フジモトヨシタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フジモトヨシタカ
Yoshitaka Fujimoto
出身地 日本の旗兵庫
ジャンル
  • オルタナティブロック
  • 電子音楽
  • ミニマル
  • アンビエント
  • フォークトロニカ
  • ポップ
  • 現代音楽
  • 劇伴音楽
レーベル

日本の旗P-VINE RECORDS
日本の旗THIS TIME RECORDS
日本の旗PCI MUSIC

日本の旗SAKU RECORDS
公式サイト http://fujimotoyoshitaka.com

フジモト ヨシタカ1981年9月24日 - )は、日本ミュージシャン作曲家編曲家兵庫県生まれ。妻はコンテンポラリーダンサーの寺杣彩。3児の父[1]。AB型。

来歴[編集]

西宮市立苦楽園中学校兵庫県立西宮北高等学校卒業。

2003年、東京でar(アル)を結成。オルタナティヴ・ロック電子音楽ミニマルアンビエントフォーク現代音楽などを混交した多彩な音楽性が特徴。RADIO SAKAMOTOで度々紹介された事から徐々に知名度を高めた。実際、レディオヘッドKim Hiorthøyフアナ・モリーナビートルズフィリップ・グラス、Beck、サイモン&ガーファンクルスコット・ヘレンなどからの参照が見受けられ、メンバーもそれを公言している[2]。当時の楽曲は実験性、ミニマムの要素が強く、ライブハウスより展示会やアートイベントで演奏することが多かった。1枚目と2枚目のアルバムは日本国内はPヴァインレコード、国外ではCD Babyで流通していた[3]。特に2007年発表の2枚目のアルバム『Moderatelights』[1]は国外でも評価が高く、根強いファンが多い[4]。Sense of Wonder[2]をはじめ、多くのフェスやイベントに出演したが、PONYCANYON ARTISTS[3]に移籍後発売された4枚目のアルバム『YON(ヨン)』[4]を最後として、2012年12月20日に解散を発表した[5]。解散後はドラマ、映画、CM、ファッション、コンテンポラリー楽曲を手掛け幅広く活動している。劇伴音楽ではオーケストラ編成や、可愛らしい音楽も作曲する[6]。2015年、ソロユニットでアーティスト活動を再開した[7]。ファッション誌『CLUÉL』“BEHIND THE SCENES”[5]とのコラボレーションで定期的にファッションブランドに楽曲提供をしている[8]

主な作品[編集]

ドラマ音楽[編集]

映画音楽、ショートムービー[編集]

CM[編集]

インテルUNIQLOオリンパスサントリーAGFボルボTSUTAYAOAKLEYTOYO TIRESnestleSUBARUP&GセコムACジャパンSLOBEDisneyLACHICロート製薬、417 EDIFICEDHCMICHEL KLEINmozoワンダーシティグランフロント大阪東急東横線ニトリAlexandre de ParisGoogleハウス食品J-wave、他多数[17][18][19][20]

コンテンポラリーダンス、舞台[編集]

  • 三体「三体」「sento」
  • 冨士山アネット「SWAN」
  • MOKK[6]「10」「LAURA」
  • 寺杣彩[7]「ヒトトヒトトトウキョウトト」「れとろ」「遊びだす」「から…まで」「warming up」
  • 畦地真奈加「色は匂えど 散りぬるを」
  • Hauptbahnhof 「肝っ玉おっ母とその子どもたち」「和え物地獄変」

他多数

ディスコグラフィー[編集]

バンドではarのバンドマスターとして活動(4枚のフルアルバムを発表)、またソロユニットcluéとして活動。

ar (アル)

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st Album 2007年03月28日 plastic dish no rush ARW-101
  1. Joy shone from her face!
  2. triangle
  3. -4D
  4. walking..
  5. i+i
  6. Φ
  7. w11
  8. mawaru fire mawaru
  9. Circularity's animal
  10. discolor
  11. sleeping
  12. Spare the rod and spoil the child
自主レーベルにてリリース。sold out
2nd Album 2007年03月28日 moderate lights ARW-102
  1. moderate lights
  2. double face
  3. mother leaf
  4. audio test
  5. out ape
  6. love letter
  7. 3.1.4
  8. hcnn
  9. adam / 1009
  10. hosi to kimi
自主レーベルにてリリース。sold out
1st Mini Album 2008年09月25日 Royal straight flush no rush
  1. adam/1009
  2. i + i (new version)
  3. lovely dance
  4. out ape
  5. Thank U bye bye Robin Hood
  6. oneiromancy
  7. double face (live version)
sold out
3rd Album 2009年11月11日 LOVE LU LE LO XQER-1017
  1. LOVE LU LE LO
  2. Thank U bye bye Robin Hood
  3. マサシクダビンチ
  4. i + i (アイタスアイ)
  5. うさぎ
  6. Mr.parachuteman
  7. lovely dance ~あなたの中のボク~
  8. Q.
  9. Good morning angel
  10. HAPPY BIRTHDAY
  11. chu chu chu
  12. ユラユラオドレ
  13. ON
  14. double face (ダブルフェイス)
  15. くもりデー
THISTIME RECORDSからリリース。
4th Album 2012年04月04日 YON KNCA-11009
  1. breakin' Mama & Papa
  2. 赤坂ナイスデー
  3. ソワソワソワソワソワソワ
  4. help!
  5. 交響曲第2
  6. Lovely Someday
  7. unlucky gentleman Mr.jimmy
  8. 四季散歩
  9. ふるさと
  10. ロニー
  11. ALARM for YOU
  12. HELLO ト
  13. ダーリン
  14. 1000の線路の上を
PCI RECORDSからリリース。


clué

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st Mini Album 2015年02月20日 prologue SAKU-1001
  1. HELLO
  2. I walk night in woods
  3. 雪が降るから
  4. TEN
  5. Light
SAKU RECORDS
1st Mini Album(LPレコード) 2015年04月18日 prologue SAKU-1002
  1. HELLO
  2. I walk night in woods
  3. 雪が降るから
  4. TEN
  5. Light
SAKU RECORDS

ファッションコラボレーション作品

  • CLUÉL BEHIND THE SCENES VOL.01[8]

アーティスト[編集]

  • FBIレーベルのダンスミュージックアルバム用に松浦晃久とのピアノコラージュ作品を制作
  • ピアニスト清塚信也のアルバム『Romantic crime』『Qualia』全曲編曲(松浦晃久、佐々木聡作と共同)[21]

脚注[編集]

  1. ^ フジモトヨシタカ (2019年9月9日). “三児の父” (日本語). @clue_Fuji. 2019年9月9日閲覧。
  2. ^ J-WAVE WEBSITE : RADIO SAKAMOTO”. www.j-wave.co.jp. 2007年5月15日閲覧。
  3. ^ 『♫ moderate lights - ar. Listen @cdbaby』2007年https://store.cdbaby.com/cd/arband2007年12月12日閲覧 
  4. ^ Instagram投稿の投稿者: 米津玄師 kenshi yonezu 日時: 2019年 1月月22日午後4時20分UTC” (日本語). Instagram. 2019年1月30日閲覧。
  5. ^ arが解散を発表”. 音楽ナタリー. 2012年12月20日閲覧。
  6. ^ fujimotoyoshitaka.com. “フジモトヨシタカ - Fujimoto Yoshitaka - 公式HPフジモトヨシタカ – Fujimoto Yoshitaka” (日本語). フジモトヨシタカ - Fujimoto Yoshitaka. 2020年3月8日閲覧。
  7. ^ 元arのフジモトヨシタカ、ソロユニットで初作品リリース”. 音楽ナタリー. 2015年2月20日閲覧。
  8. ^ (日本語) 『『CLUÉL BEHIND THE SCENES VOL.01』 by フジモトヨシタカ』2018年https://linkco.re/agP03C082018年10月10日閲覧 
  9. ^ WOWOWオリジナルドラマ キン肉マン THE LOST LEGEND|オリジナルドラマ|ドラマ|WOWOW” (日本語). WOWOW. 2021年6月9日閲覧。
  10. ^ 優里の『ドライフラワー』と『かくれんぼ』の世界がドラマ化!2つの楽曲のクロスストーリードラマ「ドライフラワー -七月の部屋-」(全3話)がHuluにて独占配信決定!8月13日(金)に第1話配信スタート! | 優里 | ソニーミュージックオフィシャルサイト” (日本語). 優里 | Sony Music. 2021年9月1日閲覧。
  11. ^ WOWOW初の法医学ドラマ”. 日曜オリジナルドラマ. 2016年6月20日閲覧。
  12. ^ こえ恋”. テレビ東京 こえ恋公式サイト. 2016年7月20日閲覧。
  13. ^ アラサーちゃんオリジナルサウンドトラック配信開始”. テレビ東京 アラサーちゃん公式サイト. 2014年10月20日閲覧。
  14. ^ 哀愁しんでれら”. 哀愁しんでれら公式サイト. 2020年9月10日閲覧。
  15. ^ ちょっとまて野球部!”. ちょっとまて野球部!公式サイト. 2017年9月10日閲覧。
  16. ^ 泣き虫ピエロの結婚式”. 泣き虫ピエロの結婚式公式サイト. 2016年5月10日閲覧。
  17. ^ インテルのSP動画が“泣ける!!”と話題「テクノロジーにも“心が通う”」”. oricon style」. 2014年4月8日閲覧。
  18. ^ 〈マキシム〉〈ちょっと贅沢な珈琲店〉 COFFEE & BLUE あなたらしい“青”でコーヒーを愉しもう”. AGF 公式チャンネル. 2016年10月2日閲覧。
  19. ^ フジモトヨシタカTwitter”. フジモトヨシタカTwitter. 2016年11月17日閲覧。
  20. ^ 竹内アンナがJ-WAVEの新ジングル歌う、制作はフジモトヨシタカ | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年2月9日閲覧。
  21. ^ 清塚信也デビューアルバム”. ROMANTIC-CRIME. 2007年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]