安達哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

安達 哲(あだち てつ、昭和43年、1968年2月10日[1] - )は、日本の男性[1]漫画家東京都出身[2]。血液型はO型。

画塾に通い、高校卒業後は美術専門学校に顔を出すもすぐに行かなくなった。1986年に、『卒業アルバム』で『週刊ヤングマガジン』の新人賞を受賞しデビュー。2003年、『バカ姉弟』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

代表作に『さくらの唄』、『お天気お姉さん』、『バカ姉弟』など。車はアウディ、趣味は相撲錦絵鑑賞(1992年当時)

作品リスト[編集]

 実写作品として映画、オリジナルビデオ、テレビドラマ化されたほか、OVA化もされた。
 第7回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞
  • トンビ(原作:史村翔洋、講談社、1996年、ヤングマガジン15周年記念作品集 米「コメ」掲載、モノクロ前後編、計77P)
  • シュセンドー(原作:金成陽三郎ビジネスジャンプ、2010年2号‐2010年11号、全1巻)

未刊行作品 [編集]

  • 子供たちをよろしく(週刊ヤングマガジン、1995年8月21・28合併号 No.35・36、頭3ページカラー以降モノクロ、41P) 
  • 安達 哲のヘイ!チャウチャウドッグ(rockin'on掲載、1995年8月号から1996年5月号、1号につき2ページ掲載、モノクロ) 
  • 山内一清の妻(江口寿史 責任編集 コミックキュー掲載、1997vol.3、イーストプレス モノクロ24P 読切)
  • E-Oppersと企画でカラーポスター作品を掲載(ヤングマガジンUppers、1998.8.5号通巻8号) 
  • 女だらけ雀(原作:北海塩蔵、竹書房、「近代麻雀ゴールド」2000年7月 読切掲載 センターカラー30P)
  • ギャル雀(原作:有元美保、竹書房、2000年11月号から2001年11月号まで「近代麻雀ゴールド」に連載)
  • シュー・マイスター柊圭吾(原作:大塚洋史、ビジネスジャンプ、2007年18号通巻620号 読切掲載 センターカラー52P)
  • カメコとマダム(原作:樫田正剛、ビジネスジャンプ、2008年4号通巻632号 読切掲載 センターカラー35P)
  • コドモ警察(月刊ヒーローズ、2013年4号 読切掲載 センターカラー22P 「case1.ガスパニック」「case2.男・ブル刑事」の2話を掲載)

対談 [編集]

  • PATI-PATI SPECIAL ISSUE 電気グルーヴマガジン(ピエール瀧との対談掲載、カラー2P、貴重な安達哲の写真2点も掲載、1992年ソニーマガジンズ)

関連項目[編集]

  • 流星光:過去に安達の元でアシスタントを務めていた経験を持つ
  • ゴトウユキコ:OLラッパー・ノセレーナとの対談「人の話が聞こえない。vol1」の中で影響を受けた漫画家として安達哲の名を挙げている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、18頁
  2. ^ 安達哲プロフィール - コミックナタリー