愛のメッセージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛のメッセージ』(あいのメッセージ)とは、フジテレビのイメージソングである。阿久悠(作詞)、都倉俊一(作曲)により手がけられ、フジテレビのキャッチフレーズが「母と子のフジテレビ」だった時代の末期から1980年代半ばに使われた。

当時一般から募集した若年層のコーラス(『ラブ・メッセンジャーズ』名義)により歌われた。音源製作は同系列のキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)により行われ、同社からフルコーラス版の7インチシングル盤も発売されていた(カップリングはカラオケを収録)。なお、テレビ番組ではフジテレビのアナウンサーによるコーラスで歌われた。

1978年4月から1981年3月の間は放送開始時(オープニング)、1978年4月から1984年3月の間は放送終了時(クロージング)にも流された。また1970年代末期の『FNS歌謡祭』のエンディングや、1980年前後の『オールスター春秋の祭典スペシャル』(『オールスター家族対抗歌合戦』形式で行われる期首特番)のエンディングでも歌われていた。しかし1980年代にフジテレビのキャッチフレーズが「楽しくなければテレビじゃない」に変わるとともに放送回数は激減した[要検証]

フジテレビの河田町本社からの最終放送日となる1997年3月9日のクロージングの冒頭でも一部分が放送された。

関連項目[編集]