環境化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

環境化学(かんきょうかがく、英語:environmental chemistry)とは、自然界で発生する、化学的または生化学的な現象を研究分野とする科学である。[1][2][3]水圏化学(aquatic chemistry)、[4][5][6][7][8]土壌化学(soil chemistry)は環境化学の一分野である。[9][10][11][12][13]一方、グリーンサスティナブルケミストリー環境化学に含まれないが、しばしば混同される。[14][15][16]

目的[編集]

環境化学の主要目的の1つに、定量分析を用いることで、自然界の物質循環に関して化学的理解を深める事、環境省などの団体が産業によって水質土壌大気汚染されている実際の度合いを測定する為、環境調査する際の手法を提供することが挙げられる。の異常増殖や富栄養化に関わっている農耕地から水環境へ流出する窒素リンの量を環境化学は調査し、調査しなかった場合には農業が自然環境に与える重大な影響を与えるであろう、窒素化合物の使用を抑制すべき地帯の特定など環境アセスメントの策定に役立っている。

人物[編集]

日本において有名な学者として、お笑いタレント俳優映画監督である北野武北野大がいる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Manahan, S. E. (2017). Environmental chemistry. CRC Press.
  2. ^ Cann, M. (2005). Environmental chemistry. Macmillan.
  3. ^ Bowen, H. J. M. (1979). Environmental chemistry of the elements. Academic Press..
  4. ^ Morel, F. (1983). Principles of aquatic chemistry (Vol. 446). New York: Wiley.
  5. ^ Morel, F. M., & Hering, J. G. (1993). Principles and applications of aquatic chemistry. John Wiley & Sons.
  6. ^ Pankow, J. F. (2019). Aquatic chemistry concepts. CRC Press.
  7. ^ Stumm, W., & Morgan, J. J. (1970). Aquatic chemistry; an introduction emphasizing chemical equilibria in natural waters.
  8. ^ Stumm, W., & Morgan, J. J. (2012). Aquatic chemistry: chemical equilibria and rates in natural waters (Vol. 126). John Wiley & Sons.
  9. ^ Bohn, H. L., Myer, R. A., & O'Connor, G. A. (2002). Soil chemistry. John Wiley & Sons.
  10. ^ Sparks, D. L. (2003). Environmental soil chemistry. Elsevier.
  11. ^ Tan, K. H. (2010). Principles of soil chemistry. CRC Press.
  12. ^ Bolt, G. H., & Bruggenwert, M. G. M. (1978). Soil chemistry. A. Basic elements. Elsevier Scientific Publishing Company.
  13. ^ Conklin, A. R. (2013). Introduction to soil chemistry: Analysis and instrumentation. John Wiley & Sons.
  14. ^ 松原静郎. (2005). 高校生を主な対象としたグリーンケミストリー教材の開発と実践 (ヘッドライン: 持続可能な社会を目指す化学技術-GSC (グリーン・サステイナブル ケミストリー)-). 化学と教育, 53(11), 604-607.
  15. ^ 荻野和子, & 御園生誠. (2004). グリーン・サステイナブルケミストリー (GSC) 賞と受賞業績. 化学と教育, 52(4), 254-255.
  16. ^ 安井至. (2005). グリーン・サステイナブルケミストリーの動き. 化学と教育, 53(10), 556-557.

外部リンク[編集]