九井諒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九井 諒子(くい りょうこ)は、日本漫画家、同人作家。

来歴[編集]

同人作家としての一面も持ち、同人誌即売会pixiv、自身のウェブサイト等で作品を発表していた[1]

2011年より、商業誌にて作品の発表を開始[1]

2013年、『ひきだしにテラリウム』で第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞[2]

2014年、自身初の長編連載『ダンジョン飯』を開始。『ダンジョン飯』にて、「2015年度 コミックナタリー大賞」、「2016年度このマンガがすごい!」、「THE BEST MANGA このマンガを読め!2016 」、「全国書店員が選んだおすすめコミック 2016」で1位を獲得している[1]

作品[編集]

連載中[編集]

単行本[編集]

イベントなど[編集]

  • 九井諒子「竜のかわいい七つの子」「竜の学校は山の上」合同原画展(2012年10月1日 - 11月17日)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 九井諒子”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ. 2016年10月27日閲覧。
  2. ^ 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品 第17回マンガ部門”. 文化庁メディア芸術祭. 文化庁. 2016年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]