わかば*ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わかば*ガール
ジャンル 4コマ漫画日常
漫画
作者 原悠衣
出版社 芳文社
掲載誌 乙女通信
レーベル まんがタイムKRコミックス
発表期間 2010年 - 2013年
巻数 全1巻
アニメ
原作 原悠衣
監督 渡邊政治
シリーズ構成 花田十輝
脚本 花田十輝
キャラクターデザイン 石田可奈
音楽 川井憲次
アニメーション制作 Nexus
製作 白詰女子高一年藤組
放送局 TOKYO MXBS11AT-X
放送期間 2015年7月3日 - 9月25日
話数 全13話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

わかば*ガール』は、原悠衣による日本4コマ漫画作品。2010年から2011年に掛けて[1]創作工房の雑誌『乙女通信』で第3話まで連載された[2]。同誌の休刊により未完となっていたが、著者のブログ「Hara*Rira」に掲載された第4話[3]、描き下ろしの最終話を加えて、2013年[1]まんがタイムKRコミックスレーベルから単行本として刊行された。

2015年3月19日発売の『まんがタイムきららMAX』誌上で、本作がTOKYO MXBS11の『ULTRA SUPER ANIME TIME 1stSEASON』内にて短編テレビアニメとして放映されることが発表され[4]、同年7月より9月まで放送された。

ストーリー[編集]

いわゆるお嬢様で女子高生の小橋若葉と、クラスメートとの日常を描く。

登場人物[編集]

キャラクタープロフィールは『わかば*ガール 公式ファンブック』より。

小橋 若葉(こはし わかば)
声 - 小澤亜李[5]
本作の主人公。高校1年生。4月1日生まれ。身長165㎝。家はものすごいお金持ちで、いわゆるお嬢様。おしとやかな性格で、常に「〜ですわ」などのお嬢様口調で話す。家族は両親[注 1]と姉がいて、犬を飼っている。
普通の女子高生やギャルらしいことに強い憧れを持つが、ギャル向けのゲームソフトと勘違いしてギャルゲーを購入するなど、どこかズレた感覚を持つ。
お嬢様学校である水蓮女学院を志望したが、学力が及ばず[6]、萌子、真魚、直たちと同じ女子高校[注 2]に入学した。運動神経は良いが、勉強が苦手(特に数学)。
時田 萌子(ときた もえこ)
声 - 井澤美香子[5]
若葉のクラスメート。10月20日生まれ。身長145㎝。お菓子作りが得意[7]
おっとりとした友達思いの優しい性格で、少々天然でメルヘンな発言をすることもあるものの若葉たちの4人の中ではしっかり者の常識人であり、基本的にツッコミに回ることが多い。アニメ版では運動が小学校の頃から苦手で逆上がりも出来ない描写がある。4人の中で一番身長が低い。
黒川 真魚(くろかわ まお)
声 - M・A・O[5]
若葉のクラスメートでマイペースな女の子。7月17日生まれ。身長155㎝。一人称は「まお」[8]。語尾に「〜っす」とつけて話す。
天真爛漫な明るい性格だが、少々お調子者な性格でもあり、直に余計なことを言っては制裁を食らう。惚れっぽい性格でもあり若葉を観察してお嬢様キャラになろうとしたが、若葉のお嬢様としてのレベルが高すぎるため諦めた。
真柴 直(ましば なお)
声 - 村川梨衣[5]
若葉のクラスメート。皆から柴さんと呼ばれている。12月12日生まれ。身長158㎝。ボクっ子メガネっ娘だが、普段は「私」で通している。ボーイッシュな性格で腐女子でもある[9]。しかし男っぽいところに強いコンプレックスを持っており、女子らしいことにあこがれている一面がある。また新学期で自己紹介する際、一人称がちぐはぐになってパニックを起こすなど緊張しやすい。
中学生の時はサッカー部で、運動神経は良いものの逆上がりができない。ちなみに今は帰宅部らしい。ツッコミに回ることが多いが、天然でオタクなところもありボケに回ることもある。背丈が若葉の次に高めで、若葉たち4人の中で一番胸が大きい。
小橋 柚葉
声 - 木村珠莉
若葉の姉。
おしとやかな性格で、趣味でファミレスを営業している。
小橋 乙葉
声 - 浅倉杏美
若葉の母。
娘2人同様おしとやかな性格。また、若葉をかなり溺愛しており、なにかと若葉のことを心配している。
先生
声 - 能登麻美子
若葉たちの担任教師。女性。
おっとりとした性格で、パニックになった直をフォローしたり、若葉の行動や発言に少々驚かされている。

書誌情報[編集]

  • 原悠衣 『わかば*ガール』 芳文社まんがタイムKRコミックス、2013年11月10日ISBN 978-4-8322-4363-7
  • 原悠衣 『わかば*ガール公式ファンブック 女子高生は“はじめて"がいっぱい!』 芳文社まんがタイムKRコミックス、2015年12月26日ISBN 978-4-8322-4652-2

テレビアニメ[編集]

2015年7月より9月まで、ウルトラスーパーピクチャーズが企画するアニメ枠『ULTRA SUPER ANIME TIME』で、『うーさーのその日暮らし 夢幻編』、『ミス・モノクローム -The Animation- 2』とともに[10]、30分枠の3本立てショートアニメのうちの1本として放送された。1話約8分・全13話。アニメーション制作のNexusにとっては、本作が初のテレビシリーズ元請作品となる。なお、Nexusはウルトラスーパーピクチャーズ傘下ではないが、同社が協力としてクレジットされている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

映像外部リンク
TVアニメ「わかば*ガール」OPテーマRay「初めてガールズ」試聴動画 - YouTube
オープニングテーマ「初めてガールズ!」(第1話 - 第12話)
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - ミト
歌(第1話 - 第8話、第10話 - 第12話) - Ray
歌(第9話) - 一年藤組(小澤亜李井澤美香子M・A・O村川梨衣
2015年6月28日のイベント『まんがタイム きららフェスタ!2015』で初めて公開された[12]。Rayのタイトル曲としては珍しい、可愛らしく、活発な曲に仕上がっており、Rayは「『わかば*ガール』のキャラを思い浮かべながら(中略)挑みましたっ」と表明した[13]。また、「一年藤組」のひとりとして同曲を歌った小澤亜李は、「キャッチーな歌」であると感じたとコメントした[14]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 原作
一葉 夢は女子高生です 渡邊政治 野田康行 第1話
二葉 Dカップでお願いします 山本裕介 徳本善信
三葉 ギャルへの道のりは遠い 山本秀世 中西和也 第2話
四葉 これが包丁ですか 許平康 高島大輔 よち
五葉 お嬢様はずるい 山本裕介 横田一平 北原大地 第3話
六葉 布の面積が小さすぎます ジミー・ストーン 中西和也
七葉 もしかしてスナイパー 山本秀世 野田康行 アニメオリジナル
八葉 ドンドコドコドコ 徳本善信 高島大輔 よち 第4話
九葉 若葉ちゃんフィーバー 北原大地
十葉 それは無理ですわ~ 渡邊政治 横田一平 中西和也 アニメオリジナル
十一葉 堕落人間製造機械 山本秀世 よち
十二葉 その目をやめろ 石田可奈 第4話
十三葉 普通の女の子 渡邊政治 野田康行
十四葉 温泉つかりたい 渡邊政治 横田一平 中西和也 アニメオリジナル[注 3]

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[15]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [16] 備考
2015年7月3日 - 9月25日 金曜 22:40 - 22:50 AT-X 日本全域 CS放送 / 製作委員会参加 / リピート放送あり
金曜 23:17 - 23:30 TOKYO MX 東京都 ULTRA SUPER ANIME TIME』内(1st SEASON 3枠目)
2015年7月6日 - 9月28日 月曜 1:17 - 1:30(日曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠 / 『ULTRA SUPER ANIME TIME』内(1st SEASON 3枠目)
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[17]
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2015年7月4日 - 9月26日 土曜 12:00 更新 dアニメストア 製作委員会参加
2015年7月11日 - 10月3日 楽天ショウタイム
ビデオマーケット
土曜 22:46 - 23:00 ニコニコ生放送 『ULTRA SUPER ANIME TIME』内(1st SEASON 3枠目)
2015年7月12日 - 10月4日 日曜 0:00(土曜深夜) 更新 ニコニコチャンネル 第1話無料、第2話以降1週間無料
2015年7月15日 - 10月7日 水曜 12:00 更新 GYAO! 第1話無料、第2話以降1週間無料
2015年7月25日 - 10月3日 土曜 12:00 更新 バンダイチャンネル 第1話無料、第2話以降有料
有料会員は全話見放題
第1話 - 第3話同時配信開始

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD初回版 DVD初回版
1 2015年9月18日 第1話 - 第7話 GNXA-1528 GNBA-1528
2 2015年10月23日 第8話 - 第14話 GNXA-1529 GNBA-1529
BOX[注 4] 2016年11月9日 第1話 - 第14話 GNXA-1530 -

Webラジオ[編集]

わかば*ラジオ』のタイトルで、2015年7月31日から10月9日までdアニメストアにて配信された。隔週金曜日更新。パーソナリティは井澤美香子(時田萌子 役)、M・A・O(黒川真魚 役)。

タイアップ[編集]

叡山電鉄
本作のヘッドマークを装着したデオ720形電車が、2015年7月1日から9月30日まで運行された[18]

関連項目[編集]

  • きんいろモザイク - 本作と同じく、原による4コマ漫画。本作のには『「きんいろモザイク」の原悠衣が描くもう一つの4コマ漫画』と記された[19]。また、2016年11月12日に劇場公開された「きんいろモザイク Pretty Days」の作中において、「水蓮女学院」について言及している場面がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 父は未登場。
  2. ^ アニメ版では「白詰女子高等学校」という名称が付いた。
  3. ^ DVD、BD版のみの新作エピソード。公式ファンブックには原悠衣執筆のほぼ同内容の四コマ漫画が掲載されている。
  4. ^ 商品名は「Blu-ray SET」。

出典[編集]

  1. ^ a b “きんモザの原悠衣描くもうひとつの日常4コマ「わかば*ガール」TVアニメ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年3月19日). http://natalie.mu/comic/news/141319 2015年9月25日閲覧。 
  2. ^ 原悠衣. “about”. 2015年9月25日閲覧。
  3. ^ 原悠衣 『わかば*ガール』第1巻、芳文社、2013年11月10日、あとがき。ISBN 978-4-8322-4363-7
  4. ^ “わかば*ガール : 「きんモザ」作者のマンガ 7月にテレビアニメ化”. 毎日新聞まんたんweb. (2015年3月9日). http://mantan-web.jp/2015/03/19/20150318dog00m200086000c.html 2015年3月25日閲覧。 
  5. ^ a b c d 「わかば*ガール」キャストに小澤亜李、井澤美香子、M・A・O、村川梨衣”. コミックナタリー. 2015年5月19日閲覧。
  6. ^ 第1巻 p4
  7. ^ 第1巻 p34
  8. ^ 第1巻 p5
  9. ^ 第1巻 p23-24
  10. ^ Hara*Rira”. 原悠衣公式ブログ (2015年3月22日). 2015年3月27日閲覧。
  11. ^ “『わかば*ガール』のキービジュアル&スタッフを公開! 脚本は『ラブライブ!』の花田十輝さんが担当【アニメジャパン2015】”. アニメイトTV. (2015年3月21日). http://www.animate.tv/news/details.php?id=1426916502 2015年3月27日閲覧。 
  12. ^ Ray (RONDO ROBE)「TVアニメ『わかば*ガール』オープニング・テーマ、Ray「初めてガールズ!」の試聴動画が公開」、『CDジャーナル』、音楽出版社、2015年6月30日2015年9月25日閲覧。
  13. ^ 逆井マリ (2015年8月26日). “Ray 2か月連続シングルリリース!『To LOVEる ダークネス 2nd』『わかば*ガール』OPに込めた気持ちを語る”. アニメイトTV (アニメイトラボ). http://www.animate.tv/news/details.php?id=1440470482 2015年9月25日閲覧。 
  14. ^ 「初めてガールズ!」レコーディングレポート”. 原悠衣・芳文社/白詰女子高一年藤組 (2015年8月20日). 2015年9月25日閲覧。
  15. ^ わかば*ガール”. ULTRA SUPER ANIME TIME -ウルトラスーパーアニメタイム-. 2015年6月3日閲覧。 放送情報”. アニメ「わかば*ガール」公式サイト. 2015年6月3日閲覧。
  16. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  17. ^ 放送情報”. アニメ「わかば*ガール」公式サイト. 2015年7月14日閲覧。
  18. ^ きらら×きららプロジェクト アニメ「城下町のダンデライオン」&「わかば*ガール」コラボ企画 ヘッドマーク車両運行について (PDF)”. 叡山電鉄 (2015年6月26日). 2016年8月15日閲覧。
  19. ^ 原悠衣/わかば*ガール 「描き下ろしの最終話を追加して、ついに単行本化!!」”. アキバBlog (2013年10月27日). 2015年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]

TOKYO MXBS11 ULTRA SUPER ANIME TIME第3部
前番組 番組名 次番組
-
わかば*ガール