生田信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

生田信(いくた のぶ、1885年 - 1950年)は、日本の測夫[1]測量助手)。

略歴・人物[編集]

  • 静岡県千頭(現在の川根本町)の出身。
  • 山に強かったことから、1907年(明治40年)に行われた剱岳での測量プロジェクト(団長:柴崎芳太郎)に測夫として参加。観測結果の記録などを担当した。7月13日、剱岳への登頂を果たした[1]
  • 剱岳への登頂後、帰郷して結婚。行商を経て1928年(昭和3年)に家庭用品販売店を創業。1950年に亡くなるまで従事した。
  • 新田次郎の小説『劒岳 点の記』では、若気の至りで無茶をし、柴崎や宇治長次郎らをハラハラさせるも、苦難に直面することで最後は謙虚さの必要性に気づき、仲間を認め合う男として描かれている。

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 長次郎と剱岳登頂 史実は” (日本語). asahi.com. 朝日新聞 (2021年6月18日). 2021年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月28日閲覧。

参考資料[編集]

  • 静岡新聞「おとな派 エトセトラ」