ワルボロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワルボロ』(waruboro)は、ゲッツ板谷小説。及び、それをもとにした漫画映画。作者の出身地でもある1980年代立川市が主な舞台となっている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

板谷宏一(いたや こういち)
通称、コーちゃん。三中(映画では参上中学)の3年生。小学2年生から塾に行き始め英才教育を受けて育った典型的なガリ勉。しかしかつての親友であり現在は参上中最強の不良、ヤッコの授業中の嫌がらせ(通称:授業中テロ)を受け、惚れている女・山田の前で格好悪い所は見せられないとヤッコに反抗し、チョーパン合戦となる。死闘の末勝利し、ヤッコと友情が改めて結ばれ、自らも不良となる。
ヤッコ
三中最強の不良。コーイチが塾に行き始める前は兄弟のような親友であった。錦小学校出身で構成される不良グループ、錦組のボスで仲間からの信頼も厚く、自分とコーイチなら無敵だと信じている。冷静かつ無口で喧嘩の腕はかなり高く、数人を相手にしても余裕で片付けられる。いつも学ランをだらしなく着ており、個性的なTシャツを着ている。睨むだけでその場の空気を支配できるほどの眼力を持つ。
山田(やまだ)
コーイチと同じクラスの少女。眼鏡を外すと、かなりの美人。親が議員で、厳格な家庭に育つ。コーイチには「ガリ勉女」と呼ばれていた。
キャーム
錦組の参謀。髪型はオールバック。常に冷静で頭も切れるようである。タバコに火をつける時のパフォーマンスはコーイチを感心させた。コーイチの叔父でありヤクザである猛身を前にしてもヤッコとともに逃げなかったなど、度胸もある。時々笑い上戸になる。
小佐野(おさの)
錦組のメンバー。錦組の中で体が一番大きいが実際はかなりのビビリで、自分が逃げることを一番優先に考えている。コーイチが不良になってから他の不良グループに目をつけ始められたことから、コーイチを厄病神と思っている。
ビデちゃん
錦組のメンバー。武器オタク。コーイチのことを板谷大尉と呼び、ヤッコを大佐と呼ぶ。猛身にはゴマダンゴと呼ばれた。大人数の相手を前にしても逃げないなど、度胸はある。父はタクシー運転手だが、ほとんど家に寄り付かない。離婚して生き別れた母と妹がいる。
カッチン
錦組のプチパシリ。呂律が回らない。極度の緊張に陥ると失禁する。
ヤブ
羽衣小学校出身で構成される羽衣組のボス。ブロッコリーのような頭をしている。ヤッコにどちらの力が上か勝負を挑んだが相手にされず、逆にコーイチに倒された。そしてこのままだとボスとしての立場を失うことから壱等中学校の銭イボに錦組を潰すよう依頼する。過去にヤッコに消火器で殴られ血まみれにされた事から、消火器が弱点。
銭イボ(ぜにいぼ)
第一中学校(映画では壱等中学校)の不良のボス。かなりの守銭奴。色黒で体じゅうイボだらけである。喧嘩の腕はかなり高く、怪我をしているとはいえヤッコでも敵わなかった。腕力が強く、体重50kgのコーイチを軽々と持ち上げるほど。しかし猛身の威圧感には敵わず、結果逃亡。その後もコーイチ達を狙っている。
猛身(たけみ)
コーイチの叔父であり本物のヤクザ。コーイチをヤクザにしようとしている。銭イボ率いる壱等中が攻めてきたときに登場し、現れただけで銭イボ以外の壱等中生を恐怖で逃げさせた。コーイチたちに喧嘩のレクチャーをし、ヤクザの世界に引き入れようとするが、コーイチに阻止され、その我の強さを自分と似ていると喜んだ。
キム
朝鮮中学の不良のボス。

漫画[編集]

週刊ヤングジャンプ」にて、花岡暁生画で連載されていた。コミックス全3巻が発売されている。

  1. (2007年7月19日発売) ISBN 978-4-08-877297-4
  2. (2007年8月17日発売) ISBN 978-4-08-877314-8
  3. (2007年11月19日発売)ISBN 978-4-08-877358-2

映画[編集]

2007年9月8日公開。配給は東映

キャッチコピーは「喧嘩暴走、ときどき恋。ワルくてボロい青春グラフィティー」、「時間すら、忘れた。一度だけの夏、あの子との距離、俺達の卒業式。」。

また、本篇の一般向けDVDは特別編ともに2008年3月21日に発売されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]