Tシャツに口紅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Tシャツに口紅
ラッツ&スターシングル
B面 星空のサーカス
リリース
規格 EP
ジャンル J-POP
レーベル EPICソニー
作詞・作曲 松本隆大瀧詠一(#1、#2)
チャート最高順位
ラッツ&スター シングル 年表
め組のひと
1983年
Tシャツに口紅
(1983年)
今夜はフィジカル
(1983年)
テンプレートを表示

Tシャツに口紅』(ティーシャツにくちべに)は、1983年9月1日に発売されたラッツ&スターの2枚目(シャネルズ時代から通算すると11枚目)のシングル

解説[編集]

  • シャネルズ(後のラッツ&スター)がデビューする前から交流のあった大瀧詠一がラッツ&スターのために初めて手掛けたシングル。(実際には、大瀧はシャネルズのデビュー曲として「スパイスソング」という曲を用意していたのだが、それは使われなかった)
  • セールスは振るわなかったものの、リーダーの鈴木雅之は「早すぎた名曲」と語っている。

収録曲[編集]

  1. Tシャツに口紅(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一、編曲:井上鑑
    オリジナルアルバム『SOUL VACATION』にも収録された。
    2002年の大瀧詠一のトリビュート・アルバム『ナイアガラで恋をして Tribute to EIICHI OHTAKI』で、CRAZY KEN BANDによってカバーされた。ミックスは、大瀧の『NIAGARA MOON 』でアシスタントエンジニアをしていたG・H助川(助川健)が担当した。
  2. 星空のサーカス(作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一、編曲:宿霧十軒
    オリジナルアルバム『SOUL VACATION』にも収録された。ただし、アルバムバージョンは、シングルとは異なるバージョンで、シングルでのエンディングはクシャミがあったが、アルバムでは口笛である。『EIICHI OHTAKI Song Book Ⅰ 大瀧詠一 作品集 Vol.1 (1980-1998)』には、未発表のエンディングでウッフンと言っているバージョンで収録された。尚、この「ウッフン」は、大瀧詠一によると田代まさしがやっていたとの事である。2006年ゴスペラッツによって、この曲と「スパイスソング」のメドレーの「星空のサーカス〜ナイアガラへの愛を込めて編〜」としてカバーされた。イントロや間奏にあるコーラスは上記しているが、大瀧が彼らのデビュー曲として書いていた「スパイスソング」のイントロにあったコーラスであり、大瀧も自身の曲「ROCK'N'ROLL退屈男」でメロディーは違えど、同じフレーズのコーラスを用いている。

カバー[編集]

Tシャツに口紅

星空のサーカス

  • 大滝詠一 - セルフカバーアルバム『DEBUT AGAIN』(2016年3月21日発売)に収録[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]