西島大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西島 大介
生誕 (1974-10-05) 1974年10月5日(44歳)
職業 漫画家
活動期間 1990年代中盤 -
受賞 第35回星雲賞 アート部門
公式サイト 西島大介 - Jimdo
テンプレートを表示

西島 大介(にしじま だいすけ、1974年10月5日[1] - )は、日本漫画家イラストレーターライター映像作家東京都出身で広島県広島市育ち。既婚者で二児の父。2011年から第2の故郷である広島市に再転居[2][3]

概要[編集]

1990年代中盤から、「コミッカーズ」(美術出版社)などでイラストレーターとして活躍。2004年に『凹村戦争』で漫画家デビュー。以降、「SFマガジン」「ファウスト」など、サブカル系の文芸誌を仕事の舞台にしている。現在は、2015年3月に公開した映画『世界の終わりのいずこねこ』の共同脚本を手がけ、自らの手でコミカライズした同名作『世界の終わりのいずこねこ』がwebマガジン「ぽこぽこ」にて連載された[4]。また、DJまほうつかい名義で、エレクトロニカの楽曲を発表、姫乃たまとのユニットひめとまほうとしても活動している。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

単行本
  • 凹村戦争(早川書房、2004年ハヤカワ文庫JA2010年
  • 世界の終わりの魔法使い(九龍COMICS、河出書房新社2005年
    • 恋におちた悪魔----世界の終わりの魔法使いII(河出書房新社、2006年
    • 影の子どもたち----世界の終わりの魔法使いIII(河出書房新社、2009年
    • 小さな王子さま----世界の終わりの魔法使いIV(KCピース講談社2012年
  • ディエンビエンフーニュータイプ100%コミックス角川書店、2005年)
  • 土曜日の実験室―詩と批評とあと何か(INFASパブリケーションズ、2005年)
  • アトモスフィア 上・下(ハヤカワSFシリーズ Jコレクション、早川書房、2006年)
  • All aboutマンガっち(INFASパブリケーションズ、2007年)
  • アトムちゃん(角川書店、2009年)
  • 魔法なんて信じない。でも君は信じる。(大谷能生の論考を付属、太田出版、2009年)
  • I Care Because You Do(KCピース、講談社、2012年)
  • すべてがちょっとずつ優しい世界(KCピース、講談社、2012年)
  • Young, Alive, in Love(ヤングジャンプコミックスDIGITAL集英社、2013年 - 2014年、全3巻)
  • All those moments will be lost in time(ハヤカワSFシリーズ Jコレクション、早川書房、2013年)
  • 夏の彗星 西島大介コミックス未収録作品集(単行本コミックス、角川書店、2014年) - 以下の作品を収録(掲載順)
    • 夏の彗星(『新現実』Vol.3、角川書店、2004年)
    • サーフィン・オン・サイン・ウェーブ(『新現実』Vol.1、角川書店、2002年)
    • ジョージ・アダムスキー連続体(早川書房『S-Fマガジン』2003年7月号)
    • 宇宙(そら)色のブーケ(早川書房『S-Fマガジン』2005年7月号)
    • きみが僕のこと好きになってほしい(幻冬舎ポンツーン』2001年11月号 - 2006年1月号に連載、全3回)
    • おりんとこりん(『新現実』Vol.2、角川書店、2003年
    • むさしのジョギング日記(『モーニング・ツー』12号、講談社、2008年)
    • ふらんすジョギング日記(『モーニング・ツー WEB』2009年8月22日公開、講談社)
  • 世界の終わりのいずこねこ(太田出版2015年
単行本未収録漫画
  • 空飛ぶリス(早川書房『S-Fマガジン』2001年1月号 - 12月号に連載、全12回)
  • くもはち。(講談社『メフィスト』2003年5月号 - 2005年1月号に連載、全6回、原案:大塚英志
  • 妖怪小戦争(角川書店『エース特濃』Vol.9に掲載、原作:大塚英志、2004年)
  • あたらしいうた(単行本未収録だが、画集『くらやみ村のこどもたち』に収録)
画集
  • くらやみ村のこどもたち(宝島社、2014年)
絵本
イラストコラム
  • 遊星からの物体SEX(『ファウスト』Vol.1 - Vol.6 SIDE-Bに連載、講談社、2003年 - 2005年)
  • X-JAPAN復活東京ドーム3DAYS「破壊の夜」完全レポート『破壊の夜は断じて勝ち組っ!?』(『ファウスト』Vol.7、講談社、2008年
イラストカット
  • 化物語(アニメ第11話エンドカード)
  • ユリイカ 総特集†魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女に花束を(2011年11月臨時増刊 口絵)
  • つぐもも(アニメ第3話エンドカード)

他多数

表紙イラスト
顔出しパネルのイラスト
ラジオ
  • 一隅の仕事びと(広島エフエム放送 2014年 インタビュアー)
  • 西島大介のすべてがちょっとずつ優しいラジオ(2013年12月30日17:47~19:00、RCCラジオ

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西島大介 - コミックナタリー”. ナタリー. 2019年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 中国新聞2012年7月27日
  3. ^ 中国新聞から取材をうけました|せかいまほうBLOG
  4. ^ 世界の終わりのいずこねこ - ぽこぽこ作品紹介ページ
  5. ^ 「ひらめき☆マンガ教室」2期生募集中、新ゲスト講師に田中圭一や古屋兎丸ら”. コミックナタリー (2018年3月14日). 2019年4月8日閲覧。
  6. ^ 西島大介プロデュースのアイドル企画「迷ゐゴ」が始動、メンバーをマンガ化”. コミックナタリー (2019年2月14日). 2019年4月8日閲覧。
  7. ^ 西島大介が神林長平の小説「絞首台の黙示録」で装画担当、原画はF50サイズ”. コミックナタリー (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]