なぜ君は総理大臣になれないのか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なぜ君は総理大臣になれないのか
監督 大島新
出演者 小川淳也
製作会社 ネツゲン
配給 ネツゲン
公開 日本の旗 2020年6月13日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

なぜ君は総理大臣になれないのか』(なぜきみはそうりだいじんになれないのか)は、2020年令和2年)に公開された日本ドキュメンタリー映画である。同国の衆議院議員である小川淳也が愚直に政治に向き合う17年間を追った作品。

2021年の第49回衆議院議員総選挙後には続編的映画『香川1区』の公開が予定されている[1]

概要[編集]

「一般的にはほとんど知られていない[2]日本衆議院議員小川淳也の政治活動を、17年かけて追った作品。

東京大学を卒業し、自治省(現総務省)に入省した小川は、官僚が組織を牛耳る行政組織の構造を目の当たりにする。「ただ社会を良くしたい」という思いから、エリート官僚として出世する道を捨てて政治家を志す。

小川は「地盤・看板・カバン」(後援組織・知名度・資金力)なしで2003年平成15年)、地元の香川県で国政選挙に臨む。

2003年の民主党候補としての初選挙に始まり、2017年民進党から希望の党への合流問題、その後の無所属での政治活動に至るまで、小川の持つ人間性や政治像に迫る。

本作の製作は、2003年にフジテレビのドキュメンタリー番組の中で本作の監督である大島新が小川を取材したことがきっかけである。大島はその後も継続して小川に取材を行い、2016年(平成28年)ごろに小川を題材にした映画化を企画した[3]

2020年6月13日劇場公開され、同年12月16日よりAmazonプライムビデオNetflixなどのビデオ・オン・デマンド配信が行われた。翌2021年4月30日DVD製品が発売された。同年7月28日には書籍版が発売された[4]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 大島新
  • プロデューサー - 前田亜紀
  • 撮影 - 高橋秀典、前田亜紀
  • 編集 - 宮島亜紀
  • 音楽 - 石﨑野乃
  • ライン編集 - 池田聡
  • 整音 - 富永憲一
  • 制作担当- 船木 光、三好真裕美
  • 宣伝美術 - 保田卓也
  • 宣伝 - きろくびと
  • 配給協力 - ポレポレ東中野
  • 製作・配給 - ネツゲン

評価[編集]

2020年6月に都内の映画館2館で上映をはじめ、初日から6日間、連日満席の大ヒットを遂げた。映画の評判が口コミ等で広がり、1カ月経たずして、7館のみでの上映で動員1万人を突破した。最終的には全国83館にまで上映映画館を広げ、さらに半年以上のロングラン上映となった。観客動員数はドキュメンタリー映画としては異例の3万5千人超を記録している[1]

受賞[編集]

DVD及び関連書籍[編集]

  • DVD『なぜ君は総理大臣になれないのか』(販売元マクザム、2021年4月30日発売)
  • 書籍『なぜ君は総理大臣になれないのか』(大島新+『なぜ君』制作班著、日本評論社、2021年7月28日発行、ISBN 978-4535587649)シナリオを収録

教材使用問題[編集]

2021年10月の「四国新聞」の報道によると、同年7月から9月にかけて、高松市内の県立高等学校で、ある男性教諭が自ら購入した本作のDVDを「民主主義について理解を深めるため」として3年生の世界史の授業で使用していた。香川県教育委員会はDVDについて教育基本法で定める政治的中立を逸脱する不適切な教材にあたるとして生徒や保護者に謝罪し[8]、詳細な調査及び教諭の処分を検討した。香川県知事浜田恵造は、特定の個人や政党を取り上げた映画で主権者教育を行うことに関しては慎重であるべきで、不適切との認識を示したという[9]

なお、上記の事実を大きく報じた四国新聞社は、本作の主人公である小川淳也直後の選挙で対立する政治家平井卓也自由民主党)の家族によって経営されている[10]

当該教諭は本作のDVDを権利者に無断で授業に使用していた[要出典]。監督の大島新は報道について「四国新聞は私に一切取材をしておらず、この書き方は極めて不誠実である」と批判した[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大島新監督「香川1区」総選挙直後に緊急公開! 「なぜ君は総理大臣になれないのか」の続編的位置付けに映画.com2021年9月1日
  2. ^ 「真っ当な政治家」が、なぜ不甲斐ない野党でさえ出世できないのか。 映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』の小川議員と大島監督に聞く”. FNNプライムオンライン. 2021年7月18日閲覧。
  3. ^ 『なぜ君は総理大臣になれないのか』大島新監督 エンタメとして高いレベルに達した、稀有な政治家ドキュメンタリー【Director’s Interview Vol.63】
  4. ^ 映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」公式サイト”. 2021年11月11日閲覧。
  5. ^ 「2020年 第94回 キネマ旬報ベスト・テン」発表!!│【公式】「キネマ旬報」ホームページ / キネマ旬報WEB” (日本語). www.kinejun.com. 2021年7月17日閲覧。
  6. ^ 浦安ドキュメンタリーオフィス. “浦安ドキュメンタリー映画大賞| 浦安ドキュメンタリーオフィス” (日本語). 2021年7月17日閲覧。
  7. ^ 第30回(2020年度)日本映画プロフェッショナル大賞”. nichipro-award.com. 2021年7月17日閲覧。
  8. ^ 「小川氏主役」の映画を上映 県教委、「不適切」と謝罪 高3生の世界史授業で”. 四国新聞社. 2021年10月10日閲覧。
  9. ^ 高校授業で小川議員映画 知事も不適切認識 主権者教育 「公正な判断重要」”. 四国新聞社. 2021年10月12日閲覧。
  10. ^ プチ鹿島 (2021年10月12日). “平井卓也の弟が社長「四国新聞」の“身内びいき”がすご過ぎる…「香川1区」対抗馬の“吊し上げ方” 《もうすぐ衆院選》”. 週刊文春. https://bunshun.jp/articles/-/49242 2021年11月11日閲覧。 
  11. ^ こちらの件、我々に連絡がなく寝耳に水。選挙前の上映は問題だったと思いますが、政治を学ぶ機会が乏しい教育現場において、先生が良かれと思って紹介したのでしょう。それにしても四国新聞は私に一切取材をしておらず、この書き方は極めて不誠実です。対応を検討します。” (日本語). Twitter. 大島新 (2021年10月6日). 2021年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]