野嶋剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野嶋 剛
(のじま つよし)
人物情報
生誕 1968年(53 - 54歳)
日本の旗 日本福岡県福岡市
国籍 日本の旗 日本
出身校 上智大学文学部
法政大学大学院環境マネジメント研究科
学問
研究分野 マスコミュニケーション
メディア
ジャーナリズム
研究機関 大東文化大学
学位 修士環境マネジメント) 法政大学
学会 日本マスコミュニケーション学会
日本台湾学会
主な受賞歴 文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
樫山純三賞
卓越新聞獎最佳新聞評論獎
公式サイト
野嶋剛公式ホームページ
脚注
テンプレートを表示

野嶋 剛(のじま つよし、1968年5月 - )は、日本ジャーナリスト

略歴[編集]

福岡市生まれ[1]上智大学文学部新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。1992年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月よりフリーとなった。台湾、香港、中国問題などで活発にルポや評論を発表している。また、著書の多くが、台湾、中国で刊行されている。

2013年発刊の訳著『チャイニーズ・ライフ――激動の中国を生きたある中国人画家の物語』で、2014年に第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2016年には『台湾とは何か』で第11回樫山純三賞(一般書部門)を受賞した。2018年には、台湾で外国人として初めて、優れたジャーナリストに贈られる卓越新聞奨(ニュース評論部門)を受賞している。2019年4月より大東文化大学社会学部特任教授(メディア及びジャーナリズム論)。

主張[編集]

著書[編集]

単著[編集]

訳書[編集]

  • 李昆武,フィリップ・オティエ『チャイニーズ・ライフ――激動の中国を生きたある中国人画家の物語』明石書店 2013

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 野嶋剛のブログ
  2. ^ “親中”ウクライナと“パートナー”ロシアの板挟みに揺れる中国…3期目を狙う習近平主席の胸中は - ライブドアニュース
  3. ^ 新中国論: 台湾・香港と習近平体制 平凡社新書 著者 野嶋剛 P200-P201
  4. ^ 新中国論: 台湾・香港と習近平体制 平凡社新書 著者 野嶋剛 P198
  5. ^ 東アジアに広がる「いまどきの『独立』」 - Yahoo!ニュース