アニタ・エクバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アニタ・エクバーグ
Anita Ekberg
Anita Ekberg
アニタ・エクバーグ(1956年)
本名 Kerstin Anita Marianne Ekberg
生年月日 (1931-09-29) 1931年9月29日
没年月日 (2015-01-11) 2015年1月11日(83歳没)
出生地 マルメ
死没地 ロッカ・ディ・パーパ
国籍  スウェーデン
職業 女優、モデル
主な作品
戦争と平和
甘い生活

アニタ・エクバーグ(Anita Ekberg, 1931年9月29日 - 2015年1月11日[1])は、スウェーデン出身の女優である。

来歴[編集]

1931年、スウェーデンのマルメで8人兄弟の6番目として生まれる[2]ミス・ユニバースのスウェーデン代表となったことがきっかけでアメリカへ渡り女優となった。最初はお色気要員として雑誌のカバーガールをこなしながらB級映画コメディに出演していたが、フェデリコ・フェリーニに気に入られイタリアへ渡り、『甘い生活』に出演しグラマー女優として一躍スターの仲間入りすることとなる。ドレスのまま入る噴水(トレヴィの泉)のシーンが有名である。

その後もフェリーニの作品に何本か出演したが芳しい評価を得られず、その後1960年代末からはイタリアのB級作品に数多く出演するも人気が返り咲くことはなかった。

『甘い生活』で共演したマルチェロ・マストロヤンニと恋愛関係にあった時期がある。1987年のフェリーニ作品『インテルビスタ』では自身の役で出演し、往年とは別人のように肥満していたものの、やはり自身を演じるマストロヤンニを相手に『甘い生活』のダンス場面を再現した。

2015年1月11日、イタリア・ローマ南東部のロッカ・ディ・パーパで死去[3]。晩年は足を骨折した後遺症で自力で歩けなくなっており、入院生活を送っていた[4]。また、自宅から宝飾品や家具が盗まれたり、火事に遭い大きな損害を受けるなどして経済的に困窮し[2]、2011年12月にフェリーニ財団に資金援助を求めていたことが報じられていた[3]

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スウェーデン人女優アニタ・エクバーグさん死去”. 時事通信社 (2015年1月11日). 2015年1月17日閲覧。
  2. ^ a b La Dolce Vita star Anita Ekberg dies”. BBC News (2015年1月11日). 2015年2月3日閲覧。
  3. ^ a b Anita Ekberg, International Screen Beauty, Dies at 83”. NYTimes (2015年1月11日). 2015年2月3日閲覧。
  4. ^ アニタ・エクバーグさんが死去 女優”. 日本経済新聞 (2015年1月11日). 2015年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]