斎藤幸平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
斎藤 幸平
生誕 (1987-01-31) 1987年1月31日(34歳)
時代 21世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学マルクス主義
研究分野 政治哲学経済マルクス主義ドイツ観念論思弁的実在論
テンプレートを表示

斎藤 幸平(さいとう こうへい、1987年昭和62年)[1]1月31日[2] - )は、日本哲学者経済思想史研究者。専攻はヘーゲル哲学ドイツ観念論マルクス主義哲学マルクス経済学大阪市立大学大学院経済学研究科・経済学部准教授博士(哲学)

略歴[編集]

著書[5][編集]

単著[編集]

  • Natur gegen Kapital Marx' Ökologie in seiner unvollendeten Kritik des Kapitalismus (Campus Verlag,2016)
  • Karl Marx's Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy (Monthly Review Press, 2017)
  • 『大洪水の前に マルクスと惑星の物質代謝』(堀之内出版、2019年・Monthly Review Press, 2017の邦訳版)
  • 『人新世の「資本論」』(集英社新書、2020年)

共著・編著[編集]

  • 萱野稔人編著『ベーシックインカムは究極の社会保障か――「競争」と「平等」のセーフティネット』(堀之内出版、2012年)
  • 西山雄二 編『人文学と制度』(未來社、2013年)
  • 市野川容孝渋谷望 編著『労働と思想』、本橋哲也植村邦彦・斎藤幸平・佐々木隆治・溝口大助・明石英人・松本卓也・永野潤・大貫隆史・河野真太郎・宮﨑裕助・前川真行・山本圭・隅田聡一郎・西亮太・鈴木宗徳・伊豫谷登士翁清水知子堀之内出版、2015年)
  • 岩佐茂佐々木隆治 編著『マルクスとエコロジー――資本主義批判としての物質代謝論』(堀之内出版、2016年)
  • Hegel and Capitalism, Andrew Buchwalter, Michalis Skomvoulis, Kohei Saito, Ardis B. Collins, Nicholas Mowad, Giorgio Cesarale, C. J. Pereira Di Salvo, Michael J. Thompson, Richard Dien Winfield, Lisa Herzog, Nathan Ross, Tony Smith, Louis Carré (SUNY Press, 2015)
  • The Unfinished System of Karl Marx: Critically Reading Capital as a Challenge for Our Times, Judith Dellheim, Frieder Otto Wolf, Riccardo Bellofiore, Fred Moseley, Joachim Bischoff, Kohei Saito, Georgios Daremas, Jan Toporowski, Patrick Bond, Michael Brie (Palgrave, 2018)
  • 『未来への大分岐』(集英社新書、2019年)

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 人類は資本主義を本当にこのまま続けられるか”. 東洋経済ONLINE. 東洋経済新報社 (2019年11月21日). 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ https://twitter.com/koheisaito0131/status/32187985231347712
  3. ^ a b c d e 大阪市立大学 大学院経済学研究科・経済学部”. 2018年11月7日閲覧。
  4. ^ 2021新書大賞
  5. ^ 研究者詳細 - 齋藤 幸平” (日本語). research-soran17.osaka-cu.ac.jp. 2018年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]