香港独立運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香港の独立派の象徴となっている、「香港旗」という旗。
デモ隊が中国駐香港連絡弁公室の前で香港旗を掲げた。
2011年七一大遊行で掲げられた龍獅旗
香港建国と落書きされた壁

香港独立運動(ホンコンどくりつうんどう、繁体字中国語: 香港獨立運動簡体字:香港独立运动)は、香港香港人が主権を有する独立国家を建設する事を目指した政治運動[1]。略称は港独(港獨)。

概要[編集]

香港主権移譲以降、多くの香港人は中国共産党による影響下にある特別行政区において、法治、自由、民主主義、経済の面で懸念を表明しており、一部はシンガポールのような独立した都市国家になることを求めている。

香港大学の調査によると、香港独立に賛成する香港人は2005年時点で22%だったのが2007年時点で25%に上昇している。反面、香港独立に反対する香港人は64.7%にのぼる。一国二制度の50年間の保証が失効する2047年の時点で、中国共産党による中華人民共和国の一党独裁が続いていた場合は独立を支持する香港人は33%にのぼる[2]

なお、完全な独立を求めるという点において香港自治運動英語版とは異なる。

ノーベル平和賞受賞者の劉暁波は自著『統一就是奴役...劉曉波論臺灣、香港及西藏』において、大一統中国民主化は両立できず、チベット台湾香港は独立させるべきだと主張した[3]中国民主化活動家の中で分裂を認める言論を諸夏主義という。

2016年、香港の本土派の中でも明確に独立を主張する香港独立党が誕生したが、2018年9月23日に香港政府から活動禁止を命じられた。政治団体への禁止命令は、1997年の香港主権移譲後では初めてとされる[4]

劉仲敬は「中国社会が崩壊しないと中国共産党は崩壊しないので、中国社会全体が崩壊して初めて香港は自由になれる」「広東省が独立しないと香港は安全ではない」と述べている[5]

国家安全法成立後[編集]

2020年に国家安全法が成立すると、香港独立の主張は違法行為となっている。

  • 2020年7月1日には、香港で「独立」の旗を掲げ初の逮捕者がでた[6]
  • 2021年11月12日香港の「キャプテン・アメリカ2.0」と呼ばれていた馬俊文が、香港の商業施設などで中国からの独立を主張するスローガンを叫んだり、プラカードを掲げたことで禁錮5年9か月の実刑判決となった[7][8]2021年7月には、唐英傑広東語版が「香港を取り戻せ」と書かれた旗を掲げてバイクで警官にぶつかったことで懲役9年の実刑判決となっている[9][10]

沿革[編集]

脚注[編集]

香港独立派の政党、団体[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]