大一統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大一統(だいいっとう)とは、中国における思想であり中華思想と関連する思想である。

概要[編集]

「大一統」とは、紀元前に成立した儒教の経典『春秋公羊伝』の言葉[1]であり「一統をたっとぶ」という意味である。[2]もともとは、中国の社会安定、幸福追求、政治聡明などを意味したものであった。その後の施政者により、中華の文化を有するところは中華民族とされ、中華の歴史を有する土地を中華の土地とする思想に切り替わった。[3] 中国は始皇帝以来、中央集権の専制支配が出現した。この政治安定下で中国文明は栄え、天下の中心となり、人々の憧憬の的となった。その中で、宗法一体化という大一統保全機構を内蔵し、民族統一、文化統一、領土統一が大一統であると指摘する。[4] ノーベル平和賞受賞者の劉暁波は著書「統一就是奴役...劉曉波論臺灣、香港及西藏 」にて、大一統中国民主化は両立できず、チベット、台湾、香港を独立させるべき主張した。[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『春秋公羊伝』隠公元年「何言乎王正月。大一統也」
  2. ^ 中国が領土に固執するのはなぜか? 中華思想「大一統」の強い呪縛
  3. ^ “大一統”的思想 - 東方印象
  4. ^ 『 中国社会の超安定システム── 「 大一統 」 のメカニズム── 』 ( 研文出版、1987.5.25/1992.9.15 )
  5. ^ 如果統一就是奴役...劉曉波論臺灣、香港及西藏