スーパーボンバーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパーボンバーマン
ジャンル 固定画面アクション
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
プロデューサー 青山英治
小林正樹
ディレクター 植山幹郎
デザイナー 酒井誠
平井隆之
プログラマー 酒井誠
音楽 竹間淳
濱田智之
美術 平井隆之
シリーズ ボンバーマンシリーズ
人数 1 - 2人(協力プレイ)
1 - 4人(対戦プレイ)
メディア 4メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199304281993年4月28日
アメリカ合衆国 1993091993年9月
ヨーロッパ 199311201993年11月20日
その他 型式:日本 SHVC-H6
アメリカ合衆国 SNS-H6-USA
ヨーロッパ SNSP-H6-EUR
テンプレートを表示

スーパーボンバーマン』は、ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたスーパーファミコンアクションゲーム。スーパーファミコンのボンバーマンシリーズ第1作目。

ゲーム内容[編集]

ノーマルゲーム[編集]

通常のゲームモード。白ボンまたは黒ボンを操作し、数々のステージを攻略していく。爆弾を使ってステージ上に出現する敵を全滅させてからゴールに入ることで、次々にステージを進んでいく。

  • ワールド1(ピースタウン)
  • ワールド2(前半…ロボット遊園地 / 後半…ミステリーサーカス)
  • ワールド3(ロボット改造工場)
  • ワールド4(ロボットトーナメント予選会場)
  • ワールド5(ロボットトーナメント)
  • ワールド6(ダイヤモンドタワー)

全部で6ワールドあり、8つのステージで1つのワールドが構成されている。各ワールドの最終ステージではボスキャラクターとの戦いに勝利する必要がある。例外としてワールド5はメカボンバーとの連戦となる(後述のBATTLE MODEに近い)。

爆弾の爆風に当たったり、敵や攻撃トラップに触れたり、時間切れになったりすると「ミス」となり、残機が1減り所定の位置にもどされる(倒した敵などはそのまま)。また、一度ミスをすると基本的なアイテム以外は全て失われる。残機がなくなるとゲームオーバー。コンティニューできるほか、表示されるパスワードを入力することで、続きから遊ぶことができる。ただし装備はすべてなくなる。残機数は1UPアイテムを取ったり、スコアが一定以上になると増える。ステージ開始直後や復活後数秒間は無敵状態となっており、この間にソフトブロックや敵キャラクターを自爆攻撃である程度一掃させるテクニックもある。

青いワープゾーンのようなマスがゴール。始めから出現しておらず、自分でソフトブロックを破壊して探し出す必要がある。また、ゴールに爆風が当たると倒した敵が最後に倒された順に復活してしまう。ゴールの上に爆弾を置く事はできない。

画面上部には制限時間を表す時計と白いマスが常時表示されている。時計が一周する毎に1マスずつ黒に塗り潰される。全て塗り潰された状態で時計がもう一周するとアラームが数秒間鳴り、鳴り止んだ時点で時間切れとなり一機を失う事になる。時計の進み具合はワールドによって異なる。コンティニューする場合を除き全8ステージ(メカボンバー8体)を継続して攻略しなければならないワールド5に至っては、通常の約2倍の速さとなっており、アイテム「タイム」を取得しない限り非常にシビアな戦いを強いられる事となる。ただし、ボスステージは比較的進みが遅い。

1Pが白ボン、2Pが黒ボンを操作する、2人同時プレイが可能。1人プレイ時に2Pのスタートボタンを押すと、持っている残機を半分奪って途中乱入が可能。逆に2Pのみでプレイしたり1Pが乱入したりする事も可能。後のシリーズでは共有制になった残機数は、2人で個別に用意されている。 

バトルモード[編集]

1〜4人で対戦できるモード。互いに爆弾を使用して戦い、最後まで生き残った者の勝利。制限時間2分以内に決着がつかなかった場合や、同時に全員が倒れた時は引き分けとなる。制限時間が1分を切ると画面上に「HURRY!」と表示され、ステージの外周2マス分がブロックで時計周りに埋め尽くされる(巻き込まれるとミス)。あらかじめ決めた数だけ勝利を重ねると優勝。ステージが12種類あり、ステージごとにそれぞれ異なる仕掛けが用意されている(詳細は後述)。

本作はCOMに10段階のレベルが設定できる。

パスワード[編集]

NORMAL GAMEでゲームオーバーになった際に表示されるパスワードを入力して、続きから始めることができる。特定の裏技に使用することもある[2]

本作独特の操作感[編集]

基本的なシステムはシリーズのほとんどの作品と同様だが、本作では細かな操作にあまりにも敏感に反応するバグがある。たとえば、パワーグラブで爆弾を前方に飛ばす際、爆弾を飛ばしたタイミングで直角方向に方向キーを押して移動しようとすると、方向キー入力に爆弾が反応してしまい、入力した方向に爆弾が飛んでしまうというものがある[3]。しかし、考えようによっては微細な操作で本来の仕様以上のテクニックとして発展させることも可能である[3]ため、プレイヤーの腕前が特に反映されやすい作品とも言える。また、ボムキックで動かした爆弾を停止させることができるボタンとして、通常のコントローラーであれば人差し指を使うであろうRボタンが使用可能(同様にパワーグラブにLボタンが使用可能)な点は、爆弾を設置するためのAボタンが親指を使うであろうことから、別々の指で操作を行なうことによるスムーズな操作ができる仕様になっており、他のシリーズ作品と比較した場合に本作の操作仕様は高度なテクニックに対応しやすい面がある[3]

アイテム[編集]

敵を攻撃するために使用する爆弾を使って、行く手を阻む壁(ソフトブロック)を破壊すると、時にアイテムが出現することがある。それを取ることでボンバーマンは様々なパワーアップを図ることが可能。しかし一部のアイテムは、一度ミスをすると効果がなくなってしまうものもある。

ノーマルでは例外として、敵を倒すと出現したり、ステージの中に最初から出現しているものや、ある条件を満たすと突然出現するものがある。また、取るとアイテムごとに得点が加算される。

本作のみの要素として、置かれた爆弾が低確率で不発になることがある(放っておくと再着火して爆発する他、爆風で誘爆させることができる)。

  • ボムアップ
10点。一度に設置できる爆弾の上限が1個増える。
  • ファイアーアップ
200点。火力が1マス分上がる。
  • スピードアップ
400点。移動スピードが1段階上がる。ミスをすると1段階だけ失われる。
  • 無敵スーツ
(ノーマルのみ)500点。取ってから一定時間無敵になる。
  • 1UP
(ノーマルのみ)600点。残機のストックが1人増える。最大9まで。
  • 爆弾通過
700点。爆弾をすり抜けられるようになる。シリーズ内唯一、ボムキックと併用できる(爆弾の先に壁がある場合のみ上に乗れる)。
  • 壁通過
800点。破壊可能な壁(ソフトブロック)をすり抜けられる。爆発に巻き込まれたソフトブロックの上に立っていても、爆風のダメージを受けない。
  • リモコン
300点。通常は設置してから数秒で爆発するが、Bボタンで爆弾の爆発をコントロールできる。貫通爆弾と併用した場合、赤いリモコンボムになる。今作と「スーパー5」のコンフィグモードのみ、バトルモードでも使用できる。
  • フルファイアー
1000点。火力が一気に最大まで上昇する。
  • 貫通爆弾
(ノーマルのみ)2000点。爆弾が赤くなり、爆風が障害物を貫通する。破壊できない壁(ハードブロック)は貫通できない。今作はリモコンとの併用が可能(後のシリーズでは併用できなくなった)。
  • ボムキック
3000点。爆弾を蹴ることができる。X・Rボタンで止めることができる。また、ノーマルモードではザコ敵に対して蹴った爆弾を直接ぶつけてダメージを与えることもできる。シリーズ内唯一、爆弾通過と併用できる(爆弾の先に壁がある場合のみ上に乗れる)。
  • パワーグラブ
4000点。Y・Lボタンで目の前にある爆弾をパンチして飛ばすことができる。また、ノーマルモードではザコ敵に対して飛ばした爆弾を直接ぶつけてダメージを与えることもでき、これで倒した場合は高いスコアが得られる。
  • タイム
(ノーマルのみ)900点。制限時間が満タンまで回復する。
  • おにぎり
(ノーマルのみ)スコア+5000点。スコアは一定値ごとにストックを1増やす。
  • ケンダマ
(ノーマルのみ)スコアが増える。
  • ケーキ
(ノーマルのみ)スコア+999900点。
  • ソフトクリーム
(ノーマルのみ)スコア+50000点。
  • リンゴ
(ノーマルのみ)スコア+8000点。
  • アイスキャンディー
(ノーマルのみ)スコア+500点。
  • 消火器
(ノーマルのみ)スコア+9000点。ボンバーマンのストックが最大になる。
  • ハテナ
(ノーマルのみ)取らないと効果が分からない。
  • ハート
(ノーマルのみ)800点。敵に触れたり爆発に巻き込まれてミスした場合でも、一度だけその場で復活する。
  • ドクロ
6000点。アイテムではあるが、入手するとボンバーマンが黒く点滅し、様々なマイナス効果が現れる。主な登場はバトルモードだが、ノーマルモードに登場することもある。この効果は一定時間持続する上に、他のボンバーマンに触れると効果が伝染する。入手した時の効果は以下の通りで、どれか1つがランダムに発動する。
  • スピードが著しく遅くなる。
  • スピードが超速くなる。
  • 勝手に爆弾がセットされるようになる。
  • スピードが飛躍的に速くなり、さらに勝手に爆弾がセットされるようになる。
  • 爆弾をセットできなくなる。
  • 透明になる。
  • 火力が最低になり、セットできる爆弾が1個のみになる。

設定[編集]

ストーリー[編集]

舞台は平和な町「ピースタウン」である。悪の科学者カラット・ダイヤモンドとDr.ムックがここに目をつけ、侵略しようと企む。そしてそのためにロボットトーナメントを開催しようとする。その中でもボンバーマンの高い戦闘能力に注目する。これに対して黒ボンバーマン(以下『黒ボン』)が立ち向かうが、Dr.ムックが製作したメカボンバーマンに返り討ちにあって、拠点だったブラックボンバーマン城を奪われてしまう。命からがら逃げ出した黒ボンは、かつてライバルだった白ボンバーマン(以下『白ボン』)に協力を願い出る。ついに、かつては敵同士だった白と黒のボンバーマンが共にカラット相手に戦う事を決意する[2]

ステージ構成[編集]

括弧内は日本国外版のステージ名。

  • STAGE1:フツウガステキ(NORMAL ZONE)
特に仕掛けのないオーソドックスなステージ。
  • STAGE2:ウシロノショウメン(WESTERN ZONE)
プレイヤー達が背を向けている状態でバトル開始となる。外観はワールド1中盤と同じ。
  • STAGE3:コロコロバクダン(BOMB ZONE)
時々場外から爆弾が転がって来るが、火力は最低。外観はワールド1前半と同じ。
  • STAGE4:ボヨヨンジャンプ(JUMP ZONE)
バネがいくつか設置されており、乗ると大ジャンプする。着地点はランダム。外観はワールド1後半と同じ。
  • STAGE5:ベルトコンベア(BELT ZONE)
ベルトコンベアが設置されており、ボンバーマンや爆弾が流される。外観はワールド3後半と同じ。
  • STAGE6:ドカンデボカン(TUNNEL ZONE)
土管の置かれたステージ。ボンバーマンが隠れたり、爆弾を設置して罠に嵌めたりする事ができる。
  • STAGE7:モッテケアイテム(DUEL ZONE)
ステージの外周部に大量のアイテムが設置されている。プレイヤー達はステージ内側からバトル開始となるため、他のプレイヤーを出し抜いてどれだけアイテムを入手できるかがカギとなる。外観はワールド2前半と同じ。
  • STAGE8:ゾンビフラワー(FLOWER ZONE)
ソフトブロックが独りでに生えて来るステージ。上から戦車に乗った紫ボンが下りてきて設置した爆弾を回収してしまうが、戦車には触れてもダメージはない。対戦でリモコンボムが使える数少ないステージである。外観はワールド3前半と同じ。
  • STAGE9:ポッカリライト(LIGHT ZONE)
暗いステージの上をスポットライトが照らす。外観はワールド4と同じ。
  • STAGE10:ギンギンパワー(POWER ZONE)
全プレイヤーのボムアップ・ファイアーアップ・スピードアップが最大、更にパンチとキックを装備した状態でバトルが繰り広げられる。ソフトブロックやその他の仕掛けは一切なし。外観はワールド4ボスステージと同じ。
  • STAGE11:ゲツメンワープ(WARP ZONE)
上に乗るとランダムの地点へワープするワープゾーンが5つ置かれたステージ。
  • STAGE12:イダテンワールド(SPEED ZONE)
全プレイヤーの移動速度が、ドクロを取った時のように異常に速く設定されている。ゾンビフラワーと同様にリモコンボムが出現する。外観はワールド6前半と同じ。

登場キャラクター[編集]

白ボン
1Pが操作するボンバーマン。カラット・ダイヤモンドらに城を奪われ助けを求めに来た黒ボンと共に冒険の旅に出る。ステージ開始地点は左上。
黒ボン
2Pが操作するボンバーマン。かつては白ボンとは敵同士だったが、カラットらに根城を奪われた事をきっかけに共闘する事になった。ステージ開始地点は右上(バトルゲームでは右下)。
青ボン
3Pが操作するボンバーマン。バトルゲームでのステージ開始地点は右上。
赤ボン
4Pが操作するボンバーマン。バトルゲームでのステージ開始地点は左下。
青ボン・赤ボンはNORMAL GAMEには操作キャラとして登場しない。
BATTLE MODEでは居ないプレイヤーの場所は詰められる(例:1Pと3Pで開始すると、1Pは左上、3Pは右下から開始)。
カラット・ダイヤモンド
本作の黒幕。「ダイヤモンドシティ」の権力者。Dr.ムックと共に戦闘用ロボットの量産を企てる。「ピースタウン」侵略の過程として「ロボットトーナメント」を開催。その中でボンバーマンの高い戦闘能力に目を付ける。
Dr.ムック
本作の黒幕でカラットの相棒の悪の科学者。「ロボット改造工場」で普通のロボットを戦闘用に改造する。「メカボンバーマン」を開発し、黒ボンを返り討ちにし、更に彼の拠点である「ブラックボンバーマン城」を乗っ取る。ワールド3のボスステージではクレーンハンドを操縦しボンバーマン達を襲う。
紫ボン
「ゾンビフラワー」では戦車に乗って妨害してくる。ぶつかってもダメージはないが倒す事はできない。操作キャラとしては登場しない。
ボンバーマン(橙・桃・緑)
ワールド3・6ボス撃破後に青ボンと共に3体ずつ登場し、勝利したプレイヤーを祝福してくれる。操作キャラとしては登場しない。

敵キャラクター[編集]

「NORMAL GAME」に登場する敵キャラ。一個の爆弾で連続で倒したり、パンチやキックで倒したりすると高得点が得られる(最大6400点)。点数は爆弾で単体を倒した場合のものを表記。各項の「HP」の値は、爆弾・パンチ・キックで倒せる回数を表す。 ※は『5』で再登場している敵キャラ。

雑魚キャラ[編集]

ワールド5はメカボンバーとの連戦となるため、雑魚キャラは一切登場しない。

  • プロペン※
HP1、登場ステージ…1-1,1-2,1-4,1-5,6-1
100点。赤いヘリコプターのようなキャラ。特に特徴はない。非常に弱いが、終盤のワールドで再登場する。
  • デンキュン
HP2、登場ステージ…1-2,1-4,1-6,2-4,4-2,4-6,6-1
400点。電球のような頭をしたUFOのようなキャラ。爆風を二回当てる必要があるので、ステータスが初歩的段階だと苦戦を強いられる。ワールド3以外の全ワールドに登場する。
  • ナッツスター
HP1、登場ステージ…1-3
200点。ウサギのようなキャラ。特に特徴はない。1ステージしか登場しない。動きはプロペンより若干速い。
  • バクダ※
HP1、登場ステージ…1-4,1-5,1-6,1-7,2-2,2-4,4-1,6-2
800点。爆弾に顔のついたキャラ。時々擬態して3マス分の爆発を起こす(爆発して数秒間の硬直~再び移動するまで無敵)。通常の爆弾と同様、爆風は同じ敵キャラにもダメージを与え、ゴールに当たると敵が復活する。ただし、この爆風に敵キャラが巻き込まれて死んでもスコアは加算されない。敵キャラの中でも特に出番が多く、ワールド3と5を除く全ワールドに登場する。
  • パクパ※
HP3、登場ステージ…1-5,2-7,3-2,6-5
400点。同じラインに爆弾があると近づいて食べる。ただし、キックやパンチで爆弾をぶつけてダメージを与える事はできる。
  • センシャン※
HP3、登場ステージ…1-6,1-7,4-1,4-4
1600点。緑色の大きな戦車。時々3マス分炎を出す(炎は誘爆しない)。体力は高めだが動きは遅い。
  • バネン
HP1、登場ステージ…2-1,2-3,2-5,2-6,2-7,6-1
200点。バネのキャラ。角にぶつかると高確率で曲がる。それ以外にこれといった特徴はない。
  • ドウケン
HP1、登場ステージ…2-1,2-3,2-6
100点。変な顔をしながら移動する。特に特徴はない。
  • カップン
HP1、登場ステージ…2-1,2-2,2-7
400点。コーヒーカップに乗りながらクルクル回っている。ソフトブロックを通過する。
  • メタルU
HP2、登場ステージ…2-3,4-3,4-4,6-3
3200点。銀色のUFO。ボンバーマンを追跡する。
  • キエルン※
HP1、登場ステージ…2-4,3-3,4-2,6-2
800点。ソフトブロックを通過し、時々目玉を残して姿を消す。透明の間でも攻撃は効くが、元の形に戻るまでの間一瞬だけ無敵となる。
  • キンカル※
HP1、登場ステージ…2-5,4-3,4-6,4-7,6-6,6-7
1600点。コインに顔のついた回転するキャラ。非常にスピードが速く、ソフトブロックを通過する上にボンバーマンを追跡するという厄介な敵。強敵なので終盤にも数体で登場する。
  • バクダレッド
HP1、登場ステージ…2-6,4-1,4-5,4-7,6-7
800点。バクダの上級種。貫通爆弾に擬態している。3マス分の貫通仕様の爆発を起こす。
  • モグチャン
HP1、登場ステージ…3-1,3-2,3-3,6-2
400点。モグラ。ボンバーマンを追跡しながら、時々地面に潜り別の場所に出てくる。日本版と海外版とで体色が異なる。
  • コウラル
HP1、登場ステージ…3-1,3-2
200点。眼帯を付けたカメのようなキャラ。特に特徴はない。
  • デングリン
HP1、登場ステージ…3-3
400点。青いボール状のキャラ。転がりながらソフトブロックを通過する。
  • アンゼンダー
HP2、登場ステージ…3-4,3-5
800点。ヘルメットを被ったキャラ。特に特徴はない。
  • ケイビン※
HP3、登場ステージ…3-4
400点。青いマグカップのようなものに乗ってくるくる回る赤いキャラ。気まぐれな動きでソフトブロックを通過する。
  • クワゲン
HP1、登場ステージ…3-5,3-7,6-3
400点。クワガタ型ロボット。同じラインに立つと突撃してくる。
  • カメレオメン
HP1、登場ステージ…3-6,3-7
400点。カメレオンのようなキャラ。時々白ボンや黒ボンに変身するが爆弾などは使わない。変身中はダメージを与えても変身が解けるだけ。
  • ミサイル(仮)
HP1、登場ステージ…3-8
400点。クレーンハンドのハッチから出撃して登場し、爆弾をパンチで弾き飛ばす。
  • メタルクワゲン
HP2、登場ステージ…4-2,4-3,4-6,6-5
400点。クワゲンの上級種。同じラインに立つと突撃してくる。
  • メタルプロペン
HP5、登場ステージ…4-4,4-5,6-6
6400点。プロペンの上級種。スピードと耐久力にかなり優れる。強敵なので終盤にも数体で登場する。
  • ロボコム
HP3、登場ステージ…6-3,6-5,6-6,6-7
800点。雪だるまのようなロボット。常にボンバーマンを追跡する。
  • ヨロイズ※
HP8、登場ステージ…6-4
3200点。巨大な騎士。二体で登場する(6-4は彼ら以外に敵キャラは出現しない)。同じラインに立つと突撃してくる上、正面からの爆風を盾で防ぐ。なお、『5』では名前が「ヨロイズ」から「ヨロイ」に変わっている。

メカボンバー[編集]

ワールド5「ロボットトーナメント」に登場する敵。全てボンバーマンと同じ特徴を持ち、爆弾を使って攻撃を仕掛ける。後述のメカボンバーイエローを除き、設置できる爆弾は1個、火力は1である。通常の敵と違い、触れてもダメージにならないほか、アイテムを入手して強化することが可能である。プレイヤーのボンバーマンと同様、戦闘開始から数秒間は無敵状態になっている。倒しても点数は得られない。ちなみに2人プレイ時は2体ずつ出現する。 ステージの特徴として、一定時間ごとに突然フィールドのどこかにアイテムが出現する。ステージをクリアしたという描写が無く一人倒すとすぐに次が出てくるため、コンティニューしない限り「5-1」以外の表示は見られない。制限時間がリセットされないので敵をすぐに倒さないと時間切れの危険が高い。

  • メカボンバーホワイト
HP1、登場ステージ…5-1
  • メカボンバーブラック
HP1、登場ステージ…5-2
  • メカボンバーレッド
HP1、登場ステージ…5-3
  • メカボンバーブルー
HP1、登場ステージ…5-4
  • メカボンバーグリーン
HP2、登場ステージ…5-5
  • メカボンバーピンク
HP2、登場ステージ…5-6
  • メカボンバーパープル
HP2、登場ステージ…5-7

ボスキャラクター[編集]

各ワールドの最終ステージで待ち構える巨大なボスキャラ。もちろん爆弾で倒す事になるが、雑魚キャラとは異なりパンチやキックは通用しない(ウイテルVを除く)。点数はスパイダルを除き全て10000点。

  • ビガロン
HP10、登場ステージ…1-8
大きなハンマーを武器に襲いかかる(叩いたときに出る破片でもダメージ)。
  • ピエロマスク
HP18、登場ステージ…2-8
巨大なピエロの顔。ダメージを与えるたびに8方向に弾を撃つ。
  • クレーンハンド
HP13、登場ステージ…3-8
Dr.ムックが搭乗し戦う。高速クレーンでの直接攻撃とミサイルの放出が可能。横方向にしか移動できない。
  • メカオニタ
HP17、登場ステージ…4-8
「ロボットトーナメント」の予選を勝ち抜いたボンバーマンの前に立ちはだかる、ボクシンググローブを付けた敵。フラフラした動きでボンバーマンに体当たりを仕掛ける以外これといった攻撃はして来ない。爆弾による直接攻撃が通用しないため、ダメージを与えるには爆風で吹き飛ばし、ステージ外周を流れる電流に当てる必要がある(この電流はボンバーマン自身には効果はない)。吹き飛ぶ距離は爆弾の火力と比例するため、弱い火力ではなかなか外周まで吹き飛ばずダメージを与えることが難しい。また、このボスステージ以降、戦闘中にアイテムが出現するようになる。
  • メカボンバーイエロー
HP5、登場ステージ…5-8
黒ボンを返り討ちにした張本人。7体のメカボンバーを倒すとカラット・ダイヤモンドとDr.ムックが引き連れて勝負を挑んで来る。設置できる爆弾は3個、爆弾の火力は最大になっている。通常のメカボンバーと同様、2人プレイ時は2体登場する。
  • スパイダル
HP7、登場ステージ…6-8
巨大なクモ型メカ。大量の爆弾(火力は全て最大)を放出する上、その際に開くコアを攻撃しないと倒せない。移動する時にゴツゴツと音を立てる。点数はない。
PSP『ボンバーマンポータブル』にも登場している。
  • ウイテルV
HP5、登場ステージ…6-8
最終ボス。カラット・ダイヤモンドとDr.ムックが乗った気球型メカ。前述のスパイダルを倒した直後に戦う事になる。本体は空中に浮いているため当たり判定はないが、その影に触れるとボンバーマンはダメージを受け爆弾は誘爆する。このため爆弾による直接攻撃ではダメージを与えられず、倒すにはパワーグラブで飛ばした爆弾をぶつける必要がある。戦闘中頻繁にアイテムを放出するがそのほとんどはドクロであり、ときどき通常のアイテムを放出することもある。前述のようにパワーグラブがないと倒せないため、戦闘開始時にパワーグラブを持っていなければパワーグラブが放出されるのを待つしかない。

スタッフ[編集]

  • 企画:KYON KYON、酒井誠、平井隆之
  • グラフィック・ディレクター:平井隆之
  • グラフィック・デザイン:VOLK JUN、NOBI HIRAJI
  • メイン・プログラマー:酒井誠
  • サブ・プログラマー:MAKOTA、鈴木俊之
  • システム・サポート:B.HANAWA
  • アシスタント・ディレクター:KYON KYON
  • サウンド・プロデュース:T'Sミュージク、BANG HEADS
  • 音楽:竹間淳濱田智之
  • 夢追い人:門脇光弘
  • スーパーバイザー:堀尾孝文
  • スペシャル・サンクス:藤原茂樹、宮本徳人、湯沢河童
  • ディレクター:植山幹郎
  • プロデューサー:青山英治、小林正樹

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Electronic Gaming Monthly 9/10点[4]
ファミ通 30/40点[5]
(シルバー殿堂)
ファミリーコンピュータMagazine 24.02/30点[1]
(総合20位)
Power Unlimited 9.6/10点[6]
Aktueller Software Markt 10/12点[6]
受賞
媒体 受賞
SUPER FAMICOM Magazine ゲーム通信簿部門別ベスト30
キャラクタ16位[7]
操作性14位[7]
熱中度12位[7]
お買い得度11位[7]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、8・9・7・6の合計30点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得[5]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、24.02点(満30点)となっている[1]。この得点はスーパーファミコン全ソフトの中で20位(323本中、1993年時点)となっている[1]。その他、同付録巻末に収録されている「部門別ベスト30」では、キャラクタ16位、操作性14位、熱中度12位、お買い得度11位を獲得している[7]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.38 3.68 4.03 4.27 3.95 3.74 24.02

関連項目[編集]

  • Superボンバーマン2004年) - 携帯アプリゲームとして配信されたソフト。本作とは異なるゲームとなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「8月情報号特別付録 スーパーファミコンオールカタログ'93」、『SUPER FAMICOM Magazine』、徳間書店1993年8月1日、 16頁。
  2. ^ a b 株式会社QBQ編 『懐かしスーパーファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス(M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784866400082 p84
  3. ^ a b c 『ボンバーマンマニアックス』ボンバーマン向上委員会、アスペクト
  4. ^ “Review Crew: Super Bomberman”. Electronic Gaming Monthly (EGM Media, LLC) (51): p. 32. (1993年10月) 
  5. ^ a b スーパーボンバーマン まとめ [スーパーファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年12月10日閲覧。
  6. ^ a b Super Bomberman for SNES (1993) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年12月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e 「8月情報号特別付録 スーパーファミコンオールカタログ'93」、『SUPER FAMICOM Magazine』、徳間書店1993年8月1日、 104 - 107頁。

外部リンク[編集]