南利幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南 利幸(みなみ としゆき、1965年3月16日 - )は、関西を中心に活躍する男性気象予報士防災士技術士(応用理学)。

経歴[編集]

兵庫県西宮市生まれ[1]岡山県倉敷市育ちで、岡山県立玉島高等学校から広島大学総合科学部へ進学した。

広島大学大学院生物圏科学研究科を修了後、日本気象協会へ就職するとともに、同協会関西支部へ配属。在阪局のテレビ・ラジオ番組で天気予報を担当したことを機に、「ダジャレを交えるお天気おじさん」として知られるようになった。

1995年頃よりNHK総合テレビNHKニュースおはよう関西』、『ニュースパーク関西』を歴任。同時にMBSラジオの天気予報にも出演。2002年には同じくNHKの番組『趣味悠々』に「あなたもできる天気予報入門」の講師として出演し全国デビューを果たした。また、MBSテレビ今出東二の夏休み時の代理として出演したこともある。

2005年度よりMBSラジオの朝の情報番組に出演。2006年3月31日付で日本気象協会を退職したことを機に、自宅のある西宮市内に株式会社南気象予報士事務所を開設した。2007年4月からは、NHK総合テレビで土・日曜早朝の全国向け気象情報を担当。MBSラジオの番組終了を機に2008年度より祝日にも出演するが、他の仕事の兼ね合いで代理キャスターに任せることがある。

その一方で、MBSラジオを運営する毎日放送2016年9月に気象庁から気象予報業務の実施許可(許可第202号)を受けたことを背景に、同局が報道局内へ設置した「気象情報部」の業務を事務所全体で支援。事務所に所属する気象予報士(西池沙織広瀬駿)がMBSテレビの報道・情報番組で気象キャスターを務めるかたわら、南自身も2017年度から、「MBS気象情報部の気象予報士」としてMBSラジオで平日生ワイド番組へのレギュラー出演を再開している(事務所に所属する吉村真希と交互に『松井愛のすこ〜し愛して♥』12時台・『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』14時台の「お天気のお知らせ」を担当)。さらに、2017年度ナイターオフ期間(2017年10月 - 2018年3月)の金曜日には、毎日放送気象情報部所属の気象予報士として吉村・広瀬と共に『こちら茶屋町お天気部!』(MBSラジオの生放送番組)でパーソナリティを務める。

私生活では2008年1月、43歳を前にして第4子誕生。4人とも女の子である。

所属学会[編集]

  • 日本花粉学会(関西の花粉予報を担当)
  • 日本生気象学会(滋賀県草津市の熱中症情報に関する研究会委員として全国初の熱中症予防に関する条例の素案作りに参加)
  • 日本気象学会(教育と普及委員会委員)

現在の出演番組[編集]

以下はいずれも、MBSラジオの生放送番組。

以下はいずれもNHKの番組。G…総合テレビ、R1…ラジオ第1。表中曜日下の条件は全国放送のみの適用で、地域番組はそもそも祝日は放送自体が無い。

時刻 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜
祝日のみ いずれも祝日のみ、かつ
直前の月曜も祝日の場合のみ
祝日のみ  気象情報(G)
5:50 気象情報 (G)[2] 気象情報 (G)
6時台 気象情報 (G) NHKニュースおはよう日本[3][4] 気象情報 (G)[2]
7時台 NHKニュースおはよう日本[3] NHKニュースおはよう日本 NHKニュースおはよう日本[3]
8時台   週刊ニュース深読み (G) 日曜討論前の気象情報 (G)[5]
13時台   かんさい土曜ほっとタイム (R1)[6]  
18時台    

特例[編集]

NHKニュースおはよう日本
  • 2009年5月5日(火曜日・こどもの日)と6日(水曜日・3日の憲法記念日の振替休日)の放送を担当。
  • 過去に1度だけ台風関連のニュースで祝日ではない平日(金曜日)の放送でも登場していた。
気象情報 (G)
  • 2009年1月1日(木曜日)、2009年5月5日(火曜日・こどもの日)と6日(水曜日・3日の憲法記念日の振替休日)は昼前も担当。
  • 2009年度の年末年始では「おはよう日本」休止時の午前7時のニュース、昼前でも5日間(12月30日~翌2010年1月3日)続けて担当。

過去の出演番組[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「おはよう日本」出演者ブログ・2011年2月15日分より。
  2. ^ a b 6:13頃の関東地方の気象情報も担当。
  3. ^ a b c 関東甲信越枠 (G)も担当。
  4. ^ 土曜6:53の放送は一部地域を除く
  5. ^ 2010年は新年度編成により一旦廃枠となっていたが、『週刊こどもニュース』打ち切りに伴い2011年1月から9か月ぶりに復活することとなった。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも同時放送される(日本国内の気象情報の独立した番組が海外で定時放送されるのは週1回のこの時間だけである)。
  6. ^ 大阪局制作全国放送、13:30頃の「お天気どんなんかなー」のコーナー担当。2001年から担当しており、当初は大阪局のスタジオに直接通っていたが、全国放送に起用されてからは回線を結び東京のラジオセンターから参加している。
  7. ^ 「やまなし気象歳時記」コーナー
  8. ^ 「気象歳時記」コーナー
  9. ^ 「ここが知りたい!天気のツボ」コーナー

外部リンク[編集]