高崎小1女児殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高崎小1女児殺害事件(たかさきしょういちじょじさつがいじけん)は2004年3月11日に発生した殺人事件

事件概要[ソースを編集]

群馬県高崎市で、小学校1年の女子児童(当時7歳)が、県営住宅の同じ階に住む男(当時26歳)に殺害された。

男は「いたずらしようとしたら騒がれそうになったので殺した」と供述。2005年12月9日に、前橋地方裁判所高崎支部にて男に対し無期懲役判決が言い渡され、その後、検察側、弁護側双方とも控訴せず刑が確定した。

被告が「少女の人形」つまり「少女のフィギュア」を所有し、公判中、検察側より被告宅から押収された「美少女フィギュア」について放棄を迫られた際に、これまでの落胆したかのような態度をひょう変させ、「あの子たちを処分することは、私の子供を殺すかのようなものだ」と激しい泣き声で訴えるなど、フィギュアへの執着を見せたため話題となった。

当時の報道について[ソースを編集]

この事件がいわゆる「オタクカルチャー」叩きの一因となり、マスコミから、フィギュア趣味と殺人との関連性が取りざたされた結果、フィギュア(主に美少女フィギュア)の所有と児童性愛とを結びつける風潮が高まった。

例として『真相報道バンキシャ!』では、番組内でボークス社製のドールと事件とを結びつける報道を行った。しかし、抗議を受け、翌週に謝罪を行っている。

関連項目[ソースを編集]