青空エール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青空エール
ジャンル 少女漫画学園漫画恋愛漫画青春
漫画
作者 河原和音
出版社 集英社
掲載誌 別冊マーガレット
レーベル マーガレットコミックス
発表号 2008年9月号[1] - 2015年11月号[2]
発表期間 2008年8月11日 - 2015年10月13日
巻数 全19巻
話数 全76話
ラジオドラマ
原作 河原和音
放送局 集英社ヴォイスコミックステーション
番組 VOMIC
発表期間 2009年3月5日 - 2009年3月26日
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

青空エール』(あおぞらエール、YELL FOR THE BLUE SKY)は、河原和音による日本漫画作品。

別冊マーガレット』(集英社)2008年9月号[1]から2015年11月号まで連載された[2]。単行本全19巻。

あらすじ[編集]

吹奏楽の名門・白翔高校[注 1]に入学し、夢は全日本吹奏楽コンクールが開かれる普門館への出場が夢であるトランペット初心者の小野つばさ。全国大会を目指すレベルの高い練習についていけず、何度も挫折しそうになる。そんなつばさを勇気づけてくれる、クラスメートで野球部員の山田大介。お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」をかわす。いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えていた。1年生の夏、地区予選の決勝まで勝ち進んだ野球部を吹奏楽部が応援。ところが途中出場した大介のミスで敗退。グラウンドで立ち尽くす大介のために、つばさは一人でトランペットを吹いてしまい、謹慎処分となる。心配して訪ねて来た大介への想いを抑えきれずにつばさは大介に告白するが、フラれてしまう。大介は、仲間の夢を潰してしまった自分が許せないでいた。ふたりは“両片想い”のままそれぞれの夢を追いかけ、そして、最後の夏が来る。

登場人物[編集]

の項はVOMIC版のもの。

主要人物[編集]

小野 つばさ(おの つばさ)
声 - 井上麻里奈[3]
白翔高校1年生→2年生。小学生の頃に、甲子園で野球部を応援するブラスバンドをテレビで見て心を奪われた。以降、「いつか自分も」という思いを抱き続け、吹奏楽と野球の名門校・白翔高校に入学。初心者ながらも吹奏楽部に入部し、トランペット奏者として“吹奏楽の甲子園”と言われる「普門館」出場を目指す。
やる気はあるものの意思表示が苦手で、落ち込むとすぐに足元を見てしまう癖があるなど気弱な性格。しかし、クラスメイトの野球部員・山田大介や脇田陽万里との交流の中で、そうした消極的な面は徐々に薄れていった。
自分の夢を信じ、弱音を吐こうとしない大介に対し、当初漠然とした憧憬を抱いていたが、後にそれが恋愛感情であることを自覚する。3月2日生まれ。
山田 大介(やまだ だいすけ)
声 - 日野聡[3]
つばさのクラスメイト。野球部員で、ポジションはキャッチャー
中学時代から選手として名を馳せており、甲子園出場を夢見ている。陰日向ない性格に加えて強い克己心を備えており、滅多に弱音を吐かない。
つばさとはごく親しい友人といった立場で接しているが、のちに恋慕の想いを告げられた。1月20日生まれ。
脇田 陽万里(わきた ひまり)
声 - 米澤円[3]
つばさのクラスメイト。つばさとは同じ中学出身だが、クラスが異なったため交流はなかった。
中学時代はバスケ部に所属し、愛くるしい容姿と相まって球技大会などでは目立つ存在だった。
頑張っている人を馬鹿にする人を許せない性格。
城戸 保志(きど やすし)
声 - 谷口祐貴[3]
つばさのクラスメイト。野球部員で、ポジションはピッチャー
一生懸命頑張っても結果が伴わなかったら、と考えると本気で努力することができずにいたが、脇田陽万里の励ましにより猛練習に打ち込むようになった。

吹奏楽部[編集]

水島 亜希(みずしま あき)
声 - 三宅華也[3]
吹奏楽部員。1年生→2年生。トランペット担当。吹奏楽で推薦入学しており、1年生ながら合奏に加わる実力を備える。上級生からも一目置かれる存在。
小柄な体格と名前に起因して、つばさからは当初、女子と勘違いされていた。
吹奏楽に対しては妥協のない真摯な姿勢を見せるが、中学時代にはそれが部内での軋轢を生む原因になっていた。
春日引退後、上級生を差し置いてパートリーダーに抜擢される。10月26日生まれ。
春日(かすが)
吹奏楽部員。つばさ1年次の3年生。トランペットのパートリーダー[注 2]で、抜きん出た実力を備える。
中学校でも吹奏楽部でパートリーダーを務めており、普門館にも出場した経験を持つ。厳しい性格だが誰よりも仲間のことを思っている。では松潤派。
森 優花(もり ゆうか)
声 - 佐々木日菜子[4]
吹奏楽部員。つばさ1年次の3年生。トランペット担当。初心者のつばさに、トランペット吹奏時における口の形などを指導した。
普門館出場を悲願としていたが練習過多により腱鞘炎に罹患。コンクール出場のために不調を周囲に隠しながら練習を続けたが露見し、出場メンバーから外されたが、最後までメンバー出場を諦めず練習に励んでいる。
山根 百合子(やまね ゆりこ)
吹奏楽部員。つばさ1年次の3年生。トランペット担当。のんの姉。春日と同じ中学で、春日の苦労を理解し支えている。
加護 (かご)
吹奏楽部員。つばさ1年次の3年生。トランペット担当。春日や山根同様、中学の時から全国に出場している。
高橋 まるこ(たかはし まるこ)
トロンボーン担当。1年生→2年生。合宿でつばさと親しくなり、以降共に練習を行うようになった。水島が好き。
栗井 佑依(くりい ゆい)
パーカッション担当。1年生→2年生。谷日香莉とは「仲が悪い」と公言する間柄。
合宿中に些細なことから谷と揉め事を起こしたが、本気で敵対しているわけではない。
谷 日香莉(たに ひかり)
テナーサックス担当。1年生→2年生。栗井佑依とは「仲が悪い」と公言される間柄。
合宿中に些細なことから栗井と揉め事を起こしたが、本気で敵対しているわけではない。
岩瀬(いわせ)
吹奏楽部副部長。つばさ1年次の3年生。入部したつばさに吹奏楽部の心得を教える。野球部に彼氏がいる。
横山 香織(よこやま かおり)
吹奏楽部員。2年生→3年生。トランペット担当。3年生の部員に「パート練習の進行をつばさに合わせると全体の進捗が遅延する」と進言した。
つばさの事を快く思っていない。
三石(みついし)
吹奏楽部員。1年生→2年生。コントラバス担当。指導等で「贔屓されている」とつばさを非難するが、後に和解した。
瀬名 俊行(せな としゆき)
吹奏楽部員。つばさ2年次の1年生。トランペット担当。つばさと同じ中央西中学出身。才能があり、水島を尊敬している。
つばさの指導が気に入らなくて退部を考えたが、つばさの説得に翻意した。
トランペットをはじめたきっかけは小3の時に音楽スクールの生徒募集を見てやりたくなったから。12月14日生まれ。A型。趣味は音楽鑑賞。
山根 のん(やまね のん)
吹奏楽部員。つばさ2年次の1年生。トランペット担当。百合子の妹。
トランペットをはじめたきっかけは姉の百合子に誘われたことから。4月6日生まれ。О型。読書をすることが好き。
佐竹 真珠(さたけ まじゅ)
吹奏楽部員。つばさ2年次の1年生。トランペット担当。森に誘われて白翔に入った。
トランペットをはじめたきっかけは小学生のときに定期演奏会でトランペットを聞いた際、感動したから。8月28日生まれ。AB型。お菓子作りが得意。
杉村 容子(すぎむら ようこ)
声 - 藤葉愛香[3]
吹奏楽部顧問。国語教師。28歳。独身、恋人無し。白翔高校OG。
今や過去の栄光となった吹奏楽部の全国金賞獲得時に部員として在籍し、テナーサックスを担当していた。
容貌、性格、物言い、全てにおいてきつい女性。若干ツンデレ気味。
真木 菜々子(まき ななこ)
吹奏楽部副顧問。白翔高校OG。正顧問の杉村容子と同じく、かつて吹奏楽部に在籍し、トランペットを担当していた。
足の骨折により入院していたため、新学期には間に合わず途中から合流した。杉村とは対照的に、人当たりの柔らかい女性。

その他[編集]

多能(おおの)
野球部のマネージャー。無愛想で何を考えているか分かりづらい。
大介と城戸がつばさの話をしていた際、小野(つばさの姓)を自分の名前と聞き違え、勘違いした。
林原 光雄(はやしばら みつお)
白翔高校教頭。吹奏楽部と野球部が、近年成績が振るわないにもかかわらず多額の活動費用を請求することを快く思っていない。

書誌情報[編集]

コミックス[編集]

小説[編集]

その他[編集]

単行本未収録作品[編集]

ラジオドラマ[編集]

2009年3月5日より、集英社が運営するインターネットラジオサイト、ヴォイスコミックステーション(VOMIC)にて公開中[3]

映画[編集]

青空エール
YELL FOR THE BLUE SKY
監督 三木孝浩
脚本 持地佑季子
原作 河原和音「青空エール」
製作 市川南
村田嘉邦
市村友一
東末吉史
弓矢政法
木下暢起
吉川英作
高橋誠
林誠
堀義貴
青井浩
山本浩
荒波修
製作総指揮 山内章弘(エグゼクティブ・プロデューサー)
出演者 土屋太鳳
竹内涼真
葉山奨之
堀井新太
小島藤子
松井愛莉
平祐奈
山田裕貴
志田未来
上野樹里
音楽 林ゆうき
主題歌 whiteeeenキセキ〜未来へ〜
撮影 清久素延
編集 坂東直哉
制作会社 東宝映画
製作会社 映画「青空エール」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2016年8月20日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.5億円[28]
テンプレートを表示

2016年8月20日に公開[29]。出演は土屋太鳳竹内涼真葉山奨之。監督は三木孝浩[30]

土屋と葉山は2015年のNHK連続テレビ小説まれ』で姉弟役、土屋と竹内と堀井は同年のTBS日曜劇場下町ロケット』で[30]、土屋と松井は2014年から「ガーナミルクチョコレート」CM(バレンタイン編・母の日編)で共演している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連作品(映画)[編集]

ミュージック・ビデオ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ モデルは北海道札幌白石高等学校で、同校吹奏楽部OGのライター梅津有希子が監修を務めている。
  2. ^ 作中では「パーリー」という略称が用いられる。

出典[編集]

  1. ^ a b マーガレットコミックス特集 あの頃も、これからも!一生少女マンガ宣言 思い出の作品はどれ? あの頃のマーガレット&別冊マーガレット 2008年 河原和音「青空エール」連載開始”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ. 2015年10月17日閲覧。
  2. ^ a b 河原和音「青空エール」7年の連載に幕、1月発売の別マで早くも新連載始動”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ. 2015年10月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 集英社ヴォイスコミックステーション-VOMIC-|青空エール”. 集英社. 2010年6月2日閲覧。
  4. ^ 『別冊マーガレット』2009年6月号より。
  5. ^ 青空エール/1|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  6. ^ 青空エール/2|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  7. ^ 青空エール/3|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  8. ^ 青空エール/4|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  9. ^ 青空エール/5|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  10. ^ 青空エール/6|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  11. ^ 青空エール/7|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  12. ^ 青空エール/8|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  13. ^ 青空エール/9|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  14. ^ 青空エール/10|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  15. ^ 青空エール/11|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  16. ^ 青空エール/12|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  17. ^ 青空エール/13|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  18. ^ 青空エール/14|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  19. ^ 青空エール/15|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  20. ^ 青空エール/16|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  21. ^ 青空エール/17|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  22. ^ 青空エール/18|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2015年8月15日閲覧。
  23. ^ 青空エール/19|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年1月25日閲覧。
  24. ^ 映画ノベライズ 青空エール|下川 香苗|集英社オレンジ文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年8月17日閲覧。
  25. ^ 映画ノベライズ みらい文庫版 青空エール|はのまきみ|集英社みらい文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年8月17日閲覧。
  26. ^ 青空エール まんがノベライズ|はのまきみ|集英社みらい文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年8月17日閲覧。
  27. ^ 「青空エール」映画公開記念、大学生になったつばさと大介描く特別編が別マに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月12日). 2016年8月14日閲覧。
  28. ^ 2016年(平成28年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2017年1月30日閲覧。
  29. ^ 「土屋太鳳×竹内涼真共演の「青空エール」ビジュアル解禁、公開は8月20日”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年3月18日). 2016年3月18日閲覧。
  30. ^ a b c d e “土屋太鳳「青空エール」映画化に主演!「下町ロケット」竹内涼真&「まれ」葉山奨之とタッグ”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年1月11日). http://eiga.com/news/20160111/3/ 2016年1月11日閲覧。 
  31. ^ a b c d e “平祐奈、土屋太鳳の恋敵役に抜てき 映画『青空エール』追加キャスト発表”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年4月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2070082/full/ 2016年4月24日閲覧。 
  32. ^ “志田未来が「青空エール」に森優花役で出演「制服を着るのはこれが最後かも」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年4月22日). http://natalie.mu/eiga/news/184496 2016年4月22日閲覧。 
  33. ^ “上野樹里 今度はタクト!ブラバン顧問役で土屋太鳳指導”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/04/kiji/K20160504012521690.html 2016年5月4日閲覧。 
  34. ^ “土屋太鳳が奇跡に感激!映画「青空エール」主題歌にwhiteeeen版「キセキ」”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年6月23日). http://natalie.mu/music/news/191879 2016年6月23日閲覧。 
  35. ^ “『青空エール』原作者が涙 whiteeeen 新曲MVは映画名場面で構成”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年7月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2075505/full/ 2016年7月22日閲覧。 

外部リンク[編集]