もういちど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もういちど
監督 板屋宏幸
脚本 板屋宏幸
製作 増田英明
出演者 林家たい平
福崎那由他
富田靖子
ゴリ
大野百花
渡辺正行
小倉久寛
熊谷真実
三遊亭金馬
瀬尾智美
音楽 福田裕彦
主題歌 浜田省吾君に捧げるlove song
撮影 古川誠
編集 板屋宏幸
製作会社 「もういちど」製作委員会
配給 マイシアター
ライブビューイング・ジャパン
公開 日本の旗 2014年8月23日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

もういちど』は、2014年に公開された日本映画である。

概要[編集]

落語家の林家たい平が、落語との出会う機会を増やすために、いろんなボールを投げたいという活動の一環として、今回の映画を企画。江戸から明治へ移り変わろうという時代長屋を舞台にしている。人生の再出発を描いた人情味あふれる感動物語となっているが、落語の入門編にもなる作品に仕上がっているという[1]

撮影は東京都にある深川江戸資料館の、深川の町並みを再現した展示室を「そのまま」撮影セットとして使った。

劇中に登場する落語は、猫の皿二人旅初天神子ほめ味噌豆狸の札時そば藪入り である。

あらすじ[編集]

江戸末期の深川が舞台。家族を失くした失意から噺家になる直前だったのにあきらめたたい平。絶望に打ちひしがれたままたどり着いた長屋で、奉公先でいじめにあったことにより心を閉ざした少年の貞吉と出会い、彼に落語を教えることとなった。最初は気が進まなかったが、どんなことにも一所懸命な貞吉を見て、お互いに心を開くようになり、二人とも自分を取り戻すようになっていった。家族を失ったのは火事で子どもが落語の道具を取りに帰って、それを追いかけた妻も焼死したのだった。

出演[編集]

ほか

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]