チャン・ドンゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チャン・ドンゴン
장동건
장동건
チャン・ドンゴン
生年月日 (1972-04-20) 1972年4月20日(46歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国 ソウル特別市龍山区
国籍 大韓民国の旗 韓国
民族 韓民族
身長 182cm
血液型 O型
職業 俳優
活動期間 1992年 -
配偶者 コ・ソヨン
公式サイト worldadonis.com
主な作品
韓国映画
敗者復活戦』『NOWHERE ノーウェアー』『アナーキスト』『友へ チング
ブラザーフッド』『PROMISE 無極
マイウェイ 12,000キロの真実
テレビドラマ
ファイナル・ジャンプ』『ドクターズ
イヴのすべて』『紳士の品格』『SUITS』
チャン・ドンゴン
各種表記
ハングル 장동건
漢字 張東健
発音: チャン・ドンゴン
英語表記:
2000年式
MR式
Jang Dong-gun
Jang Dong-geon
Chang Tonggŏn
テンプレートを表示

チャン・ドンゴン: 장동건; 張東健1972年4月20日 - )は、大韓民国男性俳優ソウル特別市龍山区出身。身長182cm、血液型O型、仏教徒。2017年までSM C&Cに所属していたが、2018年に個人事務所を設立した[1]

来歴[編集]

ムンイル高等学校卒業後、予備校の学費のためエキストラとしてCMに出演。両親の勧めでMBCの専属タレントオーディションを受け、1992年に21期生として採用された[2]。高校在学中は不良として有名だったという。

同年、当時の人気ドラマ『われらの天国』に出演し俳優としてデビュー。大きな目と彫りの深い顔立ちから注目を浴び、「彫刻美男」と呼ばれアイドル的な人気俳優となった。

一枝梅』『ファイナル・ジャンプ』など数本のテレビドラマに出演後、演技を学ぶため韓国芸術総合学校に入学。演劇科で2年学んだのちに中退し、ドラマ『アイシング』で芸能界に復帰。1997年に『敗者復活戦』で映画初出演を果たした。

90年代後半にはすでに韓国内で高い人気を確立していたが、出演したテレビドラマが国外で放送されるようになると、中国語圏やタイなどアジア諸国でもファンを獲得。1999年、パク・チュンフン主演の『NOWHERE ノーウェアー』での後輩刑事役で青龍映画賞助演男優賞を受賞。

2001年公開の映画『友へ チング』は、800万人を超える観客を動員して当時の韓国映画の歴代興行成績一位となった[3]。釜山を舞台に不良少年からヤクザになる男を演じて「イケメン俳優」のイメージから脱却し、韓国を代表するスターの一人となった。

2004年公開の映画『ブラザーフッド』は、『友へ チング』『シルミド』が持っていた韓国の歴代観客動員数を更新[4]。この作品で、青龍映画賞主演男優賞を受賞した。

2001年からは映画作品で活躍していたが、2012年に『紳士の品格』で12年ぶりにテレビドラマに出演した。

人物・エピソード[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

日本の番組のゲスト出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “[芸能]チャン・ドンゴン 個人事務所設立へ”. 聯合ニュース. (2018年1月10日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/01/10/0200000000AJP20180110002400882.HTML 2018年1月10日閲覧。 
  2. ^ チャン・ドンゴンのプロフィール、画像、最新ニュース
  3. ^ 映画『友へ チング』
  4. ^ 映画『ブラザーフッド』
  5. ^ “泣く男:イ・ジョンボム監督に聞く 主演のチャン・ドンゴンの「野獣のような目つきがよかった」”. MANTANWEB. (2014年10月18日). https://mantan-web.jp/article/20141018dog00m200035000c.html 2014年10月18日閲覧。 
  6. ^ キム・ギョンウク 「韓流ブームと韓国映画」、キム・ミヒョン責任編集 『韓国映画史』 キネマ旬報社、2010年、409頁
  7. ^ “韓流スターと日本プロ野球OBが激突”. 日刊スポーツ. (2010年10月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20101006-687335.html 2010年10月6日閲覧。 
  8. ^ “チャン・ドンゴンさん、コ・ソヨンさんと結婚へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年3月7日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100307-OYT1T00046.htm 2010年3月7日閲覧。 
  9. ^ “<芸能>チャン・ドンゴンに長女誕生 2児の父に”. 聯合ニュース. (2014年4月25日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/02/25/0200000000AJP20140225002200882.HTML 2014年2月25日閲覧。 
  10. ^ 俳優チャン・ドンゴン、メジャーリーグで始球式マウンドに登場! 現地観衆から大歓声”. ワウコリア (2017年8月7日). 2017年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]