ジョナサン・ジョースター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョジョの奇妙な冒険 > ファントムブラッド > ジョナサン・ジョースター
ジョナサン・ジョースター
ジョジョの奇妙な冒険のキャラクター
初登場 原作・「侵略者ディオの巻」
アニメ・第1話 「侵略者ディオ」
作者 荒木飛呂彦
小杉十郎太
田中秀幸
中井和哉
小西克幸
興津和幸
詳細情報
愛称 ジョナサン
ジョジョ(JOJO)
種族 人間
性別 男性
親戚 ディオ・ブランドー義兄弟
ジョージ・ジョースターI世(
エリナ・ジョースター(
ジョージ・ジョースターII世(息子
エリザベス・ジョースター(リサリサ)(義娘、息子ジョージII世の妻)
ジョセフ・ジョースター
空条ホリィ(曾孫
東方仗助曾孫
静・ジョースター(義理の曾孫。ジョセフの養子)
空条承太郎玄孫
空条徐倫来孫
国籍 イギリスの旗 イギリス
テンプレートを表示

ジョナサン・ジョースターJonathan Joestar)は、荒木飛呂彦漫画ジョジョの奇妙な冒険』に登場する架空の人物。

Part1『ファントムブラッド』の主人公。

姓名で愛称を「ジョジョ」にするための命名である。名前は、連載当時に荒木が打ち合わせなどに利用していたファミリーレストランジョナサンに由来している[1]という説が一般的であったが、これは名前を覚えてもらうための方便であり、実際にはデニーズで打ち合わせを行っていた[2]。順序が逆で、まずはデニーズで、連載中にジョナサンで打ち合わせするように変わり、ジョナサンの方の話が広まったという[3]

なお、本稿ではPart7に登場する同姓同名の人物ジョニィ・ジョースターについても述べる。

ジョナサン・ジョースター[編集]

1868年4月4日イギリス生まれ、血液型はA型。由緒ある英国貴族、ジョージ・ジョースター卿の一人息子。第二部『戦闘潮流』の主人公ジョセフ・ジョースターの祖父であり、第三部以降にも彼の子孫は登場する。

立派な「紳士」になることを目指して、日々努力を続ける少年。正義感が強く、生真面目で心優しい性格。また、どのような困難にも真正面から立ち向かうことのできる勇気を持っている。

作者の荒木は「ジョジョの歴代主人公同士が戦ったら誰が一番強い?」という問いに対して「実はジョナサンじゃない?」[4]と答えている。

担当声優(ジョナサン)[編集]

劇中での活躍[編集]

Part1『ファントムブラッド』[編集]

身寄りをなくし、ジョースター家の養子となった同い年の少年ディオ・ブランドーとの出会いにより、彼の運命は大きく揺れ動く。ジョースター家の財産乗っ取りを密かに企てるディオは、ジョースター家の正当な跡取り息子であるジョナサンを精神的に追い詰め堕落させるため、ジョナサンの愛犬ダニーを蹴って気絶させたのを手始めにして執拗な嫌がらせを繰り返す。ディオの策略によりジョナサンは次第に周囲から孤立していき、その仕上げとしてジョナサンの恋人・エリナを襲うが、ついに怒りを爆発させたジョナサンはディオに反逆。このとき、はじめてジョナサンはディオに勝利する。

ディオとの出会いから7年後、ジョナサンは身長195cm、体重105kgの巨漢に成長。心身共に立派な紳士として成長を遂げていた。大学ラグビーで活躍する傍ら、考古学を学ぶようになり、少年時代にディオとの喧嘩の際に偶然作動した「石仮面」に興味を持ち、研究していた。この頃にはディオとは友人となっているが、彼自身は幼い頃の体験から、本心からはディオに対して友情を抱けずにいた。

大学卒業間近となって父・ジョージ・ジョースターが突然病に倒れるが、ディオの父親が死の直前に書いた手紙を発見したことで、ディオが実の父親を病に見せかけて毒殺し、そして今回ジョースター卿をも手にかけようとしていることに気づく。ジョナサンは単身ロンドンの貧民街・食屍鬼街(オウガーストリート)に赴き、そこで出会ったゴロツキたちのボス・スピードワゴンの協力のもと、ディオの悪事の証人と解毒剤を携え屋敷に戻るが、追い詰められたディオは(ジョナサンをかばった)ジョースター卿を刺殺し、石仮面の力によって吸血鬼へと変貌してしまう。不死身の怪物と化したディオを倒すべくジョナサンは自ら屋敷に火を放ち、自身も深手を負いながら辛くもこれを倒した。その後偶然にもエリナの働く病院に搬送され、彼女の献身的な看病により意識を回復。実に7年ぶりの再会を果たした。

ディオとの闘いで負った傷がある程度回復し、エリナに付き添われて退院。その直後に、「仙道(波紋)」の達人であるウィル・A・ツェペリと出会う。彼はディオがまだ生きていることをジョナサンに告げ、石仮面に対抗するためには波紋の力が必要であると宣告する。ジョナサンはツェペリに弟子入りして波紋を修業し、これを体得。ディオを追う過程で師であるツェペリを失うが、彼が死ぬ間際ジョナサンに託した力で更なる成長をとげ、ディオとゾンビたちを倒す。

1889年2月2日、エリナ・ペンドルトンと結婚。新婚旅行中の2月7日、密かに生き延びていたディオに客船を襲撃される。致命傷を負い、死の淵に立ちながらもディオの配下を撃破し、船を爆発させることでゾンビたちの掃討を図る。エリナと生き残りの赤ん坊(後のリサリサ)を逃がすためディオの首を抱いたまま絶命し、客船の爆発に消える。21歳没。

Part2『戦闘潮流』[編集]

スピードワゴンとリサリサの回想に登場している。

ジョナサンは若くして亡くなったが、新婚旅行前にエリナが子供を授かっていて、ジョースター家の血筋は途絶えなかった。

Part3『スターダストクルセイダース』[編集]

ジョナサン自身はすでに死亡しているが、首から下の肉体をDIO(ディオ)に乗っ取られている。肉体は自らの子孫である承太郎たちに信号のようなものを送っており、それは彼らにスタンドが発現するきっかけになった一方、時にはそれが呪縛となって彼らを苦しめる結果にもなっている。

やがて、エジプトでDIOが承太郎との最終決戦で敗死した後、DIOの肉体は朝日の光によって灰と化して消滅したが、残った骨の一部は後々に多大な影響を与えることとなる。

Part3のOVA版では、承太郎が花京院に植え付けられていたDIOの肉の芽を通じ、Part1でのジョナサンとディオの対決を傍観するシーンが追加されている。

Part4以降[編集]

Part4『ダイヤモンドは砕けない』では、Part2当時に日本人女性がジョセフとの不倫を経て出産した主人公の東方仗助(ジョナサンの曾孫)が、Part3当時にスタンド「クレイジー・ダイヤモンド」の発現に伴う高熱によって、生死の境をさまよっている。成長後、さまざまなスタンド使いたちとの戦いを経た仗助にも、ジョースター家の血や精神が受け継がれている。

Parte5『黄金の風』では、Part3当時にDIOが妊娠させていた女性から主人公のジョルノ・ジョバァーナが誕生しており、ジョースターの血と精神が受け継がれている。

Part6『ストーンオーシャン』では、DIOの息子であるウンガロ、リキエル、ドナテロ・ヴェルサスの3人にもジョースター家の血が受け継がれているが、こちらは仗助やジョルノと違って精神までは受け継がれていない。また、DIOの親友であるエンリコ・プッチが、DIO(ジョナサン)の骨で誕生した「緑色の赤ちゃん」と合体し、主人公の空条徐倫たちを苦しめることになる。

VS JOJO『JORGE JOESTER』[編集]

主人公ジョージ(Jorge)の父である。リサリサは、幼少時に海難事故に遭遇した際に、彼の影響を受けて波紋呼吸法の基礎を体得した。カナリア諸島の海底に水葬されている。

未亡人となったエリナとジョージはカナリア諸島に在住していた後、1905年ジョージ16歳の年にイギリスに移住した。

波紋法[編集]

ズームパンチ
パンチを繰り出しつつ、腕の関節を外しリーチを伸ばす技。関節を外す際の痛みは波紋で和らげている。
山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーバードライブ)
波紋を打撃により叩き込む技。ジョナサンの技の中では最も強い波紋を放つ。パンチ一撃と後のPart3以降で見られるような拳のラッシュの2パターンがある。
青緑波紋疾走(ターコイズブルーオーバードライブ)
水中用の技。水に波紋を走らせ、遠くまで伝達させる。
銀色の波紋疾走(メタルシルバーオーバードライブ)
金属に波紋を伝達させる技。剣などを防ぎつつ攻撃することが可能。
緋色の波紋疾走(スカーレットオーバードライブ)
熱を発生させる技。なお劇中では自分に波紋を流したように見えるが、実際は自分の腕を通してブラフォードの髪に流している。
生命磁気への波紋疾走(せいめいじきへのオーバードライブ)
木の葉などに波紋を流し、一つに寄せ集める。劇中ではツェペリとともに巨大なグライダーを作り上げた。

スタンド能力[編集]

ジョナサンはPart1終盤で死亡しているため、ジョナサンがPart3から登場するスタンドを用いるシーンは存在しない。

だがPart3序盤でDIOがジョセフのハーミットパープル(隠者の紫)と似たスタンドを使っている。これはジョナサンは死んだが胴体をディオに奪われたことで肉体が生きていることで、スタンド能力に目覚めたDIOがジョナサンのスタンドを使用しているというシーンである。作中では説明不足で謎のシーンであったが、画集『JOJO A-GO!GO!』で「ジョナサンのスタンドである」と説明され確定した。水晶玉への念写を行うほか、ジョセフと異なりカメラを壊さず軽く叩くだけで念写ができているなど若干の差異が描写されている。

小説版『OVER HEAVEN』はディオ側の視点から語られ、このスタンドがエンヤ婆により「ハーミット・パープル」と説明される。さらに「同じ、または同じでなくとも似たようなスタンドをジョナサンの孫(ジョセフ)も持っている」とされている。※ジョースター側から「ジョセフのスタンドがハーミットパープルである」こととは逆視点の説明となっている。

Part3対戦型格闘ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』ではこのスタンドを使ったシーンは登場するが、スタンドは描かれていない。

ジョニィ・ジョースター[編集]

ジョニィ・ジョースター
ジョジョの奇妙な冒険のキャラクター
作者 荒木飛呂彦
水島大宙
梶裕貴
詳細情報
愛称 ジョニィ
性別 男性
親戚 理那・ジョースター(
ジョージ・ジョースターIII世(息子
ジョセフ・ジョースター
吉良・ホリー・ジョースター(曾孫
吉良吉影玄孫
虹村京(玄孫)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

Part7の主人公。ゼッケン番号?-939。19歳。ケンタッキー州出身。没落貴族の末裔で、幼い頃にイギリスに住んでいたことがある。

下半身不随により、引退を余儀なくされた元・天才騎手。「スティール・ボール・ラン」レースに参加するという謎の男ジャイロ・ツェペリと出会ったことで生きる希望を見出し、レース参加を決意する。

なお連載開始当初、雑誌掲載時は「ジョニー」だったが、単行本1・2巻にて「ジョニィ」とされ、以後はそちらで統一されるようになった。

劇中での活躍(ジョニィ)[編集]

Part7『スティール・ボール・ラン』[編集]

優秀な調教師で、裕福な牧場主でもあった父を持つ。自身も幼い頃から騎手として活躍しており、16歳でケンタッキーダービーの優勝を飾るほどだったが、その高慢な性格が災いし、順番待ちの列に割り込んだ際のトラブルで銃撃され、下半身不随となる。その後は過去の経験から「見えない宿命に縛られている」という考え方を持ち、後悔と失意に満ちた人生を送る。

あるとき北アメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」が開催されることを知り、その見物に来ていたところ、ジャイロ・ツェペリの使う「謎の鉄球」の「回転」の余波を受け、動かなかったはずの脚が微かに動いたことから、その秘密を知るために急遽レースに参加する。当初はジャイロに煙たがられていたが、ジョニィの実力と意志の強さをジャイロが認めて以降は協力関係という形で行動を共にしている。

レース序盤に「悪魔の手のひら」に遭遇し、左腕の「遺体」に取り憑かれたことでスタンド能力を身に付ける。遺体の影響で動かないはずの下半身が動いたことから、「遺体」の力に希望を見出だしてすべての部位の収集を決意する。

敵との戦闘は主にジャイロと共に行い、最終的にジョニィ、もしくはジャイロが単独で敵を打ち倒すことはあっても、最初から一人で戦うことは少なかった。回転の能力をもったことからジャイロに技術を教えてもらうことがあったが、逆にジョニィの「漆黒の意思」(目的を果たすためならば相手の命を奪うことすらも厭わない精神)にジャイロが影響を受けることもあり、レースが進むにつれ、その信頼関係は強まっていった。また、道中に度々ジャイロから突拍子の無いギャグを聞かされるときには大人な対応をみせている。

終盤ジャイロとともにお互いの秘密を打ち明けあった時に虫刺されフェチ(女性が虫に刺され、腫れ上がった皮膚に興奮する)であることを明かした。その後、大統領との決戦でジャイロと死別するも、遺志を受け継いでスタンドを進化させ大統領に勝利する。そして「遺体」と「無限の回転エネルギー」を得た影響か、ついに自らの両足で立ち、歩くことができるようになった。

しかし、敗北を悟った大統領がスタンド能力により連れてきた、並行世界の「時を止める」スタンド能力をもったディエゴに「遺体」を奪われ、取り戻すために最後の戦いに身を投じる。しかし大統領から情報を得ていたディエゴの命をかけた機転によりACT4の回転を自分自身に受けてしまい敗北。立ち向かう意志を失ったこともあって消滅の危機に晒されるが、危うくスティールに助けられる。

レースリタイヤとなるも生還する。『遺体』を収めた棺を背負い、またジャイロの愛馬ヴァルキリーを連れて、ヨーロッパ行きの船に乗船する。

Part8『ジョジョリオン』[編集]

レースの準優勝者でもあるノリスケ・ヒガシカタ(東方乗助(憲助))の娘・理那と1892年に結婚し、ジョージ・ジョースターIII世と女の子を授かったことが家系図で判明している。

公式の記録によると、1901年に日本政府の要望による馬術指導のために来日しており、杜王町で事故死している。享年29歳。当初は殺人事件かと疑われたが、調査の結果落石による不幸な事故と判明し、現場には供養のためお地蔵様(ジョースター地蔵)が作られた。

しかし杜王町に伝わる「ファンタジー伝承」によると、理那が原因不明の不治の病にかかり、それを取り除くことができるのは聖人の遺体のパワーのみと考えたジョニィは、収納されている地下シェルターから遺体を盗み出し、政府の追手から逃れて日本で理那の病を治すことに成功する。しかし直後、その病が息子のジョージに移動したことから、「どこかの誰かが必ず不幸を掴むことになる」と悟り、その連鎖を断ち切るために爪弾(ACT4)を遺体の上に乗せたジョージに撃ち、病と自らのスタンド攻撃を自分自身に移動させることによってジョージを病から救った。ジョニィ自身は病と爪弾による致命傷により死亡し、さらに聖人の遺体は付近の銀杏の葉っぱに「物体を瞬間的に移動させる能力」を残し、ジョニィの死体の頭部はその能力で移動させられた岩石の下敷きとなった。

Part7の未来が1901年杜王町でのジョニィの顛末およびPart8であるが、また一方では作者コメントでは「『ジョジョリオン』は一種のパラレルワールド」(および『岸辺露伴は動かない』は隣り合わせの世界)とも説明されている[6]

タスク(牙)[編集]

自身の爪を高速に回転させて弾丸のように発射したり、物体を切り裂くスタンドで、「チュミミーン」と鳴き声のようなものを発する。ジョニィがジャイロから回転の極意を学ぶことにより成長していく。当初は「遺体」がなければスタンド能力が使えなかったが、成長によるものかすべての「遺体」を取られても能力を使えるようになった。それぞれのACTについては使い分けることが可能である。

スタンドが発現した際にジョニィが「これはもはや爪ではない」としてタスク)と命名したが、作中では「爪弾」などの呼称もあり、単行本第22巻におけるスタンドの説明では「タスク)」と表記されている。

ACT1
【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - E / 持続力 - B / 精密動作性 - E / 成長性 - A】
指の爪を回転することによってエネルギーを得て爪を弾丸のように飛ばす。爪は射出したそばから高速で再生するため、ACT2以降とは異なり弾数制限は存在しない。
スタンド像は足のない赤子のような姿で、「チュミミィ〜ン」と鳴き、「Movere Crus(ラテン語で「足を動かせ」)」と喋ることもあった。遺体の守護精霊でもあり、奇跡の力でジョニィの動かないはずの足の爪を発射される場面もある。ACT2の登場以降は使用するシーンが無い。
デザインイメージは「ウーパールーパーを意識したマスコットキャラ」[7]
ACT2
【破壊力 - D / スピード - D / 射程距離 - D / 持続力 - C / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
黄金長方形」から見出した「黄金の回転」の軌跡で爪を回転させたタスク。ジャイロのLESSON4「敬意を払え」の大自然への敬意ある観察から得た能力。
爪が元々生えていた指の周囲を高速で回転するようになり、攻撃する際にもその回転のまま相手に撃ち出される。「黄金の回転」の恩恵か、その威力はACT1よりもはるかに強力になっている。
また、爪が着弾した弾痕が回転が止まるまでの十数秒の間回り続ける特性を持ち、外れたとしても自動的に目標を追尾して破壊する。この弾痕は、ヴァレンタインの能力で挟んでも隣の世界に送り流すことはできない。
一方でACT1と違って弾数に制限があり、両手の指の数である10発を撃ち尽くすと、新たな爪が再生するまで待たねばならない(ハーブを摂取することで爪の再生速度が上がり、カモミールを混ぜるとより効果的になる、と劇中でジョニィは語っている)。
スタンド像は足のない人形のような姿。ACT1を少し成長させるということで、従来のスタンドのように「生物か機械かわからない」という要素が追加された[7]
ACT3
【破壊力 - D / スピード - D / 射程距離 - D / 持続力 - D / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
無限の回転のタスク。ツェペリ一族も考えなかった新たな回転の世界。
自身を撃つことによって、回転の無限小の部分で肉体を巻き込み、ACT2から引き継いだ移動する弾痕から、巻き込んだ肉体を出せる。腕を分離して遠隔操作したり、バラバラになって回避したりできるようになった。
なお、弾痕に入れるのはジョニィのみで、それ以外の物が弾痕に触れると回転のエネルギーによって粉砕される。
スタンド像は短い手足の生えた人型。ACT2からさらに成長してより人間らしい形になっているが、まだ完全な人型のシルエットにはなっていない[7]
ACT4
【破壊力 - A / スピード - B / 射程距離 - C / 持続力 - A / 精密動作性 - B / 成長性 - E】
騎兵の回転のタスク。ジャイロのLESSON5とLESSON1によって進化した最終技。最初は動けなくなった馬の脚を、鉄球の回転で動かして自分を蹴らせることで馬の力を利用して撃ち出した。ジョニィの足が動くようになってからは、鐙から得た馬の走力で撃つ。
騎兵の無限の回転エネルギーは重力を支配し、標的の行動をすべて無効化して最終的には粉々にする。
その回転はまさしく無限であり、永続的に回転し続けるだけでなく、一度放たれれば命中するまで次元を超えても時間を止めても止まることなく相手を追い続ける。D4C‐ラブトレイン‐の『隙間』にも問題なく入り込んでいた。
そして命中したが最後、一度埋められた大統領は細胞単位で回転させられながら同じ場所に戻され埋まり続ける羽目になり、直撃した女性たちは即死してその遺体は別次元に消えていった。大統領やディエゴいわく「あってはならない」危険能力。
スタンド像は胴体の中央から顔の生えたたくましい体つきの人型で、拳での戦闘も行うようになった。拳によるラッシュ攻撃時の掛け声は、空条承太郎空条徐倫と同じく「オラオラオラオラ……オラァ!!」と連呼する。
発動には乗馬が不可欠であるため、ACT3までよりも難易度が高い。また威力が高すぎる上にジョニィ自身にも制御不能で、標的との間に「人間の盾」があると標的到達前に終わってしまう。
暖簾のような胴体の中は空洞であり、顔はザクのモノアイのように動くと設定されている[7]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本中を“波紋”に巻き込め――「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド共同プロジェクト」記者発表会でのトークショーより。
  2. ^ 2012年10月5日発売『JOJOmenon』荒木飛呂彦インタビュー
    2012年10月19日放送「サキよみ ジャンBANG!」
  3. ^ 『JOJOVELLER HISTORY』28ページ
  4. ^ 作者の知人ミュージシャンShinnosukeの質問『ジョジョの歴代主人公同士が戦ったら誰が一番強い?』に対しての返答。
  5. ^ CHARACTER”. ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル. 2013年12月22日閲覧。
  6. ^ 「JOJO JOURNEY 荒木飛呂彦インタビュー」『JOJOVELLER HISTORY』155頁。
  7. ^ a b c d 「Commented by Hirohiko Araki」『JOJOVELLER完全限定版 STANDS』252-256頁。