田崎史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「田﨑史郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
田﨑 史郎
(たざき しろう)
生誕 (1950-06-22) 1950年6月22日(68歳)
日本の旗 日本福井県坂井郡三国町[1]
教育 中央大学法学部法律学科
職業 政治評論家
活動期間 1973年 - 現在
代表経歴 時事通信社解説委員長
肩書き 政治記者

田崎 史郎(たざき しろう、1950年6月22日[1] - )は、ジャーナリスト出身の日本の政治評論家。

来歴[編集]

福井県坂井郡三国町(現:坂井市)生まれ[1]福井県立藤島高等学校を卒業後、中央大学法学部法律学科へ入学する。大学2年時に三里塚闘争へ参加し、凶器準備集合罪逮捕のうえ13日間留置される[2]

1973年3月、同大学を卒業後、同年4月、時事通信社に入社。経済部を経て、1975年浦和支局に異動を命じられたが、少数派の労働組合に所属していたことを理由にした左遷で不当労働行為であるとして会社を提訴。その後、3年3か月後に政治部へ異動することを条件に和解

1979年に政治部に異動となり、大平正芳内閣総理大臣の番記者[3]になる。以後、新自由クラブ外務省担当を経て、1982年4月人事にて、田中派を担当[4]。以来、ずっと平成研究会を中心にして政治記者として活動し、並行して、整理部にて、整理部長、編集局総務としてトータル8年勤務し、解説委員に異動。2006年から解説委員長となり、以後、民放キー局の報道、ワイドショー、バラエティ番組にて政局解説として出演する様になる[5]

2010年6月30日付人事にて、定年後の再雇用にて引き続き勤務し[6]、再雇用契約が終了後に特別解説委員の肩書で再度、会社と契約し[7]

2018年6月末付けにて、内規の68歳に達し、特別解説委員を退職[8]。以後、フリーの政治評論家として、メディアでの言論活動を継続している。

人物[編集]

  • 2013年、自民党の政党交付金から組織活動費名目で資金提供を受け、2013年から2015年にかけて安倍晋三らと懇談していた事に対し、安倍と敵対してるメディアから、“田崎スシロー”(寿司郎)とも揶揄されている[9]

小沢一郎との関係[編集]

田中派の担当記者になって以来、小沢一郎とは毎晩のように呑む間柄だったが[10]1992年1月以来、小沢から一方的に遠ざけられ、取材できない状態になったという[11]1993年に成立した細川内閣で最大の実力者となった小沢について、マスメディアが伝える小沢像は虚像であり、自分の知っている小沢の実像を伝えたいとの思いから、田崎は『文藝春秋1994年10月号に「小沢一郎との訣別」と題した記事を発表した[12]

1982年の自由民主党総裁選挙の際に小沢が田中派支持下の中曽根康弘を評して「担ぐ御輿は軽くてパーがいい」と発言したことや、小沢が自由民主党幹事長時代に海部俊樹総理を評して「海部は本当に馬鹿だな。宇野の方がよっぽどましだ」と発言したことなど、小沢のこれまでの数々のオフレコ発言を明かして[13]話題になる[14][15][16]。小沢サイドからは何の反応もなかったが、日本新聞協会は時事通信に対してオフレコを破ったことの事情説明を求めた[17]。時事通信はオフレコを破った田崎に対して、2週間の出勤停止、その分の給与の減額、翌年の賞与の減額という処分を下した[18]

田崎は、相手に取材できなくなるならオフレコ破りはしないほうがよいという立ち位置であった[19]。すでに小沢からは何の通告もなく一方的に無視されて事実上の取材拒否となっており、オフレコ破りをしても何の障害もない状態であったため、オフレコ破りをしたと主張している。田崎は、小沢から取材拒否されるようになった原因について、自身の諫言を小沢が嫌ったことや、小沢の政敵となった梶山静六と自身が親しくしていたことなどを推測している[20]

著書[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 第25回「千葉経協トップセミナー」(PDF)”. 千葉県経営者協会. 2017年6月10日閲覧。
  2. ^ 田崎 2009 p.255
  3. ^ 田崎 2009 pp.22-23,256
  4. ^ 田崎 2009 p.25
  5. ^ 田崎 2009 p.256
  6. ^ 文化通信 2010年5月31日付
  7. ^ 現代新書カフェ (2015年1月22日). “安倍内閣の「本質」を読み解いた ベテランジャーナリストが明かす 報道番組の「内幕」と定年後「再雇用」記者の意地”. 現代ビジネス  . http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41774 2015年1月23日閲覧。 
  8. ^ 時事通信社労働委員会(2018年7月5日)「電通株依存」の経営を徹底批判 大室社長、3年ぶり経常赤字に打開策示せず 遅きに失した田崎特別解説委員の契約打ち切りに抗議ー労働者委、2018年8月22日閲覧
  9. ^ 田崎史郎氏とケント・ギルバート氏に自民党からカネが支払われていた 1/4 2/4 リテラ
  10. ^ 田崎 2009 p.138
  11. ^ 田崎 2009 p.144
  12. ^ 田崎 2009 pp.149-150
  13. ^ 田崎 2009 pp.142-143
  14. ^ 「小沢オフレコ暴露記者 タブー破りの真相」『週刊朝日』1994年9月30日号
  15. ^ 櫻井よしこ「オピニオン縦横無尽 文春に"小沢一郎との訣別"を書いた田崎史郎氏の記者失格」『週刊ダイヤモンド』1994年9月24日号
  16. ^ 「ジャーナリストの現場から 記者クラブ制度の罪と罰 小沢一郎番記者『オフレコメモ』公開への是非」『週刊現代』1994年10月1日号。
  17. ^ 田崎 2009 p.154
  18. ^ 田崎 2009 p.151
  19. ^ 田崎 2009 p.230
  20. ^ 田崎 2009 p.148

外部リンク[編集]