ペドロ・アルメンダリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルメンダリス第二姓(母方の)はハスティングスです。
ペドロ・アルメンダリス
Pedro Armendáriz
Pedro Armendáriz
本名 Pedro Gregorio Armendáriz Hastings
生年月日 (1912-05-09) 1912年5月9日
没年月日 (1963-06-18) 1963年6月18日(51歳没)
出生地 メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 俳優
著名な家族 ペドロ・アルメンダリス・Jr(息子)
テンプレートを表示

ペドロ・グレゴリオ・アルメンダリス・ハスティングススペイン語: Pedro Gregorio Armendáriz Hastings1912年5月9日 - 1963年6月18日)は、メキシコ俳優

経歴[編集]

エミリオ・フェルナンデス監督作品に出演することが多く、フェルナンデス監督の『野生の花』や『マリア・カンデラリア』ではスター女優のドロレス・デル・リオと共演した[1]。メキシコ映画研究者の金谷重朗はアルメンダリスが「メキシコの情景の主人公たる男性を体現していた」と述べている[1]

日本で初めて公開されたメキシコ映画はフェルナンデス監督の『真珠』であるとされるが、この作品に主演したのはアルメンダリスだった[1]。1948年にはジョン・フォード監督の西部劇『アパッチ砦』に出演している[1]テレンス・ヤング監督作『007 ロシアより愛をこめて』(1963年)ではトルコ人役を演じ、諜報部のイスタンブル支局長に扮した[1]。絶大な人気を得ていた51歳の時にロサンゼルスの病院でピストル自殺し、『007 ロシアより愛をこめて』が遺作となった[1]

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『メキシコの美の巨星たち』pp.110-114

参考文献[編集]

  • 野谷文昭『メキシコの美の巨星たち その他歳でユニークな世界』東京堂出版, 2011年

外部リンク[編集]