加藤友朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 友朗(かとう ともあき、1963年[1] - )は、東京都出身の外科多臓器移植の分野で先駆者として知られる。現在、コロンビア大学医学部外科学教授およびコロンビア大学付属ニューヨーク・プレスバイテリアン病院肝小腸移植外科部長[2]

来歴[編集]

1987年東京大学薬学部卒業後、大阪大学医学部学士入学1991年に卒業。同大でインターンシップを修了後、兵庫県市立伊丹病院にて研修医として勤務。その後1995年から2年間マイアミ大学医学部にてクリニカル・フェローとして勤務し1997年からは同大で小児移植外科学准教授。2007年から2008年コロンビア大学に移籍するまでは教授および移植外科部長として勤務[2]

1980年代年代後半から1990年代前半にかけてヨーロッパで開発されたAPOLT(Auxiliary Partial Orthotopic Liver Transplantation、自己肝温存生体部分肝移植術)を初めて実用化した人物の一人として知られる。APOLTを使用した場合、免疫抑制剤の使用が不要になる[3]2008年3月、複雑に絡み付いた腫瘍を摘出する過程で6臓器の同時切除・再移植(自家移植)を初めて成功させた[4]

現在多くの学会員であり、180本以上の論文を出版している[2][5]

出演番組[編集]

など

著作[編集]

  • 移植病棟24時(2005年7月 集英社 / 2011年12月 集英社文庫
  • 赤ちゃんを救え! 移植病棟24時(2007年7月 集英社 / 2012年10月 集英社文庫)
  • 「NO」から始めない生き方~先端医療で働く外科医の発想(2013年1月 ホーム社)

脚注[編集]

  1. ^ 加藤友朗 (2009年10月13日). “加藤友朗の「心の通う医療を目指して」”. 日経とメディカル オンライン. 2010年3月11日閲覧。
  2. ^ a b c Tomoaki Kato, MD” (英語). Columbia University Medical Center, Department of Surgery. 2010年3月11日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Grady, Denise (2010年2月22日). “Transplants That Do Their Job, Then Fade Away” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2010/02/23/health/23liver.html 2010年3月11日閲覧。 
  4. ^ The Skill Of A Surgeon (PDF)”. NewYork-Presbyterian Hospital (2009年春). 2010年3月11日閲覧。
  5. ^ Grady, Denise (2010年2月8日). “Recovery Matches a Marathon Operation work=nytimes.com” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2010/02/09/health/09tumor.html 2010年3月11日閲覧。