講談社コミックスフレンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

講談社コミックスフレンド(こうだんしゃコミックスフレンド)は、かつて講談社が発行していた日本漫画単行本レーベル。同社の少女漫画雑誌週刊少女フレンド』に掲載された作品を主に収録し、1974年から1997年にかけて刊行された。なお、同社の『別冊フレンド』掲載作品は、2010年3月現在も「講談社コミックス別冊フレンド」のレーベルから刊行されている。

創刊時に刊行された単行本は以下の4冊。

「講談社コミックスフレンド」は単行本の奥付などに記載されている名称。そのほか「KCフレンド」や「フレンドKC」と呼ばれることもある。

概要[編集]

フレンドシリーズ[編集]

講談社の新書判の漫画単行本レーベルとして、「講談社コミックス」が創刊された。そのうち、『週刊少年マガジン』などの少年漫画雑誌に掲載された作品を収録したものには KC1 から番号が振られ、少女漫画雑誌に掲載された作品を収録したものには表紙に「フレンドシリーズ」の名称がつき KC501 から番号が振られ、それぞれ刊行された。

1969年から1974年にかけて、KC501 から KC589 までの全89冊が刊行され、その中には『サインはV!』(望月あきら 原作:神保史郎)・『アテンションプリーズ』(細川知栄子 原案:上條逸雄)・『金メダルへのターン』(細野みち子 原作:津田幸夫)など、テレビドラマになった作品も含まれている。

初期に刊行されたタイトルにはビニールカバーがかけられているものがある。表紙には「フレンドシリーズ」と記載されている[1]。背表紙には特にマスコットマークなどはなく、「KC」のロゴのみであり、上部に「KC501」といった横書きでナンバリングがされている。一部のタイトルは、1970年代後半に「講談社漫画文庫」から再び刊行された。2010年現在、このシリーズの単行本を入手するのは絶版漫画を専門に扱っている古書店でも困難である。

レーベル独立後[編集]

1974年に講談社の少女漫画のレーベルが新しく作られ、「講談社コミックスフレンド」が誕生した。このレーベルでは、KC601 から番号が振られた。うさぎのマスコットマークが表紙や背表紙についているのが特徴。大和和紀の『モンシェリCoCo』や細川知栄子の『あこがれ』のように、前述の「フレンドシリーズ」で刊行されたタイトルもある。特に、『あこがれ』は前述の「フレンドシリーズ」を含めると3度も刊行されている。

このレーベルの単行本は全1巻のものが多く、そうでない場合でも巻数は少なめである。長編としては、庄司陽子の『生徒諸君!』(全24巻)、西尚美の『まひろ体験』(全11巻)が目立つくらいで、集英社の「マーガレットコミックス」に比較すると少ない。

前述の「フレンドシリーズ」から継承されている特徴として、単行本のカバーを外した本体(背景は白色)に、表紙とは別のイラストが描かれていることが挙げられる(これは同じ講談社の「講談社コミックスなかよし」でも同様)。ただ、それがみられるのはこのレーベルでも比較的初期に刊行されたものであり、1977年頃に本体の背景が「KC」の模様に変更されてからはイラストは描かれなくなった。また、レーベル独立後当初は本体には発行日の表記がなく、カバーに表記されていたが、1978年頃からは巻末の奥付部分に表記されるようになった(「講談社コミックスなかよし」も同様)。

ナンバリングに関しては、1983年12月に KC999 に達したため、1984年1月以降に刊行されたタイトルは一部の例外(1983年以前から刊行されていたシリーズものなど)を除き、KC1 から番号が割り振られることになった。一方で、同じ講談社の「講談社コミックス別冊フレンド」や「講談社コミックスなかよし」においては、1000 以降も引き続き刊行されている。

1990年代には、カバーのデザインが一新され赤を基調としたものに変更された。またナンバリングの前の英字も KC から KCF に改められている。そして、1996年9月の『少女フレンド』の事実上の廃刊にともない、1997年を最後にこのレーベルから新刊が刊行されることはなくなった。2010年3月現在は、全てのタイトルが絶版もしくは「品切重版未定」となっており、新刊書店でこのレーベルの単行本を目にすることはない。

このレーベルの主な作品[編集]

テレビドラマ化もしくはテレビアニメ化された作品を挙げる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし里中満智子の『アップルマーチ』などには記載はない。これは掲載誌が『なかよし』であるためで、後に「講談社コミックスなかよし」のレーベルから再刊行されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]