読売・朝日・毎日3社ニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
読売・朝日・毎日3社ニュース
ジャンル 報道番組
出演者 日テレ・KRT→TBSアナウンサー、及び参加各新聞社記者
製作
制作 日本テレビラジオ東京→TBS
読売新聞社読売映画社
朝日新聞社朝日テレビニュース社
毎日新聞社毎日映画社
(新聞3社ローテーション制)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 (日テレ)1953年8月-1974年3月
(KRT→TBS)1955年4月-1974年3月
放送時間 いずれも17:50-18:00
担当日については本文のローテーションの項参照。
放送分 10分

3社ニュース』とは日本テレビ1953年開局)とラジオ東京1955年テレビ開局、現在のTBSテレビ。)が、両社に出資していた日本の3大新聞社である読売新聞社朝日新聞社毎日新聞社の各社と提携して、毎日夕方に3社が放送日程や放送局のローテーションを組んで放送していたテレビニュース番組

概要[編集]

ローテーション[編集]

 
日テレ 毎日 読売 朝日 毎日 朝日 読売
KRT→TBS 読売 朝日 毎日 読売 毎日 朝日
  • 日曜日は放送がなかった。
  • 初期はこのローテーションは異なっていた。
  • 表から分かる通り関東地区では、日曜日以外でも読売新聞ニュースと毎日新聞ニュースは放送されない曜日が存在していた。朝日新聞は別途『NETニュース 朝日新聞制作』(1970年『ANNニュース』に改題)や東京12チャンネル(現 テレビ東京)でも別枠の『朝日新聞ニュース』(1970年より日経と交互制作の『東京12チャンネルニュース』。現在は 『TXNニュース』に改題。朝日は1972年に撤退している)を放送していたため、1970年までの関東地区でも朝日新聞ニュースは日曜日も含め放送されない曜日は無かった。
  • 日本テレビ、TBSテレビには各制作会社からフィルムが直接局に搬送されたが、後に読売は日本テレビ、朝日はNETテレビ、毎日はTBSテレビがそれぞれ送り出しの担当局となったため、日本テレビやTBSテレビはそれぞれ自分の受け持ち新聞社以外は他社からネット受けをする事となり、その結果在京局間同士でのネットワークのやりとりが存在する事となった。
  • 関東地区以外にもこれら新聞社のニュースは放送されたが、これも上記各局が送り出しを担当。自社で放送しない曜日は裏送りの処置を執っていた。このため、TBSテレビと系列外であるメ~テレSTVテレビ(札幌テレビ)の間にも長い間、当番組限定のネットワーク関係が存在していた事となる。またこのほかに地方ネット局向け(特にオープンネットのため1局しかなかった地域)では、サンケイ(共同)テレニュースを配信したところもあり、実質的には「読売・朝日・毎日・サンケイ4社ニュース」となっていた。

ラジオ版3社ニュース[編集]

1951年(昭和26年)12月24日、東京初の民間放送ラジオ局であるラジオ東京(JOKR。現在のTBSラジオ)が開局した際、読売・朝日・毎日三社合同ニュースを放送。この3社ニュースはラジオ東京の開局記念式典の一環として19時から19時15分、並びに21時から21時15分の2回に分けて公開生放送された。ちなみにこの番組は開局前夜のサービス放送の一環によるもので、当日はこの番組が最初のプログラムであった[2]

翌12月25日より読売新聞・朝日新聞・毎日新聞の順番で交互にニュース提供を担当した。1955年9月の砂川闘争の取材よりラジオ東京独自の取材による内容もニュースとして放送することが認められ、以降臨時ニュースを中心に独自取材のニュースも放送されるようになった。これは同じニュースでも出稿社によって内容が異なり齟齬が生じて一貫性が欠けていたためである。

1963年、TBSは新聞3社とラジオニュースに関する覚書を交わし、同年4月より海外ニュースを共同通信社経由に切り替え、一部TBS自主取材のニュースを新聞社提供ニュースに挿入できる事になり、編集権の自主権を一部確保した。
既述の通り、1973年12月20日に新聞3社の各首脳が覚書を交わし、それまでTBS設立以来新聞3社がほぼ同数持っていたTBS株をすべて毎日新聞社に譲渡することが決まったのを受け、1974年4月1日からラジオの定時ニュースタイトルは「TBSニュース」に変更。新聞社のニュース提供は毎日新聞だけになったものの、完全に編集権はTBS側に移った。

脚注[編集]

  1. ^ 「朝日新聞百年史 昭和戦後編」660頁
  2. ^ 出典・ラジオ東京スピリッツ公式サイト掲載の当時の番組表
TBS 平日土曜夕方のスポットニュース
前番組 番組名 次番組
-
読売・朝日・毎日3社ニュース
日本テレビ 平日土曜夕方17:50のスポットニュース枠
前番組 番組名 次番組
-
読売・朝日・毎日3社ニュース
日本テレビ 月~土19:00 - 19:15枠
(開局前)
読売・朝日・毎日テレビニュース
(1953年8月~1955年9月)
19:00-暮らしのセンス
19:05-読売・朝日・毎日テレビニュース
【5分縮小】
日本テレビ 月~土19:05 - 19:15枠
読売・朝日・毎日テレビニュース
(18:00 - 18:15)
読売・朝日・毎日テレビニュース
(1955年10月~1956年3月)
日本テレビ 月~土18:00 - 18:10枠
月-お楽しみえほん
火-海のタブー
水-世界ニュース
木-テレビ紙芝居
金-どんぐり日記
土-こども探偵局
読売・朝日・毎日テレビニュース
(1956年4月~1958年9月)
轟先生
【45分繰上げ】
日本テレビ 月~土17:50 - 18:00枠
(休止中またはスポーツ中継)
読売・朝日・毎日テレビニュース

読売・朝日・毎日3社ニュース
(1958年10月~1974年3月)
読売新聞ニュース