田崎史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「田﨑史郎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
田﨑 史郎
生誕 (1950-06-22) 1950年6月22日(70歳)
日本の旗 福井県坂井郡三国町
国籍 日本の旗 日本
教育 中央大学法学部卒業
職業 政治評論家
活動期間 1973年 - 現在
肩書き 政治記者

田﨑 史郎(たざき しろう、1950年6月22日[1] - )は、日本ジャーナリスト政治評論家駿河台大学客員教授の「﨑」[2]はいわゆる「たつさき」であるが、JIS X 0208に収録されていない文字であるため、代わりに「崎」を用いて田崎 史郎と表記されることも多い。

株式会社時事通信社政治部次長、株式会社時事通信社編集局次長、株式会社時事通信社解説委員、株式会社時事通信社解説委員長などを歴任し、一貫して時事通信社で記者人生を過ごした。

概要[編集]

福井県出身の政治評論家である。中央大学卒業後、時事通信社に入社する。政治部や編集局の次長を経て解説委員となり[3]、のちに解説委員長も務めた[3]。定年後も時事通信社において特別解説委員として在籍したが、2018年に退いた。その後はフリーランスの政治評論家として活動を続けている。また、駿河台大学では客員教授として非常勤で教鞭を執る[3]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

福井県坂井郡三国町(現・坂井市)生まれ[1]福井県立藤島高等学校を卒業後、中央大学法学部法律学科へ入学する。入学当初は法律家を目指していた[4]。大学2年時に三里塚闘争へ参加し、凶器準備集合罪逮捕のうえ13日間留置される[5]

ジャーナリストとして[編集]

1973年3月に中央大学を卒業し、同年4月に時事通信社へ入社。経済部を経て、1975年浦和支局に異動を命じられたが、少数派の労働組合に所属していたことを理由にした左遷で不当労働行為であるとして会社を提訴。その後、3年3か月後に政治部へ異動することを条件に和解1979年に政治部に異動となり、内閣総理大臣である大平正芳の番記者[6]になる。以後、新自由クラブ外務省担当を経て、1982年4月人事にて、田中派を担当[7]。以来、ずっと平成研究会を中心に政治記者として活動し、並行して、整理部にて、整理部長、編集局総務としてトータル8年勤務し、解説委員に異動。2006年から解説委員長となり、以後、民放キー局の報道、ワイドショー、バラエティ番組にて政局解説として出演する様になる[8]

2010年6月30日付人事にて、定年後の再雇用にて引き続き勤務し[9]、再雇用契約が終了後に特別解説委員の肩書で再度、会社と契約[10]2018年6月末付けにて、内規の68歳に達し、特別解説委員を退職[11]

政治評論家として[編集]

時事通信社の特別解説委員を退いてからは、フリーランスの政治評論家として、メディアでの言論活動を継続している。2019年1月15日より、駿河台大学にて客員教授を務めることになった[3]

人物[編集]

安倍晋三との関係
2013年、自民党の政党交付金から組織活動費名目で資金提供を受け、同年から2015年にかけては安倍晋三らと懇談や寿司屋で会食をしており、安倍や自民党に対し擁護や理解を示す発言も多いことから、ニュースサイトのリテラは「田崎スシロー」と批判している[12]
小沢一郎との関係
田中派の担当記者になって以来、小沢一郎とは毎晩のように呑む間柄だったが[13]1992年1月以来、小沢から一方的に遠ざけられ、取材できない状態になったという[14]1993年に成立した細川内閣で最大の実力者となった小沢について、マスメディアが伝える小沢像は虚像であり、自分の知っている小沢の実像を伝えたいとの思いから、田崎は『文藝春秋1994年10月号に「小沢一郎との訣別」と題した記事を発表した[15]。田崎は、小沢から取材拒否されるようになった原因について、自身の諫言を小沢が嫌ったことや、小沢の政敵となった梶山静六と自身が親しくしていたことなどを推測している[16]

主張・発言[編集]

オフレコ[編集]

小沢一郎に対するオフレコ破り
田﨑が『文藝春秋』1994年10月号に寄稿した記事において、1982年の自由民主党総裁選挙の際に小沢が田中派支持下の中曽根康弘を評して「担ぐ御輿は軽くてパーがいい」と発言したことや、小沢が自由民主党幹事長時代に海部俊樹総理を評して「海部は本当に馬鹿だな。宇野の方がよっぽどましだ」と発言したことなど、小沢のこれまでの数々のオフレコ発言を明かして[17]話題になる[18][19][20]。小沢サイドからは何の反応もなかったが、日本新聞協会は時事通信に対してオフレコを破ったことの事情説明を求めた[21]。時事通信はオフレコを破った田崎に対して、2週間の出勤停止及び当該期間の給与と翌年の賞与の減額という処分を下した[22]
田崎は、相手に取材できなくなるならオフレコ破りはしないほうがよいという立ち位置であった[23]すでに小沢からは何の通告もなく一方的に無視されて事実上の取材拒否となっており、オフレコ破りをしても何の障害もない状態であったため、オフレコ破りをしたと主張している[要出典]
しかし、オフレコについては「相手の了解なしには絶対発表してはならない」[24]という報道モラルを遵守する意見が根強く、田﨑のオフレコ破りは論争を招くことになる。たとえば、ジャーナリストの櫻井よしこは、田﨑のオフレコ破りは「記者失格」[19]であると断じるなど厳しく批判した。のちに田﨑は「オフレコの約束をして聞いた内容は、やっぱり相手の了解なしに絶対公表してはいけないという論理は、かなり強固なものがありました」[25]と述懐している。そのうえで、田﨑に対する様々な批判について「女性評論家の方から、雑誌で、田﨑記者はジャーナリスト失格とか、あるいはマスコミ評論家の方からも、記者失格だというふうに実際に書かれました。ふだん自分も記事を書いていますけれども、そういうふうに書かれますと、内心はかなりこたえる思いでした」[25]と述べている。
自身に対するオフレコ
小沢一郎に対してはオフレコ破りをしているものの、田﨑自身がマスメディアから取材される場合は、記者に対してオフレコとするよう要求している[26]

取材手法[編集]

フリーランスの政治評論家
時事通信社に解説委員長として勤務していたとき、田﨑は「最近、政治関係の本を読んでいますと、結構フリーランスの方が書かれているのですね」[27]と述べたうえで「別にフリーランスの方が書かれることそのものは否定しないのですけれども、内容で間違っているものが少なくない。こんなことは言わないだろう、この場面はちょっと違っているのではないか、と思うことがいろいろありました」[27]と指摘するなど、フリーランスの政治評論家について論じている。その問題点を反面教師とし、田﨑は自著を執筆する際に「書くに当たっては、僕は自分が見聞きしたものに限って書こうと決めました。だから、人から聞いた話は書かない」[26]と語っている。

新型コロナウイルス[編集]

肺炎による死者全員に対してコロナウイルス検査をしていると主張
2020年新型コロナウイルス感染症の流行に関連し、日本は肺炎で亡くなった死者全員に対して新型コロナウイルスの有無を検査していると主張していた[28][29]
2020年4月6日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』に出演した田﨑は、「肺炎で亡くなった人の事を後でCT検査して、コロナウイルスなのかどうか、いちいち判断しているんですよ」[28]と発言した。さらに、玉川に全員に対して検査しているわけではないと指摘されても[28]、田﨑は「全部やっているんですよ。その結果として、今の死者数が出てきているんで」[28]などと反論していた。翌日放送された『羽鳥慎一モーニングショー』において東京都における検査の状況が紹介され[28]、実際PCR検査に関しては全員に検査はしていないことが明らかになった[28]。しかし、田﨑はCT検査のことを言っていたので、主張は虚偽ではない。
休業要請の2週間見送りは西浦博の意見と主張
2020年新型コロナウイルス感染症の流行に対する緊急事態宣言の発出に際し、新型コロナウイルス担当大臣の西村康稔は7都府県知事に対して休業要請を2週間見送るよう要求した。一方、東京都庁はすぐにも休業要請を打ち出そうとしており、国と都が対立した。この問題について、田﨑は、国が休業要請を2週間先送りにしようとしたのは医学者西浦博の意見に基づくものだと主張した[30]2020年4月9日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』に出演した田﨑は、西村康稔に電話で直接聞いたと前置きしたうえで[30]、専門家の「2週間やめたら効果が出る可能性があります」[30]という意見を西村が都府県に伝えただけに過ぎないと主張した[30]。さらに、その専門家が誰なのかという話題になると、田﨑は「それ、西浦さんがおっしゃっていますよね」[30]「データ、先週の金曜日に出しましたでしょ? 彼の予測で」[30]などと発言し、休業要請を2週間先送りしようとしたのは西浦の意見によるものと名指しで主張した[30]
この報道を知った西浦は、そのような提案はしていないと反論し[31]、「休業補償2週待つっていうニュース、耳を疑いました」[31]とコメントしている。さらに西浦は、田﨑史郎を名指しして「田崎さんのソースは官◯ですね。ぷんぷん。休業は補償つきで今すぐやらないといけません」[31]と重ねて反論した。さらに西浦は、田﨑の発言について「『西浦が2週様子を見てから休業補償』と言ったという田崎=西村ラインの嘘話」[32][33]と批判し、田﨑の発言内容を否定している。
休業要請の2週間見送りは尾身茂との協議の結果と主張
前述のとおり、2020年4月9日の時点で田﨑は、休業要請の2週間先送りは医学者の西浦博の意見だと発言していた[30]。ところが、その前日である2020年4月8日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』では、田﨑は休業要請の2週間先送りについて「それはおそらくね、西村担当大臣尾身先生の話し合いのなかで出てきたことだと思います」[34]と発言しており、休業要請の2週間先送りは医学者の尾身茂との協議の結果だと名指しで主張していた[34]。ただ、翌日になると田﨑は一転して主張を翻し、西浦の意見だと発言した[30]
困窮世帯への1世帯あたり現金30万円給付から1人あたり10万円へ一律給付変更した際の主張
2020年4月16日に放送された『ひるおび!』では、公明党山口代表が安倍晋三に1世帯当たり30万円の給付を取りやめ、1人当たり10万円の一律給付を盛り込むように要望したことについて田﨑は「これは非常に無理な要求。『無理が通れば道理引っ込む』という言葉もある。(公明党の要求は)通ってはいけないと思います」と発言していた。しかし17日安倍首相は新型コロナウイルス対策として国民1人当たり10万円の現金を一律給付するため、今年度補正予算案を組み替える方針決定を受け「16日の午前10時に山口代表が連立離脱をちらつかせながら、安倍総理に10万円の事を求めたんですね。公明党は以前に閣議で署名した事と全く違う事をやって筋が通らないんですけど、でもそれが通ってしまった」と経緯を説明し、「驚きました。これ政権がガタガタになるんじゃないかとか、いろんな事を思いました。まさに前代未聞」と続けた[35]

著書[編集]

  • 『竹下派死闘の七十日』 文藝春秋文春文庫〉、2000年。ISBN 978-4167174026 
  • 『梶山静六 ─死に顔に笑みをたたえて―』 講談社、2004年。ISBN 978-4062125925 
  • 『政治家失格 ─なぜ日本の政治はダメなのか―』 文藝春秋〈文春新書〉、2009年。ISBN 978-4166606870 
  • 『安倍官邸の正体』 講談社〈講談社現代新書〉、2014年。ISBN 978-4062882941 
  • 『「小泉総理―福田官房長官」の時代が再来する ―進次郎が「最強の女房役」を得た―』(電子ブック)2017年 文藝春秋

出演番組[編集]

テレビ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 第25回「千葉経協トップセミナー」”. 千葉県経営者協会. 2017年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月10日閲覧。
  2. ^ 日本記者クラブ『著者と語る――《政治家失格》田﨑史郎時事通信解説委員長』2009年4月22日、1頁。
  3. ^ a b c d 「田﨑史郎(たざきしろう)」『客員教授等紹介|駿河台大学駿河台大学
  4. ^ 田﨑史郎さん<1>カシオの「デジタル時計進出」をスクープ 日刊ゲンダイDIGITAL
  5. ^ 田崎 2009 p.255
  6. ^ 田崎 2009 pp.22-23,256
  7. ^ 田崎 2009 p.25
  8. ^ 田崎 2009 p.256
  9. ^ 文化通信 2010年5月31日付
  10. ^ 現代新書カフェ (2015年1月22日). “安倍内閣の「本質」を読み解いた ベテランジャーナリストが明かす 報道番組の「内幕」と定年後「再雇用」記者の意地”. 現代ビジネス  . http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41774 2015年1月23日閲覧。 
  11. ^ 時事通信社労働委員会(2018年7月5日)「電通株依存」の経営を徹底批判 大室社長、3年ぶり経常赤字に打開策示せず 遅きに失した田崎特別解説委員の契約打ち切りに抗議ー労働者委、2018年8月22日閲覧
  12. ^ 田崎史郎とケント・ギルバートに自民党からカネが支払われていた! 政治資金収支報告書で発覚 - Litera 2019年6月閲覧
  13. ^ 田崎 2009 p.138
  14. ^ 田崎 2009 p.144
  15. ^ 田崎 2009 pp.149-150
  16. ^ 田崎 2009 p.148
  17. ^ 田崎 2009 pp.142-143
  18. ^ 「小沢オフレコ暴露記者 タブー破りの真相」『週刊朝日』1994年9月30日号
  19. ^ a b 櫻井よしこ「オピニオン縦横無尽 文春に"小沢一郎との訣別"を書いた田崎史郎氏の記者失格」『週刊ダイヤモンド』1994年9月24日号
  20. ^ 「ジャーナリストの現場から 記者クラブ制度の罪と罰 小沢一郎番記者『オフレコメモ』公開への是非」『週刊現代』1994年10月1日号。
  21. ^ 田崎 2009 p.154
  22. ^ 田崎 2009 p.151
  23. ^ 田崎 2009 p.230
  24. ^ 石郷岡建「オフレコ報道――葛藤と信念」『田崎史郎・時事通信解説委員長「著者と語る『政治家失格』」 | 日本記者クラブ JapanNationalPressClub (JNPC)日本記者クラブ2009年4月22日
  25. ^ a b 日本記者クラブ『著者と語る――《政治家失格》田﨑史郎時事通信解説委員長』2009年4月22日、4頁。
  26. ^ a b 日本記者クラブ『著者と語る――《政治家失格》田﨑史郎時事通信解説委員長』2009年4月22日、2頁。
  27. ^ a b 日本記者クラブ『著者と語る――《政治家失格》田﨑史郎時事通信解説委員長』2009年4月22日、3頁。
  28. ^ a b c d e f 「田崎史郎氏、『肺炎で亡くなった人の検査を全部している』発言が物議――玉川徹氏と激しく討論」『田崎史郎氏、「肺炎で亡くなった人の検査を全部している」発言が物議 玉川徹氏と激しく討論 : スポーツ報知報知新聞社2020年4月7日
  29. ^ 「橋下徹氏、田崎史郎氏の『モーニングショー』での『肺炎死者を全員CT検査』発言に『田崎さんやってしまったな』」『橋下徹氏、田崎史郎氏の「モーニングショー」での「肺炎死者を全員CT検査」発言に「田崎さんやってしまったな」 : スポーツ報知報知新聞社2020年4月8日
  30. ^ a b c d e f g h i 「『2週間の休業要請見送り』で田崎史郎と西村大臣がデマ! 根拠にされた西浦教授が『田崎=西村ラインの嘘話』『休業はすぐに』」『「2週間の休業要請見送り」で田崎史郎と西村大臣がデマ!根拠にされた西浦教授が「田崎=西村ラインの嘘話」「休業はすぐに」|LITERA/リテラ』ロストニュース、2020年4月10日
  31. ^ a b c 「『2週間の休業要請見送り』で田崎史郎と西村大臣がデマ! 根拠にされた西浦教授が『田崎=西村ラインの嘘話』『休業はすぐに』」『西浦教授が“そんな提案はしていない”と反論 「田崎さんのソースは官◯ですね」とも|LITERA/リテラ』ロストニュース、2020年4月10日。(原文ママ
  32. ^ 「『2週間の休業要請見送り』で田崎史郎と西村大臣がデマ! 根拠にされた西浦教授が『田崎=西村ラインの嘘話』『休業はすぐに』」『安倍首相の「2週間後にピークアウト」発言も西浦教授の分析を歪曲・悪用したデマだった|LITERA/リテラ』ロストニュース、2020年4月10日。(原文ママ
  33. ^ Hiroshi Nishiura『Hiroshi NishiuraさんはTwitterを使っていますツイッター2020年4月10日
  34. ^ a b 「『2週間の休業要請見送り』で田崎史郎と西村大臣がデマ! 根拠にされた西浦教授が『田崎=西村ラインの嘘話』『休業はすぐに』」『安倍政権のためにデマを振りまき続ける田崎史郎 「肺炎での死亡者全員にCT検査」も|LITERA/リテラ』ロストニュース、2020年4月10日
  35. ^ “田崎史郎氏、一律10万円給付へ方針転換に「政権がガタガタに…。まさに前代未聞」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年4月17日). https://hochi.news/articles/20200417-OHT1T50114.html 2020年8月30日閲覧。 

外部リンク[編集]