川上和久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

川上 和久(かわかみ かずひさ、1957年12月8日 - )は、日本政治心理学者評論家国際医療福祉大学教授一般財団法人青少年国際交流推進センター理事長、公益社団法人日本広報協会理事等。

来歴[編集]

東京都生まれ。麻布中学校・高等学校東京大学文学部社会心理学科卒業。東京大学大学院社会学研究科社会心理学専攻博士課程単位取得退学[要出典]

1986年東海大学文学部専任講師。1991年同助教授、1992年明治学院大学法学部助教授、1997年 - 2016年同教授、2003 - 08年法学部長、2008 - 12年副学長。2016年ー 国際医療福祉大学教授。1997年『メディアの進化と権力』で大川出版賞受賞。専攻は政治心理学、戦略コミュニケーション論[要出典]

著書[編集]

  • 『情報操作のトリック その歴史と方法』講談社現代新書、1994
  • 『メディアの進化と権力』NTT出版、1997
  • イラク戦争と情報操作』宝島社新書、2004
  • 『北朝鮮報道 情報操作を見抜く』光文社新書、2004
  • 『2大政党制は何をもたらすか 日本大変革への道』ソフトバンク新書、2006
  • 『数字で読む日本』扶桑社新書、2009
  • 『「橋下維新」は3年で終わる 民衆に「消費」される政治家たち』宝島社新書、2012
  • 『「反日プロパガンダ」の読み解き方 歪められた歴史認識を正すために』PHP研究所、2013
  • 『昭和天皇玉音放送』あさ書房、2015
  • 『18歳選挙権ガイドブック』 講談社 2016

共著[編集]

  • 『情報イノベーター 共創社会のリーダーたち』電通メディア社会プロジェクト共著 講談社現代新書、1999
  • 『21世紀を読み解く政治学』丸山直起平野浩共編著 日本経済評論社、2000
  • 『新しいみんなの公民 』共著 育鵬社、2011

脚注[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]