鳥飼茜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥飼 茜
生誕 1981年(38 - 39歳)[1]
日本の旗 日本大阪府[1]
職業 漫画家
活動期間 2004年 -
ジャンル 少年漫画青年漫画女性漫画
代表作おはようおかえり
『おんなのいえ』
テンプレートを表示

鳥飼 茜(とりかい あかね、1981年[1] - )は日本漫画家大阪府出身[1]。夫は、同じく漫画家の浅野いにお[2]

高校卒業後、京都市立芸術大学へ進学。在学中に描いた漫画が雑誌の漫画賞を受賞。


略歴等[編集]

  • 2004年に『別冊少女フレンドDX Juliet』でデビュー。読み切り漫画を掲載していた。しかし、少女漫画にフィットせず、実際にいるような人物しか描けずかっこいい男の子が描けなかったという。結婚後、男児を授かるも2010年に離婚。その後、浅野いにおと子連れ再婚する。息子を転校させないため、息子は平日は元夫の自宅で過ごさせ、週末に迎えに行き一緒に過ごす生活スタイルをとる。
  • 連載が決まったのは2010年『モーニング・ツー』、『おはようおかえり』で青年誌初連載。『おとなのせかい』など連載を続ける。以降、ひたすらリアルな世界を描き続る。
  • 2014年、『おはようおかえり』が『このマンガがすごい!2014』オンナ編第9位を記録。2015年には、「第39回講談社漫画賞」一般部門にて『おんなのいえ』がノミネート[3]
  • 自分への楽しみと読者への誠実さから紙への手書きにこだわり、デジタル・パソコンで描かない。高価なスクリーントーンの代わりにグレーのカラーマーカーで塗ってしまう。自分の今までの全部の時間、過去の自分を「総動員しているか」を大切にしているという。きつい現実であっても描く漫画であり、現実逃避ができる漫画ではないという。
  • 5時に夢中!』(TOKYO MX)のコメンテーターとして以下の放送日に出演した。
    • 2018年11月6日(火曜日)
    • 2019年2月12日(火曜日)
    • 2019年6月11日(火曜日)
    • 2019年9月17日(火曜日)

作品リスト[編集]

  • ドラマチック
  • わかってないのはわたしだけ
  • おはようおかえり(2010年 - 2013年、月刊モーニングtwo、全5巻)
  • おんなのいえ(2012年 - 2016年、BE・LOVE、全8巻)
  • 先生の白い嘘(2013年 - 2017年、月刊モーニングtwo、全8巻)
  • 地獄のガールフレンド(2014年 - 2017年、FEEL YOUNG、全3巻)
  • ロマンス暴風域(2016年10月 ‐ 2018年12月、週刊SPA!、全2巻)
  • 前略、前進の君(2015年 - 連載中、Maybe!)
  • マンダリン・ジプシーキャットの籠城(2017年6月 - 連載中、ダ・ヴィンチ、既刊2巻)
  • 漫画みたいな恋ください(2018年 筑摩書房)
  • サターンリターン(2019年1月 - 連載中、ビッグコミックスピリッツ、既刊4巻)

メディア出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d おんなのいえ 著者紹介 - BE・LOVE 講談社
  2. ^ 鳥飼茜と浅野いにおが結婚、日記連載「漫画みたいな恋ください」の号外で報告”. コミックナタリー (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。
  3. ^ 第39回講談社漫画賞に14作品がノミネート、受賞作の発表は5月12日”. コミックナタリー (2015年4月3日). 2015年4月3日閲覧。

  4. 「7ルールズ」。2020年5月24日放映。

外部リンク[編集]