ビッグウイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビッグウイング
漫画
原作・原案など 矢島正雄(原作)
作画 引野真二
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミック
レーベル ビッグコミックス
発表号 1999年14号 - 2005年13号
巻数 全18巻
話数 134話
テレビドラマ
原作 矢島正雄、引野真二
脚本 矢島正雄、武田百合子
演出 森田光則倉貫健二郎、他
制作 木下プロダクション
放送局 TBS系列
放送期間 2001年1月12日 - 2001年3月16日
話数 全10話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画テレビ

ビッグウイング』は、原作:矢島正雄、作画:引野真二による漫画、またそれを原作としたテレビドラマである。

小学館の漫画雑誌『ビッグコミック1999年14号(7月25日号)から2005年13号(7月10日号)まで連載された。単行本は小学館ビッグコミックスから全18巻が刊行されている。

概要[編集]

東京国際空港旅客ターミナルビル(現:第1ビル)「ビッグウイング」の案内カウンター「ツアーデスク」に勤める吉川久美子の奮闘ぶりと周辺の空港利用客や空港職員の人間ドラマを描いた群像劇的な作品で、物語は1-2話完結形式となっている。本作に登場する空港来訪者や搭乗客は何かしら過去のトラウマを抱えており、久美子の“お節介”で励まされ、それぞれの生きていく道を見いだして空港から離れていくという構成が多い。また、青年以上の人物が中心となる話では、バブル経済の後遺症(平成不況)や受験戦争、戦乱、事故など時代に奔走されて不遇な人生を過ごしてきたことを回想(投影)する描写が多用されている。

舞台はあくまでビッグウイングとその周辺(東京都内)であるが、偶発的に久美子が南紀白浜温泉へ一人旅をしたり、関西国際空港へ研修に赴いたりするエピソードが描かれている。久美子が宮﨑へ帰省しようとする時だけ、困っている人にお節介をしてしまい機会を逃してしまう。連載末期には中部国際空港社長が久美子の引き抜きを画策して招聘させるというエピソードも描かれた。

なお、現実の羽田空港旅客ターミナルビルの別称は「ビッグバード」であり、空港施設の運営管理を行う「日本空港ビルデング」に「株式会社ビッグウィング」という同名の旅行代理店業・各種サポート業務を担う子会社が実在する(第1ビルと世界貿易センタービル内に旅行カウンターが所在し、パッケージツアーの購入などが可能)。タイトルに関して「ビッグウイング」の名称使用許可を両社から受けている。

本作の連載終了から約5か月後に、矢島・引野のコンビによる『SORA! -フライトアテンダント物語-』が同じく『ビッグコミック』で連載された。

全話タイトル[編集]

  1. 翼をください
  2. サイドウォーク
  3. 休憩
  4. チケット
  5. 社員旅行
  6. 人生の価値
  7. ステージ
  8. 携帯電話
  9. グリーンスリーブス
  10. ウエディングドレス
  11. 聖夜
  12. 大晦日
  13. ウイニングボール
  14. 名女優
  15. 定年退職
  16. 帰郷
  17. ラッキョウ
  18. 役者
  19. 再会
  20. 絵ハガキ
  21. ミソ汁
  22. 桜花
  23. ボクサー
  24. 台北発
  25. 土産
  26. ヒマワリ
  27. 靴の跡
  28. 合コン
  29. ベースキャンプ
  30. 花束
  31. 坂道
  32. ファインダー
  33. 銭湯
  34. クリスマスケーキ
  35. 初陽
  36. 母歌
  37. 社員食堂
  38. 蹉跌
  39. 雪舞
  40. 父親
  41. 雛人形
  42. 落陽
  43. 六月の花嫁
  44. 女将
  45. 温泉
  46. 欠航
  47. 本籍
  48. けんか屋
  49. 花火
  50. 母親
  51. 背広
  52. ラストボール
  53. 牛肉麺
  54. ソバの花
  55. 行商
  56. 仲間
  57. 修学旅行
  58. 笑顔
  59. 小物入れ
  60. 希望退職
  61. 名前
  62. ラスト・フライト
  63. 駄菓子
  64. 子供
  65. ジューン・ブライド
  66. 角打ち
  67. 喫茶店
  68. 山車
  69. キャンセル待ち
  70. 送迎車
  71. 夏休み
  72. 葡萄
  73. 夜行バス
  74. 遠雷
  75. カレーライス
  76. 借金
  77. 初雪
  78. アルバム
  79. キープスマイリング
  80. 夫婦善哉
  81. パーソナリティー
  82. 肩ぐるま
  83. から揚げ
  84. 搭乗券
  85. 一輪のバラ
  86. ヒーロー
  87. 公衆電話
  88. 親知らず
  89. 東京
  90. 引退
  91. クリスマス・プレゼント
  92. お雑煮
  93. 富士山
  94. バレンタインデー
  95. いなり寿司
  96. 憧憬
  97. エイプリル・フール
  98. 転校生
  99. 日向夏
  100. 母の面影
  101. 自分の仕事
  102. コロッケパン
  103. 菩薩様
  104. アサガオ
  105. 帰郷
  106. つげ櫛
  107. 思い出の鍵
  108. 愛の力
  109. 秋桜
  110. 父と子
  111. ボランティア
  112. 思い出への旅立ち
  113. 思い出のシチュー
  114. 人生の時計
  115. 信じ合う心
  116. この街
  117. 津波
  118. セントレア・前編
  119. セントレア・後編
  120. 草むしり
  121. 二度目の万博
  122. 初心
  123. 伝説のバーテンダー
  124. 伝わる心
  125. 愛される久美子

テレビドラマ[編集]

2001年1月12日から2001年3月20日までTBS系列で毎週金曜日21時に全10話が放送された。

脚本には漫画版原作者の矢島が参加しているが、大まかな世界観とツアーデスクの人物設定のみ漫画版を踏襲している。ドラマオリジナルの設定として、TBSで過去に放送された『HOTEL』や『新幹線'97恋物語』のように、主人公たちの上席に当たる支配人(マネージャー)花村が登場している。

9話と最終話を除いて一話完結となっている。各話のプロットはオリジナルであるが、漫画版のプロットに脚色したエピソードも存在する。

実際に羽田空港ターミナルビル内で撮影が行われており、最終便出発後の22時台から始発便出発前の午前5時台にかけて借り切る形で敢行した。

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話 
最終話

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
Flight 1 2001年1月12日 大空港・涙の結婚・出産ストーリー 矢島正雄 森田光則 13.4%
Flight 2 2001年1月19日 オヤジ、負けんじゃねえぞ! 倉貫健二郎 14.2%
Flight 3 2001年1月26日 史上最悪の客がやって来る!? 武田百合子 富田勝典 11.2%
Flight 4 2001年2月02日 空港はラッキョでパニック!? 矢島正雄 高野英治 10.7%
Flight 5 2001年2月09日 大空港・命を救った夢芝居! 矢島正雄
武田百合子
倉貫健二郎 9.0%
Flight 6 2001年2月16日 俺の母ちゃんは世界一! 武田百合子 富田勝典 10.7%
Flight 7 2001年2月23日 恋人たちの出逢いと別れ…!? 松田礼人 9.4%
Flight 8 2001年3月02日 ああ涙! 母子、八年目の再会 高野英治 11.9%
Flight 9 2001年3月09日 お母さん、負けないで! 富田勝典 11.7%
Final Flight 2001年3月16日 はじめて知った母の愛 倉貫健二郎 11.2%
平均視聴率 11.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

その他[編集]

  • ドラマの本放映前後には、日本空港ビルデングの協力により、荷物を運ぶプッシュカートや壁面の広告スペース、また案内表示の裏側など、本来広告掲出できない場所にも「ビッグウイング」のポスターやステッカー、POP掲示による大規模プロモーションが行われた。
  • 島崎和歌子演じる丸岡玉子は口ぐせで「レディーゴー!」を連発しているが、これは演出担当のスタッフが、島崎が司会を務める同局の改編期特番『オールスター感謝祭』のファンだったためにセリフに加えたものである(番組内でクイズの回答やアンケートを開始する際の掛け声として島崎ら司会者が言う)。
  • 作中時折航空便の離着陸シーンが流れるが、ほとんどの場合離着陸時刻、発着地、便名(放映された2001年当時の時刻表。ちなみに登場便は全日空便が一番多く、日本エアシステム便・チャイナ・エアライン便が共に2回、日本航空便が1回であった)がタイプライター式でテロップ表示されていた。
  • 本放送以来、再放送およびビデオ化、DVD化はされていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 金曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
ビッグウイング