チェ・ミンシク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェ・ミンシク
チェ・ミンシク
生年月日 1962年4月27日(53歳)
出生地 ソウル特別市[1]
国籍 韓国の旗 韓国
身長 177cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1988年[2] -
事務所 C-JESエンターテイメント
崔岷植
各種表記
ハングル 최민식
漢字 崔岷植[2]
発音: チェ・ミンシク
英語表記: Choi Min-sik[2]
テンプレートを表示

チェ・ミンシク(崔岷植、1962年4月27日[2] - )は、韓国俳優である。

来歴[編集]

高校在学中に劇団「根」に研究団員として入団。1990年KBSのドラマ『野望の歳月』に出演し、一躍スターになる。1999年、映画『シュリ』でパク・ムヨン役を演じ、韓国のアカデミー賞にあたる大鐘賞の主演男優賞を受賞した。2002年には、カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した『酔画仙』に出演。2004年、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した『オールドボーイ』に主演し、青龍映画賞と大鐘賞の主演男優賞を受賞した。2014年の主演映画『鳴粱』は韓国歴代最多となる1900万人の観客動員数を記録し、自身も3度目となる大鐘賞の主演男優賞を受賞した。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 野望の歳月(1990年、KBS
  • また会う時まで
  • ソウルの月(1994年、MBC
  • 一人目覚める朝(1994年)
  • パパは市長(1996年、SBS
  • ミス&ミスター(1996年、SBS)
  • (1996年)
  • 一月
  • 彼らの抱擁(1996年)
  • 愛と離別(1997、MBC)
  • 白夜(1998年)

受賞歴[編集]

  • KBS演技大賞 新人賞(1990年)
  • 第36回大鐘賞 主演男優賞(『シュリ』、1999年)
  • 第38回アジア太平洋映画祭 主演男優賞(『ハッピーエンド』、2000年)
  • 第35回百想芸術大賞 主演男優賞
  • 第4回ドービルアジア映画祭 最優秀主演男優賞
  • 第22回青龍映画賞 主演男優賞(『パイラン』、2002年)
  • 第24回青龍映画祭 主演男優賞(『オールド・ボーイ』、2004年)
  • 第41回大鐘賞映画祭 主演男優賞(『オールド・ボーイ』、2004年)
  • 第51回大鐘賞映画祭 主演男優賞(『鳴粱』、2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 人物情報 ネイバー (朝鮮語) 2011年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d チェ・ミンシク KMDb (朝鮮語) 2011年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]