能面女子の花子さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
能面女子の花子さん
ジャンル ギャグ漫画
学園漫画
漫画
作者 織田涼
出版社 講談社
掲載誌 ITAN・ITAN WEB COMIC
BE・LOVEコミックDAYS
レーベル ITANコミックス
発表号 ITAN:
25号[講 1] - 44号[講 2]
ITAN WEB COMIC:
2015年9月[講 1] - 2018年4月[講 2]
BE・LOVE
2018年16号[講 2] -
コミックDAYS
2018年8月[講 2] -
発表期間 2015年8月7日[1] -
巻数 既刊7巻(2021年10月13日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

能面女子の花子さん』(のうめんじょしのはなこさん)は、織田涼による日本漫画。家庭の事情により能面をつけて生活する女子高生の学校生活を描く[2]

作者の織田は2015年、『ITAN』(講談社)が主催する新人賞・「スーパーキャラクターコミック大賞」において優秀賞とYahoo!ブックストア賞を同時受賞しており、その受賞作「能面女子の花子」が本作の原型となっている。同年発売された『ITAN』27号から連載を開始し[1]、『ITAN』本誌、および『ITAN』公式サイトの内部コンテンツ「ITAN WEB COMIC」で連載された。『ITAN』は2018年に発売された44号をもって休刊したが[3]、本作は『BE・LOVE』および『コミックDAYS』(いずれも講談社)に移籍して連載中である。

あらすじ[編集]

本作の主人公・泉花子は、能面をつけて生活する少女である。彼女には相川賢司という幼馴染がおり、小中学校時代は同じ学校に通っていたが、高校は別々になってしまう。進学先の高校で、花子は他の生徒から怖がられるが、クラスメイトの江口香穂と親しくなり、行動を共にするようになる。

ある日、香穂と街に出かけた際、花子は松田三郎という能楽師と出会い、彼に惚れられる。夏休み、花子は三郎に誘われ、香穂や賢司とともに海で遊ぶ。夏休み明け、花子は、海で遊んだときの姿を盗撮されインターネットにアップロードされていたこと、三郎の兄・一がこの事態に対処してくれたことを知り、礼を兼ねて松田家へ挨拶に赴く。

登場人物[編集]

泉 花子(いずみ はなこ)
本作の主人公[4]。能面を制作していた一族の末裔で、一族のしきたりに従い、人前では常に能面をつけている[5]
成績優秀で気品もあるが[6]、お茶目で活発な一面もある[7]。食べることが好きな健啖家という一面も持つが[5]、スタイルは良い[7]
江口 香穂(えぐち かほ)
花子の高校でのクラスメイト。ふわふわした雰囲気を持つ女子[8]。部活動は家庭科部に所属している。
花子の内面のかわいらしさに気づき[9]、彼女と親しくなる。一方で、賢司に対しては容赦なくツッコミを入れている。
相川 賢司(あいかわ けんじ)
花子の幼馴染。幼いころ、花子が自分のことを好きだと勘違いしたことがきっかけで、彼女に好意を寄せるようになる[10]。イケメンだが[5]、勉強は苦手。
松田 三郎(まつだ さぶろう)
イケメンの能楽師[9]。能楽師一家・松田家の第三子で、次期当主と目されている。
花子がつけていた能面に惚れ、その後、自分とは違う形で伝統と向き合う花子に人間的興味を持つようになる[10]。花子がつけている能面を見ただけで、花子の思考や花子に関する情報が分かるという技能を持つ。
北山 祥子(きたやま しょうこ)
花子と香穂のクラスを担任する高校教師。担当教科は古典。花子の担任となったことをきっかけに能にハマり、三郎のファンクラブに入会する。また花子の母親とも仲が良く、彼女から能面の制作方法を習っている。

制作背景[編集]

織田によると、花子というキャラクターが誕生したのは2013年のことだという[4]。当時、織田は「自分の名札になるような」題材を探しており、そんな折にカルチャーセンターで能面と出会い、能面を題材とした漫画を描くことを思いついた[7]。その後、読者が読みやすく、どんな話か分かりやすい作品にしようと考えた結果、「能面をつけた女子高生」を描く学園ギャグ漫画が生まれたという[8]

なお、本作と、本作の原型となった読み切り「能面女子の花子」では、花子のキャラクターに差異がある。織田曰く、読み切りでは普通の女子高生が能面をつけるという面白さを表現するため、花子を「普通の女子高生っぽいキャラクター」にしていたという[7]。その後、連載に当たって花子の主人公らしさを上げるため、若い女性を演じるときに使用される能面・「小面」がもし女子高生になったら、という発想の下、キャラクターを変更したという[4]

作風[編集]

本作は、リアルな能面の描写と花子の内面とのギャップが話題を呼んだ[11]。また、本作に登場する能面について、ライターの粟生こずえは「表情が優しく見えたり、怖く見えたり」すると発言しており、これに対して織田は、能楽の舞台では能面の向きなどで感情を表現しており、それを本作でも活かせるようスクリーントーンカケアミなどを工夫していると答えている[12]

賞歴・ノミネート歴[編集]

発表年 部門 対象 結果
2018 全国書店員が選んだおすすめコミック2018 一般部門 能面女子の花子さん 7位[13]

書誌情報[編集]

  • 織田涼 『能面女子の花子さん』 講談社〈ITANコミックス〉、既刊7巻(2021年10月13日現在)
    1. 2016年4月7日第1刷発行(同日発売[講 1])、ISBN 978-4-06-380844-5
    2. 2017年1月6日第1刷発行(同日発売[講 3])、ISBN 978-4-06-380890-2
    3. 2017年10月6日第1刷発行(同日発売[講 4])、ISBN 978-4-06-380955-8
    4. 2018年8月7日第1刷発行(同日発売[講 2])、ISBN 978-4-06-512496-3
    5. 2019年8月7日第1刷発行(同日発売[講 6])、ISBN 978-4-06-516781-6
    6. 2020年11月17日第1刷発行(同日発売[講 7])、ISBN 978-4-06-521425-1
    7. 2021年10月13日第1刷発行(同日発売[講 8])、ISBN 978-4-06-525701-2

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 森博嗣「四季」マンガ版がITANで始動、紙版の定価は990円から540円に”. コミックナタリー. ナターシャ (2015年8月7日). 2015年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  2. ^ 【6月の「このマンガがすごい!」ランキング オンナ編】最愛の妹を亡くした姉に寄り添うのは……愛する妹を奪った男!? 第1位は……”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. p. 3 (2016年5月20日). 2016年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  3. ^ 「昭和元禄落語心中」など輩出したITANが休刊、連載作はコミックDAYSに移籍”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年6月7日). 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月24日閲覧。
  4. ^ a b c 川床弥生 (2017年3月9日). “『能面女子の花子さん』織田涼…異色ヒロインの学園生活描く”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社. 2017年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  5. ^ a b c 兎来栄寿 (2016年5月9日). “シュレーディンガーの美少女『能面女子の花子さん』は元気を貰えるシュールコメディ”. マンガHONZ. 2016年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  6. ^ 粟生こずえ (2016年5月2日). “『能面女子の花子さん』 織田涼 【日刊マンガガイド】”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. 2017年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  7. ^ a b c d 粟生こずえ (2017年1月30日). “【インタビュー】織田涼『能面女子の花子さん』 家柄よし、スタイル抜群……でも能面をつけた女子高生って!? 異色ヒロイン・花子さんを徹底解剖!”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. p. 1. 2018年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  8. ^ a b 6000部から45万部へ!? 『能面女子の花子さん』ブーム解剖座談会”. コミックDAYS. 編集部ブログ. 講談社 (2018年8月7日). 2018年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月24日閲覧。
  9. ^ a b 粟生こずえ (2017年1月25日). “『能面女子の花子さん』 第2巻 織田涼 【日刊マンガガイド】”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. 2017年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  10. ^ a b 粟生こずえ (2017年1月30日). “【インタビュー】織田涼『能面女子の花子さん』 家柄よし、スタイル抜群……でも能面をつけた女子高生って!? 異色ヒロイン・花子さんを徹底解剖!”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. p. 2. 2018年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  11. ^ 見かけはホラーだけど中身はおっとりキュート!?『能面女子の花子さん』が話題!”. ダ・ヴィンチニュース (2016年4月11日). 2016年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  12. ^ 粟生こずえ (2017年2月6日). “【インタビュー】織田涼『能面女子の花子さん』 能面をつけた女子高生ののほほん学園コメディが大ヒット! 実際に能面をかぶってみると……”. このマンガがすごい!WEB. 宝島社. p. 2. 2018年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月7日閲覧。
  13. ^ 全国書店員が選んだおすすめマンガ、今年の1位は「とんがり帽子のアトリエ」”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年2月1日). 2018年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月13日閲覧。

講談社コミックプラス[編集]

以下の出典は『講談社コミックプラス』(講談社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ a b c 能面女子の花子さん”. 2018年8月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e 能面女子の花子さん (4)”. 2018年8月7日閲覧。
  3. ^ 能面女子の花子さん (2)”. 2018年8月7日閲覧。
  4. ^ 能面女子の花子さん (3)”. 2018年8月7日閲覧。
  5. ^ 能面女子の花子さん (4) 特装版”. 2018年8月24日閲覧。
  6. ^ 能面女子の花子さん (5)”. 2019年8月7日閲覧。
  7. ^ 能面女子の花子さん (6)”. 2020年11月17日閲覧。
  8. ^ 能面女子の花子さん (7)”. 2021年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]