出瀬潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出瀬 潔
ハイスクール!奇面組』のキャラクター
登場(最初) 『3年奇面組』第1話
「奇面組登場 HOW MANY へんな顔!?の巻」
作者 新沢基栄
声優 二又一成
プロフィール
性別 男性
種類 人間
国籍 日本の旗 日本
肩書き 学生
親戚 出瀬千田郎(父)
出瀬質代(母)
出瀬清(妹)
テンプレートを表示

出瀬 潔(しゅっせ きよし)は、漫画『3年奇面組』、『ハイスクール!奇面組』の登場人物。(二又一成

概要[編集]

プロフィール[編集]

昭和39年生まれ。身長は50[1]~170cm。血液型はA型[2]奇面組のメンバーで、立ち位置は右から2番目。

性格[編集]

一人称は「俺」。通称「むき歯の潔」。尖った頭と細い目が特徴的で、奇面組の中で最も表情の変化が分かりにくい(まゆ毛と顔色でしか判断できない)。あだ名の由来にもなった歯は出っ歯である。髪形が字に逆立っている。他のメンバーと行動を共にしたこともあって、中学校を3回落第しているため、高1時は19歳。スケベで女に弱いが、スケベなことを誇りにしており、スケベが出てくる昔話を妹に読み聞かせたり、メンバーにスケベ講座を開いたりしている(そこでは卑猥にならないよう力説したりもしている)。特技はスカートめくり。妹のスクール水着を盗んだこともあるが、友達である河川唯宇留千絵には手を出さない(アニメでは余興で千絵のスカートをめくったことはある)。

惚れっぽく、好きになった女性には尽くすタイプだが、肝心の相手に嫌われているため、ほとんどが告白即失恋に終わる。ラブレターの返事は全て罵倒であった。意外に真面目な一面も伺える分だけ、余計にその惨めさが際立つ。女性人気の低さが災いしたのか、『週刊少年ジャンプ』でキャラクター人気投票があった時は、2回とも奇面組で最下位だった(1回目は男性キャラクター17位、2回目は順位不明だが総合で21位以下)。作者からも私服シーンで「何着せても似合わんやっちゃ」と欄外に書かれている[3]。ただし、成人式用のスーツを一式持っているなど身だしなみには気を遣っている。

部屋にはエッチなビデオやポスターがたくさんあり、もう一つの趣味である盆栽が飾ってある。また、家が銭湯であることを利用して覗きをしている。女湯を見ることが出来る銭湯の番台に上がることを目標にしているが、親も性格を熟知しているのでなかなか許可が下りない(父・千田郎曰く「番台に座るのはお前のスケベ心が消えてから」)。好きな女性のタイプは作者と同じで、相本久美子大竹しのぶ榊原郁恵浅田美代子。若干ロリコン気味だが性犯罪に走るということはない。スケベキャラではあるが、連載していたのが少年誌であるため、過激なエロキャラの描写は無く、あくまでスケベな男というキャラで描かれている。

作者の新沢基栄は、「奇面組の中では一番動くキャラ」と語っている[4]。対決シリーズでは初戦で敗北することがあり、主戦力というよりも仲間に作戦を授けたり、解説に回ったりすることから、奇面組のブレーン的存在。新沢は「奇面組のメンバーで一番ブサイクだが、一番、常識をわきまえている」とも語っている。奇面組のメンバー全員にいえることだが、自分の専門分野が話題にならない限り、極めて常識人であるため、彼の場合、下ネタが少ない本作品の中では、必然的にメンバー内では最も特徴が無く見えることが多い。

メンバーの中では大間仁とは特に気が合い、よくつるんでいる模様。朝なかなか起きない彼を学校に連れて行くのが日課となっている。しかし、奇面組結成前までは、全く馬が合わず、嫌っていた[5]

他の奇面組メンバー同様、読切時は「潔」という名前のみが決定していた。正式連載において「出席良し」とかけて「出瀬」となった。このことから、『3年奇面組』では遅刻が多い奇面組メンバーの中では唯一、遅刻が少ないと設定されていたが、アニメでは後に、一応高の(一先高時代からの)連続遅刻ワースト記録52日に、奇面組5人揃って並んでしまっている。

高校卒業後は銭湯の手伝いをしながら夜学に通う。5年後を描いた最終回では髪形をリーゼントにしている。念願の番台を任されているが、新沢曰く「未だ煩悩全開である」という[4]

番外編での潔[編集]

  • 「刑事編」では島津署特犯課の刑事として登場。刑事稼業の傍ら夜間大学に通っている。通称「ガクラン」(勤務中もガクランを着用しているため)。大学では空手部に所属していて「ドラゴン」と呼ばれているが、空手で犯人を倒そうとするも全く通用しなかった。
  • 「ウルトラ編」では宇宙科学防衛警備一応秘密武装怪奇とにかく怪獣やっつけ隊(通称「やっつけ隊」)の隊員として登場。戦闘機「カープ1号」のパイロット。怪獣に名前をつけるのが得意と設定されている。

家族と実家[編集]

いずれも『ハイスクール!』より登場。千田郎は「銭湯配置につけ! 女湯編の巻」、質代と清は「正義のスケベ 出瀬潔の巻」より登場。

出瀬千田郎(しゅっせ せんだろう)
声 - はせさん治
銭湯「がんばりまっし湯」の主。番台も務める。潔同様の顔と性格をしているが、仕事においてはとても真面目。本人曰く「健康だけが取り得」。
出瀬質代(しゅっせ しちよ)
声 - 佐久間なつみ
潔、清の母。ふくよかな体格で、肝っ玉母さん風。夫の千田郎とはお見合い結婚。
出瀬清(しゅっせ きよい)
声 - 鈴木富子
1971年生まれ 身長:145cm 体重:40kg[6] 血液型:O型[2]
潔の妹。当初は兄のスケベを勘違いし、誇りに思っていたが、それを作文にしてクラスで発表して嘲笑されたのがきっかけとなり、潔癖な性格となる。零の妹の霧、唯の弟の一平とは同級生で仲がよい。特に霧とは変態の兄(零・潔)を持つ者同士として、互いの苦労を理解しあう間柄。

がんばりまっし湯[編集]

銭湯。内装は普通の銭湯だが、覗き防止のために男湯と女湯を往来するための通用口にギロチンの罠を仕掛けてあったり、敷居の上に高圧電流を流していたり、マナーの悪い客を追い払うためにのジョージを飼っている(千田郎によると、紳士なので生肉を食べることはないという)など、防衛設備が満載されている(全て千田郎の手作りらしい)。一度潔の提案で1分以内にあがれば無料というルールが採用されたが、誰も成功しなかった。開業以来、休みの日以外休んだことはない。潔の代で3代目[4]

一度、奇面組が訪れた際は、改装のために男湯が狭くなっていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後藤広喜編「永久保存版!! JUMPオールキャラクター総勢148名!! 名鑑」『週刊少年ジャンプ 1986年37号』集英社、1986年8月25日、雑誌29934-8/25、11頁。
  2. ^ a b Popeye増刊「対戦型奇面組キャラクターカード大図鑑」『帰ってきた ハイスクール!奇面組』マガジンハウス、2000年12月1日、雑誌27136-12/01、81-94頁。
  3. ^ 新沢基栄「寒中お見舞い申し上げますの巻」『3年奇面組 第2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1981年11月15日、ISBN 4-08-851342-8、77頁。
  4. ^ a b c 新沢基栄「奇面の源Part.2 Act.2『はじめての番台』の巻」『帰ってきたハイスクール!奇面組』〈ジャンプコミックスデラックス〉、ISBN 4-08-859419-3、34頁。
  5. ^ 新沢基栄「あの頃の友だちの巻(後編)」『ハイスクール!奇面組 第12巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1986年2月15日、ISBN 4-08-851358-4、115頁。
  6. ^ 新沢基栄「(保存版)奇面組キャラクター名鑑<女性編>」『ハイスクール!奇面組 第9巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1985年6月15日、ISBN 4-08-851355-X、108頁。