松丸亮吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつまる りょうご
松丸 亮吾
Ryogo Matsumaru 20201219 (cropped).jpg
松丸亮吾(2020年12月)
生年月日 (1995-12-19) 1995年12月19日(26歳)
本名 松丸 亮吾
出身地 日本の旗 日本千葉県市川市
学歴 東京大学工学部
職業 作家
タレント
クリエイター
所属 RIDDLER株式会社
ジャンル 謎解き
脱出ゲーム
兄弟 DaiGo
松丸 亮吾
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年4月 -
ジャンル 謎解き
登録者数 23万人
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年2月13日時点。
テンプレートを表示

松丸 亮吾(まつまる りょうご、1995年〈平成7年〉12月19日 - )は、日本の作家タレント謎解きクリエイターAnotherVision2代目代表を経て、RIDDLER株式会社代表取締役。

人物・来歴[編集]

千葉県市川市出身[1]市川市立新浜小学校[2]麻布中学校・高等学校[3]東京大学工学部在学中。現在『おはスタ』(テレビ東京系列)では、「ひらめき王子松丸くん」として活動している[4]

謎解きを始めたきっかけは末っ子で何をしても兄たちに勝てず日々悔しい思いをしていたが、小学4年生のときに家族6人で食事をしている最中に『脳内エステ IQサプリ』を見ていたら家族の誰よりも早く問題を解くことができ、ひらめきで解ける問題に興味を持ったことである。図書館で謎解き関連の本を次々と読破したために解く問題がなくなり、自分で問題を作るようになった[5]

家族・親族[編集]

兄が3人おり、DaiGoは長兄である[6][7]

出演[編集]

これまでの出演番組[編集]

レギュラー出演[編集]

不定期出演・ゲスト出演[編集]

CM[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著・監修[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 令和元年度 新成人の集いを開催しました(開催報告)”. 市川市 (2020年2月19日). 2020年2月24日閲覧。
  2. ^ Ichikawaオンラインシンポジウム 子どもたちの未来を託す デジタル時代の学校教育とは”. Ichikawaオンラインシンポジウム事務局 (2020年10月16日). 2020年10月28日閲覧。
  3. ^ 松丸亮吾&コナンくんがナビ!小学生が夢中になる『ナゾトキ学習』がリアルに体験できる!”. HugKum. 小学館 (2019年3月14日). 2020年2月24日閲覧。
  4. ^ ひらめき王子への挑戦状!”. おはスタ公式サイト. 2019年11月14日閲覧。
  5. ^ “ナゾトキ話題の松丸亮吾語る“末っ子論”「DaiGoは道から外れる道もあると示してくれた。」”. ORICON STYLE. (2019年11月1日). https://www.oricon.co.jp/special/53835/ 2019年11月17日閲覧。 
  6. ^ “ナゾトキ”仕掛け人・松丸亮吾、原動力は実兄・DaiGoへのコンプレックス
  7. ^ 松丸亮吾、兄メンタリストDaiGo“差別”発言謝罪「論破するまで怒る」”. 日刊スポーツ (2021年8月13日). 2021年8月13日閲覧。
  8. ^ メンバー ポケモンとどこいく!?|テレビ東京アニメ公式”. 2022年4月29日閲覧。
  9. ^ NHK総合「夜光音楽スペシャル ボカロフェス2022」、5月5日放送決定。「歌い手特集」にそらる、天月、まふまふ登場。初音ミク、鏡音リン・レンのスタジオ・ライヴも - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2022年4月29日閲覧。
  10. ^ (日本語) 『ひらめき王子松丸くんのひらめけ!ナゾトキ学習2』TVCM(発売前ver.) 小学館集英社プロダクション, https://www.youtube.com/watch?v=iC5BilP0odA 2021年8月10日閲覧。 
  11. ^ (日本語) ひらめき先生松丸亮吾の将来役立つ授業!Spica note(スピカノート)でたのしく学ぼう!, https://www.youtube.com/watch?v=K-MyKDu6I3Y 2021年8月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]