おこしやす、ちとせちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おこしやす、ちとせちゃん
ジャンル 日常、キャラクター
漫画
作者 夏目靫子
出版社 講談社
掲載誌 BE・LOVE
レーベル ワイドKC BE・LOVE
発表号 2016年10号 -
発表期間 2016年4月30日 -
巻数 既刊3巻(2018年3月13日現在)
アニメ
原作 夏目靫子
監督 矢立きょう
シリーズ構成 矢立きょう
キャラクターデザイン 三田潤
音楽 こぐま
アニメーション制作 ギャザリング
製作 VAP
放送局 TOKYO MXKBS京都
放送期間 2018年10月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

おこしやす、ちとせちゃん』は、夏目靫子による日本漫画作品。講談社の女性向けコミック雑誌『BE・LOVE』にて2016年10号より連載中[1]

2018年10月よりテレビアニメが放送。

内容[編集]

コウテイペンギンの雛鳥である「ちとせちゃん」が京都の町並みを散策し、人間たちと交流する。

キャラクター[編集]

ちとせちゃん
主人公であるコウテイペンギンのヒナ鳥。生まれて間もないので、京都の何もかもが新鮮で、いつも色々な場所に赴く。人間の食べ物も大好き。京都に来た経緯は不明だが、作中描写から元々は南極大陸に住んでいた節がある。
なおコウテイペンギンなので、人間の言葉はしゃべらない。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2018年10月よりTOKYO MXKBS京都で、5分枠のショートアニメとして放送。ちとせちゃん以外の登場人物の声はすべて、京都出身の遊佐浩二(男キャラ)と小岩井ことり(女キャラ)が演じる。ナレーションは初めてテレビアニメにキャスティングされる堤真一が担当。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 夏目靫子(講談社「BE・LOVE」連載)
  • 監督・シリーズ構成 - 矢立きょう
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 三田潤
  • 作画 - 篠田蓮、山本雄三、宮野ケイト
  • 色彩設計 - のぼりはるこ
  • 美術監督 - 山田ヨシノブ
  • 撮影監督 - 横枕洸一
  • 音楽 - こぐま
  • 音響監督 - 阿部信行
  • 音響効果 - 庄司修平
  • アニメーション制作 - ギャザリング
  • アニメーション制作協力 - レスプリ
  • 製作 - VAP[2]

主題歌[編集]

エンディングテーマ「泣く子も笑う」
作詞・作曲・歌 - にゃんぞぬデシ

放送局[編集]

日本国内 地上波テレビ / 放送期間および放送時間[3]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [4] 備考
2018年10月6日 - 土曜 1:35 - 1:40(金曜深夜) TOKYO MX 東京都
KBS京都 京都府 作品の舞台地
2018年10月10日 - 水曜 23:50 - 23:55 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり

脚注[編集]

  1. ^ BE・LOVEで京都に出没するペンギン描く新連載、鈴木有布子の読切も登場”. コミックナタリー (2016年4月30日). 2018年9月15日閲覧。
  2. ^ 『おこしやす、ちとせちゃん』遊佐浩二・小岩井ことりが出演決定”. アニメイトタイムズ (2018年9月15日). 2018年9月15日閲覧。
  3. ^ 放送情報”. TVアニメ「おこしやす、ちとせちゃん」公式サイト. 2018年9月15日閲覧。
  4. ^ テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク[編集]