荒神 (宮部みゆきの小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒神
著者 宮部みゆき
イラスト こうの史代
発行日 2014年8月20日
発行元 朝日新聞出版
ジャンル ファンタジー
アドベンチャー
時代劇
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製
ページ数 568
コード ISBN 978-4-02-251204-8
ISBN 978-4-10-136941-9文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

荒神』(こうじん)は、宮部みゆきによる長編小説である。朝日新聞2013年3月から2014年4月まで連載された[1]。挿絵と題字はこうの史代が担当した[2]関連作品も参照)。2014年8月に朝日新聞出版より単行本が出版され、2017年6月には新潮文庫版が出版された。

2018年2月にNHK BSプレミアムスーパープレミアムスペシャルドラマとしてテレビドラマ化された[3]

あらすじ[編集]

関ヶ原の戦いから100年後。東北地方[4]の永津野藩では藩主側近の曽谷弾正を中心に改革が進められていた。弾正は養蚕を振興して藩の財政を潤わせる一方、「牛頭馬頭」と呼ばれる役人たちを率いて反抗的な領民を弾圧。更に隣藩の香山藩領民を拉致して労役を課すなど非道な圧政を敷いていた。そんな中、香山藩国境の仁谷村が壊滅し、生き残った村民たちが永津野側へ逃亡するという事件が起きる。村民たちはまるで牛頭馬頭より恐ろしい「何か」から逃げ出したかのようであった。

一方、国境の名賀村に暮らす弾正の妹・朱音は仁谷村の生き残りの少年・蓑吉を保護する。「山のように巨大な怪物が村を襲った」という蓑吉の証言を聞いた朱音や村の用心棒・宗栄、相模藩の絵師・圓秀らは半信半疑ながらも調査に乗り出し、仁谷村村民が捕らえられているという砦へ赴く。すると件の怪物が出現、砦を破壊してしまった。独自に事件を調査していた香山藩の番士・小日向直弥と合流した一同は、藩の垣根を超えて怪物対策に取り組むことを決意する。

しかし、怪物の正体には香山・永津野両藩の100年に渡る因縁、そして弾正・朱音兄妹の出生の秘密が深く関わっていた。

登場人物[編集]

  • 朱音(あかね)[5]
本作の主人公。心優しく働き者な37歳の女性。孤児として引き取られた寺から弾正の屋敷へ移り住んだものの、やがて国境の名賀村にある屋敷「溜屋」で生活を始める。兄との間にある秘密を抱えている。
  • 曽谷弾正
朱音の双子の兄。かつては孤児として寺に預けられていたが武家の養子になり、御前試合に優勝して永津野藩藩主側近へ成り上がった過去を持つ。藩の改革に取り組んでいるが、そのやり口は冷酷非道で妹や領民たちからも恐れられている。
  • 榊田宗栄
江戸から来た浪人を名乗る男性。庄屋の孫を助けた縁で恩人として名賀村に迎え入れられ、溜屋の用心棒として暮らしていた。一連の事件の中で朱音と惹かれあっていく。平時は昼行燈だが剣術や活法に優れる。
  • 菊地圓秀
諸国を旅し、描いている相模藩御抱絵師。常軌を逸した絵への執着心を持ち、眼前で怪物が暴れていてもその姿を描き写そうと試みるほど。彼が滞在していた光栄寺で不可解な事件が起きた為、直弥に永津野藩の間者ではないかと疑われる。
  • 小日向直弥
香山藩番士の男性。流行病を巡って香山藩主の側室から理不尽な逆恨みを受けた為に隠遁生活を送っており、仁谷村の事件を独自に調査していた。また圓秀とは文通していたが、光栄寺の事件以降は彼を間者ではないかと疑い始める。
  • 蓑吉
仁谷村で暮らしていた少年。怪物に襲われたものの朱音に救助されたことで九死に一生を得て、溜屋に匿われる。
  • 源一
仁谷村一番の鉄砲撃ちの老人。村を壊滅させた怪物を討伐しようと追跡を続けている。
  • 土御門
仁谷村を壊滅に追いやった怪物。眼を持たない巨大なトカゲの如き姿をしており、口から胃酸や可燃性ガスを吐き出す。その正体は強大な軍事力を持つ永津野藩に対抗する為、香山藩が100年前に土塊から造り上げた兵器というべき存在。

書籍情報[編集]

関連作品[編集]

テレビドラマ[編集]

荒神(こうじん)
ジャンル テレビドラマ
時代劇
原作 宮部みゆき
脚本 山岡潤平
監督 松浦善之助
演出 松浦善之助
出演者 内田有紀
平岳大
平岡祐太
柳沢慎吾
製作
製作総指揮 加賀田透
櫻井壮一
制作 NHK
放送
音声形式 解説放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年2月17日
放送時間 土曜21:00 - 22:50
放送分 110分
回数 1
スーパープレミアム「スペシャルドラマ 荒神(こうじん)」
テンプレートを表示

2018年2月17日21時 - 22時50分に、NHK BSプレミアムスーパープレミアムスペシャルドラマとして放送された[7]。地上波では総合テレビにて同年4月30日13時05分 - 14時55分に放送されている[8]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ こうの史代のオールカラー挿絵集「荒神絵巻」”. コミックナタリー (2014年8月19日). 2018年3月31日閲覧。
  2. ^ 朝刊連載小説に宮部みゆきさん「荒神」”. BOOK.asahi.com. 朝日新聞社 (2013年3月5日). 2018年4月6日閲覧。
  3. ^ 宮部みゆき原作『荒神』スペシャルドラマ化 内田有紀が出演”. ORICON NEWS. オリコン (2017年5月16日). 2018年3月31日閲覧。
  4. ^ 細谷正充 (2014年10月19日). “荒神 宮部みゆき著 人間の業露わにする怪物騒動”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞. 2018年3月31日閲覧。
  5. ^ 宮部みゆきインタビュー 「物語のために」できることすべてを”. AERA dot. (アエラドット) (2014年8月14日). 2018年3月31日閲覧。
  6. ^ 『荒神絵巻』(こうの史代・絵と文)の世界を垣間見る”. AERA dot. (アエラドット). 2018年3月31日閲覧。
  7. ^ スペシャルドラマ「荒神」メインビジュアル・放送日決定!”. NHKドラマ (2017年12月22日). 2018年3月30日閲覧。
  8. ^ 再放送情報 スペシャルドラマ「荒神」”. NHKドラマ (2018年4月11日). 2018年7月3日閲覧。
  9. ^ 内田有紀:宮部みゆきの和風ファンタジーに挑戦 「CGと芝居をするのは大変」”. MANTANWEB (2018年1月23日). 2018年3月30日閲覧。
  10. ^ 宮部みゆき×内田有紀×怪物!『荒神』制作開始”. NHKドラマ (2017年5月16日). 2018年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]