浅野健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 健一(あさの けんいち、1948年7月27日 - )は日本ジャーナリスト。元同志社大学教授。

略歴[編集]

香川県高松市生まれ[1]。1972年、慶應義塾大学経済学部出身。同大学新聞研究所修了後、共同通信社入社。1984年犯罪報道の犯罪」を発表。1989年から1992年までジャカルタ支局長、スハルト政権を批判したため国外追放された。他に、編集局社会部記者、外信部デスクなど歴任。1994年3月退社し、同年4月から同志社大学文学部社会学科教授(新聞学専攻)、同大学大学院文学研究科新聞学専攻博士課程教授。2002~03年、英ウエストミンスター大学客員研究員。2005年同志社大学社会学部メディア学科教授。2014年同志社大を定年退職。「人権と報道・連絡会」世話人。

概要[編集]

現在は大手メディアでは執筆せず、著作以外ではメディア問題に関する月刊誌である『』の執筆が主となる。

社会民主党機関紙社会新報』や朝鮮総聯中央機関紙朝鮮新報』、救援連絡センターの機関紙『救援』にも執筆。

イラク国際戦犯民衆法廷の呼びかけ人として名を連ねる。

発言・主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同。「100年後に正しいと判断される」と述べる[1]

著書[編集]

単著[編集]

共編・共著[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大学とジャーナリズムが変わらなければ、日本の活字文化は滅びる、BookScan

外部リンク[編集]