あすのそら色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あすのそら色
ジャンル 天気予報番組
出演者 山本潤
製作
制作 TBSテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
開始から2008年3月まで
放送期間 2006年4月2日 - 2008年3月30日
放送時間 日曜日 18:24 - 18:30
放送分 6分
2008年4月から
放送期間 2008年4月6日 - 2011年3月6日
放送時間 日曜日 17:55 - 18:00
放送分 5分

特記事項:
2010年4月4日より『Nスタ』のエンディング番組として放送。
テンプレートを表示

あすのそら色(あすのそらいろ)は、TBSテレビにて、2006年4月2日から2011年3月6日まで日曜夕方に放送されていた5分間の天気予報番組である。2010年4月4日からは『Nスタ』に内包。

概要[編集]

前番組はテルモ一社提供の『健康天気予報』。同番組が『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』に事実上吸収されたことにより(番組自体は2012年3月まで続いた)普通の天気予報を伝える番組となり、2006年10月1日から1年半の間はセブン銀行、2008年秋から半年間は栄光ゼミナールの一社提供だった。

キャスターは前番組から引き続いて山本潤が担当した。

2008年4月より『JNN報道特集』のリニューアル及び放送枠移動に伴い放送時間が約30分繰り上がり、放送時間30分繰り下げとなった『JNNイブニング・ニュース』(2009年度は『THE NEWS』)の直後に放送されるようになったが、ニュース番組の関東ローカル枠天気予報(担当は森朗)は続行しており、17:50 - 18:00の間に、関東地方の天気予報が2度続けて放送される状況となっていた。

そのため、当初は『ウィークエンドウェザー』等と同様、クロマキーをバックに山本が天気予報を伝えるだけのオーソドックスな構成であったが、その後山本による季節の話題のレポート映像等が中心となり、天気予報の時間は短くなっていた。『日曜劇場』の出演者がゲスト出演して番組宣伝を行う場合もあった。

2010年4月から最後の11ヶ月間は、編成上『Nスタ』のエンディング番組として吸収されたが、内容はこれまでと変わらず、『Nスタ』本編終了後に独立した形で放送されていた(事実上コンプレックス化)。また、関東地方の天気予報が連続して放送される状況も変わらなかった。但し地上デジタルテレビ放送ワンセグでは、オープニングにて画面左下(ワイド画面左サイド部分)に『Nスタ』のロゴが表示されるようになった。

2011年3月13日東日本大震災発生によるJNN報道特別番組3月20日27日は『Nスタ』本編の拡大のため放送を休止した。4月3日より正式に『Nスタ』本編の天気予報コーナーに吸収されたため、3月6日をもって放送終了という形となった(事実上打ち切り)。なお、山本の出演は『Nスタ』天気予報コーナー(「Sunトピ」)のVTRのレポーターとして2011年9月まで継続していた。

放送時間の変遷[編集]

期間 放送曜日 放送時間(日本時間 備考
2006.04.02 2008.03.30 日曜日 18:24 - 18:30
2008.04.06 2011.03.06 17:55 - 18:00 2010年4月4日からは『Nスタ』内の1コーナーとして放送。

エピソード[編集]

  • 単独番組としての最後の放送となった2010年3月28日の放送では、Nスタジオ内のクロマキーが改装工事で使えなかったため、『THE NEWS』の天気予報ともども、お花見でにぎわう仙台堀川公園からの中継となり、連続して放送される2つの天気予報番組の2人のキャスターが同じ場所から中継を行うという珍しい状況となった。『THE NEWS』内で森朗(この日限りで日曜夕方ニュースを降板)が天気予報を伝えている間に泥酔者が乱入したため、本番組でもミスが多発するという影響を受けた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 日曜日18:24 - 18:30枠
前番組 番組名 次番組
あすのそら色
THE世界遺産
※18:00 - 18:30
TBS 日曜日17:55 - 18:00枠
JNN報道特集
※17:30 - 18:24
あすのそら色
Nスタ
※17:30 - 18:00
【当番組を内包】