ドリフと女優の爆笑劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドリフと女優の爆笑劇場
ジャンル 公開コントバラエティ
企画 井澤健
出演者 ザ・ドリフターズ
製作
プロデューサー 太田正彦、皇達也、三倉文宏
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年1989年
放送時間 19:30~20:54(もしくは19:00~20:54)
放送枠 水曜スペシャル
放送分 84(または114)分

ドリフと女優の爆笑劇場(どりふとじょゆうのばくしょうげきじょう)は、テレビ朝日系列で放送された「水曜スペシャル」で原則として年5回ペースで1977年から1989年まで放送されたコント番組。

概要[編集]

番組は、ザ・ドリフターズが、ゲストの女優とコントを繰り広げる構成であった。メインコーナー「ドリフの爆笑家族」では、長介一家と、ゲスト女優がそのお母さん役を演じていた。

主なパターンとしては、いかりや長介がお父さん、志村けんがおじいちゃん、加藤茶が息子の茶坊、仲本工事がお兄さん、高木ブーが娘のブー子の役であった。

最初のいかりや家のお母さん役を演じたのは、森光子中村玉緒松坂慶子白川由美なども演じることがあった。その他、「乙女の診察室」では、医師に扮したいかりやと看護婦に扮したその他のメンバーが、受診に来た女優に対し珍問診をする。「夫婦百景」では志村と女優が夫婦の設定でコントを繰り広げる。

番組のきっかけは、1977年4月4日に放送した『おめでとう!新入学だよドリフターズ』であり、その後に本番組が継続された。

ドリフ出演のバラエティ番組では彼らの歌唱による替え歌のテーマ曲が通例となっていたが、この番組のテーマ曲は「ドリフのズンドコ節」の替え歌であるものの、女性コーラスグループの歌唱となっていた。

最高視聴率は、1983年12月7日放送分の「~傑作集!!」が38%を記録した(「テレビ朝日開局60周年記念 年代別にすべて発表!! 番組視聴率ランキング」の1970年代視聴率ランキング 4位)。

1989年12月27日水曜スーパーテレビ「年忘れドリフも女優も爆笑コント傑作集!!」として放送され、番組として事実上の最終回となった。

コント[編集]

  • いかりや一家
  • 森乃屋旅館
1986年『ドリフと女優の爆笑劇場!!森乃屋旅館は大さわぎ!!』
出演:女将:森光子、大番頭:いかりや長介、小番頭:仲本工事、板前:高木ブー、隣のじいさん:志村けん、茶太兵衛:加藤茶、仲居さん:野村昭子、仲居さん:増田恵子、お嬢さん:木内みどり、謎の女:麻丘めぐみ、芸者:堀江しのぶ
1986年『ドリフと女優の爆笑劇場!!夏まっさかり!森乃屋旅館は大さわぎ!!』
出演:女将:森光子、大番頭:いかりや長介、小番頭:仲本工事、隣のじいさん:志村けん、お客さん:加藤茶、駐在さん:高木ブー、仲居さん:野村昭子、仲居さん:渡辺えり子、お客さん:荒井注
  • 乙女の診察室
  • 夫婦百景

この他に数本の単発コントで構成されていた。

出演した女優[編集]

スタッフ[編集]

通常版
  • 企画・プロデューサー:井澤健(イザワオフィス)
  • 構成:田村隆
  • 音楽:たかしまあきひこ
  • 美術:菅野義正(テレビ朝日)
  • デザイン:佐藤由基男(テレビ朝日)
  • 美術進行:佐藤隆男
  • 大道具:金井大道具
  • 小道具:テレフィット
  • 持道具:京阪商会
  • 衣裳:東京衣裳
  • 美粧:細野かつら
  • 植木:アサヒ植木装飾
  • タイトル:善家祝吉
  • 技術:畑野文夫
  • カメラ:海老谷充
  • 調整:横田久雄
  • 音声:沖田良一
  • 照明:小林章
  • 効果:山田弘実、明石彰
  • 選曲:番匠祐司
  • 編集:大田昌之
  • MA:寺尾享泰
  • TK:尾木みち
  • 技術協力:東通IMAGICA
  • 演出補:米谷裕輔、吉成英夫、森岡茂実
  • プロデューサー:本居幸治(イザワオフィス)
  • プロデューサー・演出:太田正彦(テレビ朝日)
  • 制作著作:テレビ朝日、イザワオフィス
1989年12月27日放送分(事実上の最終回)

特別版[編集]

2004年3月24日ザ・ドリフターズ結成40周年記念並びにテレビ朝日開局45周年記念特別番組として「ドリフと光子の爆笑!スペシャル」と題された、この番組を中心としたドリフ特集を組んだ番組が放送された。しかし、その直前の同年3月20日にいかりやが死去したことから、この特番が急遽追悼番組へと再構成されたうえで、「テレビ朝日開局45周年記念」の冠を外し「ザ・ドリフターズ結成40周年記念 ドリフと光子の爆笑!スペシャル」にタイトルを変更した。また、「この番組は3月11日に収録したものです」等のテロップを番組内で幾度出すようにし、いかりやが死去して間もない事を考慮しコントの台詞オチの一部を自主規制音で処理していた。

加藤と志村の進行の下でVTRを優香さまぁ〜ず小池栄子松嶋尚美らのゲストとスタジオで見る形式で、仲本、高木、森光子他はVTR出演をし、いかりや出演部分は「ドリフ大爆笑」(フジテレビ)の時に収録したものを流用していた。

スタッフ
  • 企画:井澤健(イザワオフィス)、武居康仁(テレビ朝日)
  • 演出:戸上浩(エクシーズ)
  • プロデューサー:井澤健(イザワオフィス)、三倉文宏(テレビ朝日)
  • 技術協力:テイクシステムズ、IMAGICA
  • 美術協力:テレビ朝日クリエイト
  • 制作:テレビ朝日、イザワオフィス

その他[編集]

2009年2月8日にテレビ朝日開局50周年記念特別番組「50時間テレビ」最終日の番組として放送された「あのシーンをもう一度!伝説の高視聴率超大ヒット人気番組ぜ〜んぶ見せます!スペシャル」内で、この番組の傑作コントの一部が放送。不定期ゆえに他のドリフ番組よりも知名度が低いにも関わらず、テレ朝を代表するバラエティ「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」「欽ちゃんのどこまでやるの!?」よりも時間を割いて放送された。

関連項目[編集]