COMIC Crimson

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

COMIC Crimson』(コミック クリムゾン)は、かつて創美社が発行し、集英社が発売していた日本隔月刊少女漫画雑誌1998年3月創刊、2003年5月休刊。通算32号が発行された。当初は『オフィスユー』の増刊扱いだったが、2000年11月発売の2001年1月号から独立した。

歴史[編集]

創刊時より高河ゆんなるしまゆりの2人を看板に擁してファンタジー少女漫画誌という方向性を打ち出し、その後さらに『月刊コミックPocke』休刊によるくさなぎ俊祈の移籍、本誌新人賞出身の石動あゆまの台頭[1]と充実してきたかのようにも思われた。しかし売り上げは今ひとつだったらしく、2003年5月発売の7月号(通算32号)をもって休刊となった。休刊の決定から最終号の発売まであまり時間がなかったらしく、ある漫画家が自身のホームページでグチったほか、連載中の多数の作品で最終巻に描き下ろしが追加された(なるしまゆり「プラネット・ラダー」のように、移籍の誘いを断り1冊丸ごと描き下ろしたものもある)[2]

なお、本誌及び単行本(クリムゾン・コミックス)の発売は集英社が行なっていた。

主な連載作[編集]

※は、最終号に掲載されたもの。

脚注[編集]

  1. ^ 石動は第1回新人賞で佳作を受賞。この他に新人賞受賞者では、谷澤みきなどが後に連載を持った。
  2. ^ 「プラネット・ラダー」7巻カバー下に、その旨の記載がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]