横田淑惠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横田 淑惠(よこた よしえ)は、占い師である。茨城県出身。通称:『銀座の母』。 二度離婚している。子供は一男一女。

早口のズーズー弁、歯に衣着せぬ物言いで捲くし立てるように話す癖があり、客が口を挟んだりすると頭を叩くこともある。 しかし、占いは当たると評判であり、人気の占い師のひとりである。

占いは、夫(後年離婚)の経営する会社が倒産して生活に困窮しキャバレーで働いていた頃、易者に「占い師に向いている」と言われたことがきっかけ。独学で手相や姓名判断などを習得した。

以前は銀座中央通りの歩道に簡易テーブルを設置して行っていたが、評判と人気が高まるにつれて行列が出来るようになったため、近隣商店や歩行者に迷惑が及ばないよう、このスタイルでの営業は中止した。現在は、銀座8丁目の雑居ビルの一室を借り、早朝から整理券を配布して1日に鑑定する人数を制限している。

1991年『今夜は好奇心!』(フジテレビ)をはじめ、『キミハブレイク』や『中居正広の金曜日のスマたちへ』、『激安バラエティー』(共にTBS)などに出演し話題となる。2009年9月28日放送の『SMAP×SMAPスペシャル』(フジテレビ)では、香取慎吾が演じる台場の母と初対面するとして本人が登場した。同年12月27日放送の『ものまねグランプリ』(日本テレビ)でも、イジリー岡田によるものまね時に本人として登場した。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]