初沢亜利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

初沢亜利(はつざわ あり、1973年7月28日 - )は、フランスパリ生まれの日本写真家

人物[編集]

港区立青山中学校暁星国際高等学校を経て、上智大学文学部社会学科卒業。

第13期写真ワークショップ・コルプス修了後、イイノ広尾スタジオを経て写真家としての活動を始める。

小学生時代に森の木児童合唱団に所属し、子役として数々の舞台に立った。小学生4年次にはディズニー映画ピノキオ」の日本語吹き替え版でピノキオ役を務めた。 

大学時代には写真部に所属。卒業までに撮影した処女作「Tokyo Poesie」が太陽賞の最終候補作品となり、その後東京新聞にて150回の連載を行う。

2002年12月、新右翼団体「一水会」代表の木村三浩イラク戦争直前のバグダッドでの反戦活動の参加を打診され、2003年2月にバグダッドに訪問。戦後の6月にも再訪し、8月に「Baghdad2003」(碧天舎)を出版した。

写真家となってからは六本木男声合唱団倶楽部のトップテノールとしての活動も行っていた。

2013年末より1年3ヶ月沖縄に移住し、写真集を制作した後、「沖縄の基地を本土に引き取る会・東京」のメンバーとしての活動も行なっている。

2016年から再び北朝鮮に通い、2018年5月 写真集「隣人、それから。38度線の北」(徳間書店)を出版した。

写真集・書籍[編集]

写真展[編集]

  • 「humanite」AKI-EX GALLERY(2001)
  • 「Baghdad2003」AKI-EX GALLERY(2003)
  • 「東京午前5時、200人のポートレイト」ARIKA ART SITE(2007)
  • 「Modernism 2011-2012 東北-東京-北朝鮮」東京画廊(2012)
  • 「沖縄のことを教えてください」B GALLERY(2015)
  • 「沖縄のことを教えてください」新宿ニコンサロン(2015)
  • 「周縁からの眼差し - 東北・北朝鮮・沖縄 報告」アツコバルー(2015)
  • 「北朝鮮2016~2018」山﨑文庫(2018)

受賞歴[編集]

マスメディア[編集]

TV出演[編集]

  • NHK「NHKニュースおはよう日本」「ニュースウォッチ9」
  • TBS「ひるおび!」「サンデーモーニング」
  • テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」
  • フジテレビ「ユアタイム」「ほんまでっか!?TV」
  • BS朝日「ニュースの深層」
  • BSスカパー「ニュースザップ」「バズーカ」

エディトリアル[編集]

  • 週刊ポスト
  • 週刊現代
  • AERA
  • 週刊朝日
  • サンデー毎日
  • 婦人公論
  • 週刊SPA!
  • 週刊金曜日
  • SWITCH
  • Number
  • NAVI
  • CAR GRAPHIC
  • GENROQ