希望ヶ丘夫婦戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

希望ヶ丘夫婦戦争』(きぼうがおかふうふせんそう)は、実相寺昭雄による短編小説、およびそれを原作とした日本の映画

概要[編集]

映画[編集]

1979年版[編集]

希望ヶ丘夫婦戦争
監督 西村昭五郎
脚本 桂千穂
製作 結城良煕
出演者 片桐夕子
音楽 高田信
撮影 山崎善弘
編集 西村豊治
公開 日本の旗 1979年6月2日
上映時間 69分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日活ロマンポルノで映画化された。

あらすじ[編集]

食品会社に勤める猫田千吉は、妻の弘子と行ったモーテルでの事故がきっかけで不能になってしまう。だがそれは、仕事でストレスが溜めた千吉が妻以外と自由にセックスするために芝居をしていたのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

2009年版[編集]

希望ヶ丘夫婦戦争
監督 高橋巖
脚本 松本恭佳
製作 エースデュース
出演者 さとう珠緒
宮川一朗太
音楽 松永宏紀
撮影 八巻恒存
編集 矢船陽介
配給 バイオタイド
公開 日本の旗 2009年6月13日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

勃起不全に悩む夫を持つ弘子は、主婦仲間からアドバイスを受け、夫の愛を取り戻し子供を作ろうと励む。だが夫の千吉は「男の自立の会」に入会し、ラブドールの魅力に嵌ってしまい、弘子の方もスピリチュアルの世界へ興味を持つようになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:高橋巖
  • 製作者:小林洋一
  • プロデューサー:太田裕輝、鈴木政信
  • 原作:実相寺昭雄
  • 脚本:松本恭佳
  • 撮影:八巻恒存
  • 美術:内田哲也
  • 衣裳:川崎健二
  • 編集:矢船陽介
  • 音楽:松永宏紀
  • ヘアメイク:水野みゆき
  • 照明:丸山文雄
  • 整音・録音:星一郎
  • 助監督:安原正恭
  • 制作プロダクション・配給:バイオタイド

その他[編集]

  • 宮川とさとうはかつて、同時間に西の競馬中継(フジテレビ系列)の司会を担当しており、東西の歴代司会者での共演となった。

外部リンク[編集]