンティティは、後年、ソロ活動へ転ずる上でも有効に作用し、それぞれを成功に導いている。1956年にコンビを解消。

ふたりは映画デビュー以来17本の映画に出演、ビング・クロスビーが主演の『バリ島珍道中』(監督ハル・ウォーカー、1952年)1本を除いて、すべてが主演であった。そのうち13本が日本でも公開された。日本で考案された「底抜け」の呼称はすっかり定着し、のちにジェリー・ルイスの単独主演作品にも、ひきつづきこの呼称が冠された。映画「底抜けシリーズ」のメイン・ディレクターは、ハル・ウォーカー、ノーマン・タウログフランク・タシュリンであったが、1960年にルイスが映画監督デビューしてからも、この作家たちは引き継がれた。

フィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

  • The Jerry Lewis Films、James L. Neibaur、Ted Okuda著、Jefferson, SC: McFarland、1994年、ISBN 0899509614(全篇を通じてルイスの引用あり)

外部リンク[編集]